こちらの記事は2018年9月13日の記事を2020年6月2日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・暖房器具の選び方という項目を追記いたしました。
・下記の項目を2020年6月2日の情報に更新いたしました。
 おすすめの石油ストーブ
 おすすめの石油ファンヒーター
 おすすめの電気ストーブ
 おすすめのオイルヒーター
 おすすめのパネルヒーター

冷え込む季節がやってくると、暖房器具が大活躍します。

ですから、冬になるとどの暖房器具が良いか検討する人も多いです。

暖房器具には、いろんな種類のものがあるため購入する際にどんな暖房器具があるかを知っておく必要があります。

自分に合った暖房器具を購入しなければ、結果的に部屋が十分に暖まらなかったり必要以上に電気代が高くなることも少なくありません。

生活に適している暖房器具をきちんと選ぶことが、冬を快適に過ごすために必須です。
そこで今回は、暖房器具の種類などについて詳しく解説していきます。

暖房器具の種類とおすすめ

暖房器具には、種類によって暖め方が異なります。

暖め方には、「対流式」・「輻射(ふくしゃ)式」・「伝導式」があり部屋に合わせて購入することがおすすめです。
下記では、それぞれの暖め方の種類を説明します。

対流式の暖房器具

暖かい空気を循環させることにより、部屋全体を暖めます。

エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどが「対流式」となっています。輻射式よりも電気代が安上がりになる・暖房以外の機能が充実しているので、コスパも良いです。

しかし、空気を循環させるためほこりが舞いやすいなどのデメリットもあります。

輻射(ふくしゃ)式の暖房器具

暖房器具自体が発熱することと、空気ではなく熱の向かう方向にあるものを暖めることが特徴的です。石油ストーブ、オイルヒーター、パネルヒーターなどが代表的な暖房器具となります。

床暖房もこれに当てはまりますが、対流式と違い体感温度が高くなる傾向があります。すぐに暖まりたい人は、この種類の暖房器具を選びましょう。

伝導式の暖房器具

発熱体で直接身体を温めます。こたつ、電気毛布などがこの種類に該当します。

電気代は安上がりですが、部屋全体が暖まらない・長時間触ることで低温火傷になる危険性が高いことがデメリットです。

最近では複合型の暖房器具も登場していますが、主な種類は上記の3種類となります。

エアコンを主に利用している人もヒーターを同時に使うと部屋がすぐに暖かくなるのでメリットが多いです。

次章からヒーターの種類からさらに詳細な特徴と、おすすめの商品を紹介します。

暖房の関連記事
コスパのいい暖房の選び方と暖房比較 それぞれの場面のおすすめの品
トイレの暖房の必要性とおすすめの暖房器具の解説
石油ファンヒーターってなに?選び方のポイントとおすすめの品を解説
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル
遠赤外線ヒーターのおすすめとはメーカーごとの製品解説
冬に向けてヒーター選びの仕方と種類とそれぞれの特徴とおすすめ
ヒーターのおすすめはなに?一人暮らし・赤ちゃんなどタイプ別のおすすめ
石油ファンヒーターのおすすめとおすすめなメーカーの特徴を解説

エアコンの関連記事
エアコンの省エネってどうすればいい?省エネ方法とおすすめメーカー
エアコンメーカーの比較とそれぞれの特徴 主力のモデルを解説編集
エアコンってどこのメーカーがいい?おすすめ6社の解説
エアコンの機能での選び方と使用する部屋ごとでの選び方を解説
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介

暖房器具の選び方

燃料で選ぶ

暖房器具に使用される燃料には、主に灯油、ガス、電気の3種類があります。

灯油は石油ストーブなどに使用される燃料で、灯油を使用した暖房器具は室内をすばやく暖めることが可能です。

灯油が切れてしまった場合、補給しなければならないため、ランニングコストはかかりますが、部屋を暖めるのには非常に適しています。

一方、ガスは、空気を乾燥させずに急速に部屋を暖めることができるため、部屋全体を効率よく暖めたい方や、部屋の乾燥が気になる方におすすめです。

しかし、ガスホースを使用して暖めるため、ホースが届かない範囲では使用できません。

また、電気は電気代がかかりますが、場所の制限や燃料の補給が必要ないため、部屋のどこでも気軽に使用可能です。

暖めるのに時間がかかるため、すぐに室内を暖めたい方には向いていません。

サイズなどで選ぶ

暖房器具を購入する際は、使用したい部屋の広さに合わせた大きさの商品を選ぶとよいでしょう。

暖房器具はそれぞれ暖められる範囲が決まっているものが多いため、自分が使用した部屋の広さをあらかじめ把握しておくのがおすすめです。

使用したい部屋の広さよりも狭い範囲しか暖められない暖房器具を購入してしまうと、部屋の一部しか暖まらなかったり、最悪の場合、全く暖まらない可能性があるため注意しましょう。

