ウブロ クラシックフュージョンの概要と歴史

「クラシックフュージョン」は、スイスの高級腕時計メーカーのUBLOT(以下ウブロ)の展開する、最高傑作「ビッグバン」、ビッグバンの進化系にして高い機能性を持つ「キング・パワー」と並ぶモデルの一つです。

1980年、金やステンレスのケースに天然ゴムのラバーベルトを組み合わせた、当時のスイスの時計業界から異端扱いされるほどの斬新さがイタリアのファッション業界に受け、さらにはヨーロッパの王族にまで受け入れられたウブロの初期の腕時計の名作「クラシック」の再構築を目的として、2004年世界最古の機械式腕時計メーカー「ブランパン」の復活を手がけるほか、さまざまな高級時計業界の歴史にたびたび登場する時計業界の巨人「ジャン=クロード・ビバー」をCEOへと迎えると、「融合(フュージョン)」のコンセプトのもと、「クラシック・フュージョン」は誕生しました。

「過去と未来の融合」として、金やプラチナ、チタンや、カーボン、天然ゴムなどさまざまな組み合わせなどや、ベゼルをビスで留めるスタイルなど、過去の「クラシック」の特徴を受け継ぎつつ、クォーツモデルであった「クラシック」から現在のウブロの主力である機械式へと転換したモデルを発表するなど、過去と現在のデザインから製造技術まであらゆる「融合(フュージョン)」を成し遂げた、「classic(古典・一流の・格式のある)・fusion(融合)」の名を体現した時計となっています。

ウブロ クラシックフュージョンの特徴

「クラシック・フュージョン」は、「クラシック」の特徴を受け継いだモデルであるため、「ビッグバン」「キング・パワー」のインパクトの強さを前面に押し出した強烈な個性を持った時計であるのに比べて、大人しいデザインが特徴です。

個性の強い時計というのは、良くも悪くも人を選ぶもので、欠点ともなりがちですが、現代的でアヴァンギャルドなシルエットを保ちながらも、繊細さでクラシカルな印象を抱かせるデザインを持つ「クラシック・フュージョン」は、あらゆるファッションに溶け込みやすく、それでいてウブロの存在感を損なうことなく表現されていることが魅力です。

また、ほかの2つと比べて比較的サイズが小さいことで、自分にあった時計が見つけやすいことも特徴です、欠点であるクセの強さが薄れているため、幅広い人に受け入れられている要因の一つでしょう。

また、クウォーツ時計式であれば比較的安価に入手できる手に取りやすさもあり、現在のウブロ時計の入門用としての位置づけといえます。

ウブロ クラシックフュージョンの価格帯

価格帯
ウブロ クラシックフュージョン
¥500,000~1000,000

 

ウブロの腕時計全般にもいえるのですが、さまざまな素材との組み合わせが持ち味でであるため、素材や組み込む素材によって価格はまちまちですが、「クラシック・フュージョン」は、比較的安価で手に入れることができ、50万円から100万円程度の価格帯も多いです。

また、高級モデルともなると400万円を超えるものもありますので、インターネット上で、カタログなどで価格等を確認することをおすすめします。