暑い夏、寒い冬を快適に過ごすために必要とされるものがエアコンです。エアコンは、特に夏場がよく使用されていると言われていますが、冬も部屋全体を暖めることができるため需要があります。

しかし、エアコンは家電製品の中でもチェックするポイントが多いので、選ぶことが難しいと感じる人も少なくありません。ですが、エアコン自体、高めの価格なので購入する際は慎重になる人が多数です。

また、それぞれ違う部屋に何台も取り付けることもあります。エアコンを購入することは、大きな買い物と言えるので後悔しないように選びたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エアコンの選び方のポイントなどを詳しく解説します。

エアコンを選ぶ際に重視するポイントと注意点

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

リビングにおすすめのエアコン

エアコンは、基本的に頻繁に買い替えることはないでしょう。ですから、選ぶときは購入して後悔をしないように慎重に選ぶことが重要です。

エアコンを選ぶ際に重視する主なポイントは、「畳数/広さ」・「部屋」だと言われています。また、性能自体も違いがありますので知っておきましょう。性能モデルは、主に3つあります。

最上位モデルでエアコンを選ぶポイント

省エネで電気代がとても安いのに、冷暖房の効きも良くその他の機能も充実しています。デメリットは、価格が高いことです。

フィルター自動お掃除機能でエアコンを選ぶポイント

省エネ機能とフィルターを綺麗にしてくれます。いつでもクリーンだから、安心して使える優れものです。暖房の性能に差があるのは、デメリットと言えるでしょう。

ベーシックモデルでエアコンを選ぶポイント

リモコンで調整するエアコンです。冷房だけ使用する人は、このモデルを購入することが多くなります。デメリットは、性能がシンプルなところです。他の機能を使いたい人は、他のモデルを購入しましょう。

このように、性能モデルによって用途も異なるためエアコンを選ぶ際は、性能モデルの違いも知ることが大切です。

電子レンジなどと違い、頻繁に買い替えることが少ない家電製品なのでエアコンを購入するときはきちんとその部屋に合っているかも、確かめましょう。

畳数/広さでエアコンを選ぶポイント

畳数/広さに合っている正しいサイズを選ぶことが、エアコンを購入するときのポイントとなります。

実際の部屋の広さなどにあっていないエアコンを購入するのは、効きが悪くなったり電気代が高くなるなどのデメリットがあるので避けるべきです。

一方、南向きの部屋やキッチンなどは実際よりも大きめのサイズを購入することが、おすすめです。南向きの場合、日差しが入りやすいのでエアコンの負担が大きくなります。

特に、冷房だと小さめのサイズの場合、部屋が十分に冷えない可能性が高いです。必然的に負担も大きくなるため、電気代も高くなる恐れがあります。

キッチンも調理の際に火を使ったり、換気扇を回すことで冷房・暖房の空気が逃げていきます。ですから、南向きの部屋やキッチンなどは、電気代やエアコンの効きめなどを考慮して大きめのサイズを選びましょう。

また、自分の部屋が木造か鉄筋かによって、対応している畳数/広さの見方も変化します。カタログなどで対応している畳数を見て、表示の読み間違いをしてしまう人も珍しくはありません。

例えば、対応している畳数が「6~9畳」と書かれていた場合、「6~9畳の部屋で使える」と勘違いしている人もいます。しかし、実は「木造の場合は、目安が6畳・鉄筋なら目安が9畳」と言う意味です。

何故、鉄筋の方が広いのかと言うと木造より密閉率が高いからです。表記の差をしっかり確認して購入しましょう。

使う部屋でエアコンを選ぶポイント

部屋によってエアコンを選ぶ方法もあります。

例えば、利用する時間が一番長いリビングには、省エネ機能がしっかりしている最上位モデルを購入することがおすすめです。省エネ機能があると、一年中使い続けても電気代を安く抑えることができます。

また、他の機能も充実しているおり、暖房も良く効くので冬でも快適な空間を過ごせます。そして、寝室にエアコンを取り付ける場合は、自動洗浄や空洗浄、除湿の機能が充実しているフィルター自動お掃除付きモデルを購入することが理想だと言われています。