また、使用する部屋が頻繁に変わる場合、本体の重量が重いものを選んでしまうと、持ち運びが大変で部屋の移動がしずらいです。

そのため、部屋を移動する機会が多い方は、持ち運びのしやすい軽量な商品がおすすめです。

安全機能が付いているかどうかで選ぶ

暖房器具の中には安全性に優れた機能が付いているものがあるため、安全面が気になる方は購入の際にぜひ検討してみてください。

例えば、本体が振動や、衝撃などで転倒した際に自動で電源をオフにしてくれる自動停止機能や、赤ちゃんや子供が誤って本体を操作しないようにロックをかけることができるチャイルドロックなどがあります。

また、表面部分の熱さを軽減することで、誤って触れてしまった場合に火傷を防ぐことができる仕組みの商品もあります。

安全機能が付いている商品なら、より安心して暖房器具を使用できるためおすすめです。

おすすめの石油ストーブ

石油ストーブは、暖房効果が高く輻射式と対流式の良いとこ取りをしています。

だから、ランニングコストも安上がり・自然対流によって広い部屋も暖めることが可能です。
アウトドアでも使用しやすいことや、メンテナンスが楽な点もメリットと言えます。

注意する点と言えば、換気を十分にすることと温度調整が難しいところでしょう。

下記では、おすすめの石油ストーブを紹介いたします。

サンポット FF-4211TL

サンポット FF-4211TLは、電源を入れたから約100秒で点火してくれるハイブリッドバーナーを搭載しているため、木造なら11畳まで、コンクリートなら18畳までの部屋をすばやく暖めることができます。

エコ運転機能が付いており、部屋の室温が設定した温度に達した場合、自動で電源をオフにしてくれるため、部屋を暖め過ぎてしまう心配もないでしょう。

また、電源をオフにした時点で、灯油の供給をストップしてくれるため、安全面でも安心して使用可能です。

朝、目覚める時間に設定できるタイマー1と、その他の時刻に設定できるタイマー2の2種類から設定できるため、自分の生活に合わせた使い方ができます。

トヨトミ RB-G250

トヨトミ RB-G250は、乾電池やライターを使用することなく、レバーを1.2回回すだけで簡単に点火できる商品です。

石油ストーブを使用した際のニオイの原因でもある未燃ガスを燃やしきってから、ゆっくりと火が消えるため、気になるニオイの発生を防ぎます。

また、2重タンク構造をしているため、万が一本体が倒れてしまった場合でも燃料の石油がこぼれてしまうリスクは低いでしょう。

木造なら7畳、コンクリートなら9畳を暖めることができるため、比較的狭い場所を暖めたい方におすすめです。

created by Rinker
ぐるんPaシリーズ
¥29,800 (2021/06/19 10:02:02時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの石油ファンヒーター

石油ファンヒーターは、立ち上がりがとても早く、速暖性と暖房能力が高いことが特徴的です。

部屋がすぐ暖まるうえに、電気代もエアコンより安上がりとなります。

また、使用する際には換気を欠かさず行いましょう。

ここでは、おすすめの石油ファンヒーターを紹介いたします。

コロナ FH-VG3319Y

コロナ FH-VG3319Yは、プレミアム消臭「極」という機能を搭載しているため、使用時の気になるニオイを約40%カット可能です。

ニオイの原因にもなる灯油を内部で残さず吸引してくれるニオイカットメカや、未燃焼ガスをニオイがほとんどない温風に変えてくれるニオイ触媒などニオイに特化した仕組みが豊富となっています。

また、ecoボタンを押せば、設定を20度にすばやく変更してくれるため、ecoモードをオンにするだけで1シーズン約5800円の節約を実現できます。

液晶部分が大きくオレンジなため、設定温度などが見やすく、操作もしやすいでしょう。

コロナ 石油ファンヒーター(木造9畳/コンクリート12畳まで)【暖房器具】CORONA ブロンズブラウン FH-VG3319Y-TB
コロナ(Corona)

ダイニチ FW-3219S

ダイニチ FW-3219Sは、運転開始後、約35秒で点火するため、急速に室内を暖めてくれます。

パワフル秒速消臭システムを採用しているため、燃え残った気化ガスが外に排出されるのを防ぎ、しっかりと燃やしきることで気になるニオイの発生を防いでくれます。

また、手を汚すことなく灯油の給油を行える給油汚れんキャップや、タンクが空になった時点で予告サインを表示し、消火の際には給油サインが点滅することで知らせてくれる給油2段階サインなど給油に便利な機能も豊富です。

低騒音ボックス構造をしているため、燃焼時の音が気になる方でも安心して使用できます。

おすすめの電気ストーブ

電気ストーブの特徴は、赤外線やハロゲンなど様々な種類のヒーターがあることです。部屋全体を暖めたいのか、身体だけ暖めるかによってどの種類にするか決めることができます。

例えば、ハロゲンは立ち上がりが早い・身体表面を暖めることに適しています。また、電気ストーブは軽量でコンパクトなものが多いため持ち運びもしやすいです。

この項目ではおすすめの電気ストーブを紹介いたします。

コイズミ KEH-0993

コイズミ KEH-0993は、320W、640W、960Wと3段階でW数を切り替えられる商品です。

遠赤加工がされているため、暖かさを逃すことなく、室内の温度を設定した温度に持続させることができます。

また、二重転倒スイッチが搭載されており、本体が転倒したり、浮いた際には自動で電源をオフにし、転倒中に誤ってスイッチが押されても電源がオンにならないため、不測の事故も防げるでしょう。

約1.8kgと比較的軽量なため、部屋の移動が多い方にもおすすめです。

小泉 電気ストーブ KEH-0993/W ホワイト

アイリスオーヤマ KIEHD-800

アイリスオーヤマ KIEHD-800は、遠赤外線効果を採用した電気ストーブで、電源を入れてからすばやく室内を暖めることができます。

本体の下部に足が付属しているため、床が熱くなるのを防ぎながら安定した設置が可能です。

ダイヤルで400Wの弱モードと、800Wの強モードの2種類を簡単に切り替えられるため、室内の温度や自分の好みに合わせて調節しやすいでしょう。

温度が上がりすぎた際に自動で電源をオフにする温度ヒューズ機能や、転倒時に電源をオフにしてくれる転倒時自動OFF機能など安全機能も充実しています。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥11,550 (2021/06/19 10:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのオイルヒーター

オイルヒーターは、立ち上がりが少し遅めですが、対流効果があり冷めにくいことが特徴的です。

また、オイルを燃焼させるわけではないので空気を汚しません。
乾燥しにくく安全性も高いことも、オイルヒーターの大きなメリットでしょう。

下記では、おすすめのオイルヒーターを紹介いたします。

アイリスオーヤマ KIWHD-1210M

アイリスオーヤマ KIWHD-1210Mは、炎を出さずに部屋を均一に暖めることができるため、空気を汚すことなく使用可能です。

室温を自動で検知して、出力を調節してくれるエコモードを搭載しており、節電の面でも優れています。

タイマーは、電源を入れるタイマーと切るタイマーの2種類があり、1~24時間と広範囲で設定できるため、就寝時にも使用しやすいでしょう。

チャイルドロック機能が付いているため、小さい子供がいる家庭でも安心して使用できます。

eureks VF8BS

eureks VF8BSは、最大8畳までの部屋を暖めることができるコンパクトなサイズ感のオイルヒーターです。

室温センサーが内蔵しており、14~26℃までの温度に設定することで室温を設定した温度に正確に調節可能です。

また、オートパワー切り替え機能が付いているため、室温の変化に合わせて4段階のヒーターモードの中から適切なものを自動で選んでくれます。

温度センサーを電気プラグに採用しているため、万が一電源プラグが異常発熱した場合でも、自動で電源をオフにしてくれます。

created by Rinker
VFシリーズ
¥17,800 (2021/06/19 10:02:05時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのパネルヒーター

パネルヒーターは、パネル面にある電熱線から直接輻射熱(電磁波)を発生させ、優しく身体を暖めることが可能です。

立ち上がりが早く、音も静かなため一人暮らしにも最適です。

ここでは、おすすめのパネルヒーターを紹介いたします。

ドウシンシャ Pieria PHU-021J

ドウシンシャ Pieria PHU-021Jは、人感センサーを搭載しているため、人がいなくなると自動で電源をオフにし、人が来ると自動で電源をオンにしてくれます。

横50cm、高さ53.5cmとパネルヒーターの中でも小型でスリムなデザインをしているため、様々な場所に設置可能です。

また、遠赤外線効果をパネルに採用しているため、非常に薄い形状でありながら、しっかりと暖めてくれます。

使用しない時は折りたたんで収納することができるため、収納面でも困らないでしょう。

mill YMILL-1000ATIM

mill YMILL-1000ATIMは、5~35℃の温度をダイヤルを回すだけで設定することができ、設定した温度を自動で保ってくれるため、部屋を暖め過ぎてしまう心配もありません。

素材にはアルミニウム発熱体を使用しているため、パネルの表面温度を低く保ちながら、空気を汚すことなく暖めることができます。

また、電源コンセントを繋ぐだけで使用できるため、コンセントがある部屋ならどこでも気軽に使用可能です。

本体の温度が上昇し過ぎた場合は、自動で電源をオフにしてくれるオーバーヒート制御機能が付いているため、火傷のリスクも減らせるでしょう。

暖房器具のおすすめについてのまとめ

  • 暖房器具の種類は、「対流式」「輻射(ふくしゃ)式」「伝導式」があります。
  • おすすめの暖房器具は、石油ストーブ・電気ストーブ・オイルヒーター・パネルヒーターです。
  • 一人暮らしに購入する暖房器具は、コスパと安全性を重視すると良いでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
ぐるんPaシリーズ
¥29,800 (2021/06/19 10:02:02時点 Amazon調べ-詳細)
コロナ 石油ファンヒーター(木造9畳/コンクリート12畳まで)【暖房器具】CORONA ブロンズブラウン FH-VG3319Y-TB
コロナ(Corona)
小泉 電気ストーブ KEH-0993/W ホワイト
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥11,550 (2021/06/19 10:02:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
VFシリーズ
¥17,800 (2021/06/19 10:02:05時点 Amazon調べ-詳細)
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