空気を綺麗にすることで、上質な睡眠をとることが可能です。しかも、除湿機能があると「寝具を湿気から守ることができる」・「寝冷えしにくい」などの効果もあります。

一晩過ごす部屋だからこそ、清潔を保つことができる機能を重視することが大事です。子供部屋には、空気清浄やイオン機能があるエアコンが適しています。

部屋の空気を除菌してくれるため、免疫力が弱い子供も清潔な空間で安心してくつろぐことができます。

エアコン関連記事
エアコンの省エネってどうすればいい?省エネ方法とおすすめメーカー
エアコンメーカーの比較とそれぞれの特徴 主力のモデルを解説編集
エアコンってどこのメーカーがいい?おすすめ6社の解説
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介
暖房
コスパのいい暖房の選び方と暖房比較 それぞれの場面のおすすめの品
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介
トイレの暖房の必要性とおすすめの暖房器具の解説
暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか
石油ファンヒーターってなに?選び方のポイントとおすすめの品を解説
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル
遠赤外線ヒーターのおすすめとはメーカーごとの製品解説
冬に向けてヒーター選びの仕方と種類とそれぞれの特徴とおすすめ
ヒーターのおすすめはなに?一人暮らし・赤ちゃんなどタイプ別のおすすめ
石油ファンヒーターのおすすめとおすすめなメーカーの特徴を解説
冷房
スポットエアコン(スポットクーラー)とは 家庭用と業務用の違い
部屋を涼しくするための主な方法とそれぞれの魅力と特徴を解説
室外機なしエアコンってあるの?解説と代用の冷風機の解説
クリップ扇風機の選び方のポイントとおすすめの品をそれぞれ解説
扇風機とサーキュレーターの違いとおすすめの品を解説

リビングにおすすめのエアコン

リビングは、家庭内で最も使われている部屋と言っても過言ではありません。家族以外にも、友人などを招いたりすることにも使われることが多いので、性能が優れているものを選びましょう。

この章では、リビングにおすすめなエアコンを紹介します。

三菱電機 霧ヶ峰 Zシリーズ MSZ-ZW4018S

価格は、189800円となります。「ムーブアイ mirA.I.(ミライ)」と言うものを搭載しています。この機能は、高精度赤外線センサーと人工知能が連携しており、個人の温度の感じ方を予測することが可能です。

もちろん、複数の人の体感温度にも対応しているので、リビングに向いているエアコンと言えます。エアコンと扇風機の良いとこ取りをしたような、快適性と省エネ性があるハイスペックなエアコンです。

ダイキンうるさら7 Rシリーズ AN40VRS-W

価格は、310820円と高めです。ダイキン最上位である、「Rシリーズ」のモデルとなっています。最大の特徴は、エアコンの基本性能を最大限に引き出してくれる「ブースト制御」と呼ばれる機能です。

快適な温度に到達する時間を、従来比40%短縮しているハイスペックなエアコンとなります。また、空気中の水分を取り込んで加湿する「無給水加湿」と言う機能もあります。

寝室におすすめのエアコン

快適な空間の中で眠ることにより、質の高い睡眠をとることができます。日ごろの疲れなどを癒すために、寝室に取り付けるエアコンにこだわることは必須です。

ダイキン AN-22VCS-W

価格は、116640円です。気流を持ち上げる構造となっており、風が直接当たりません。また、内部を綺麗にするストリーマ内部クリーン・空気を清潔に保つストリーマ空気清浄と言う機能も、搭載しています。

パナソニック CS-GX228C-W

94730円となっており、比較的購入しやすい価格です。

「クリーンフィルター&ナノイーX」と言う機能を搭載しているため、エアコンから出る風がとても綺麗で清潔となっています。そして、0.5℃刻みのリモコンだから、温度調整も細かく設定することが可能です。

エアコンの選び方のまとめ

  • エアコンは頻繁に買い替える家電ではないので、慎重に選びましょう。
  • エアコンの選び方には、「畳数/広さ」と「部屋」で選ぶ方法があります。
  • エアコンの性能モデルは、3つ存在します。それは、「最上位モデル」「フィルター自動掃除付きモデル」・「ベーシックモデル」です。
  • 畳数/広さで選ぶ場合は、鉄筋と木造の表記の読み間違いに注意しましょう。