腕時計ブランド HUBLOT(ウブロ)とは

「HUBLOT(ウブロ)」は、スイスの高級時計メーカーです。1979年、イタリアの時計・宝石メーカー「ビンダグループ」の創業者「カルロ・クロッコ」によってスイスのニヨンで設立されました。

1980年、金及びステンレスのケースに天然ゴムのラバーベルトを組み合わせた従来にはなかった腕時計「クラシック」を発表。スイス・バーゼルで行われる世界最大の見本市「バーゼル・フェア」へと出展を果たしました。

その独特な組み合わせの腕時計は、スイスの時計業界から異端視されていましたが、イタリアのファッション業界で受け入れられるのをきっかけに、ヨーロッパの王族などへと徐々に支持を広げていきました。

機械式時計より衝撃が強いという理由から、設立当初はすべてクォーツ時計で製造されていましたが、

コレクションが限定的であったことや、機械式時計を製造していなかったことなどの理由により経営難に陥りました。そこで2004年世界最古の機械式腕時計メーカー「ブランパン」の復活を手がけた経歴を持つ「ジャン=クロード・ビバー」をCEOへと迎えました。

すると翌2005年には、「フュージョン(融合)」のコンセプトのもと、初めて機械式時計を採用し、異なる素材を組み合わせた「ビッグ・バン」シリーズを発表しました。現在まで続く主力商品となりました。

最近では、F1( – 2012年)、FIFAワールドカップ、UEFA EURO、ICCクリケット・ワールドカップの公式タイムキーパー、世界野球ソフトボール連盟のオフィシャルスポンサーなど、スポーツ大会を多く支援している。2014 FIFAワールドカップではウブロのロゴが入った腕時計をデザインした交代選手ボードが使用されるなど、さまざまな場面で目にすることも多く、幅広く知られるようになりました。

HUBLOT(ウブロ)のつくる時計の特徴

天然ゴムのラバーベルトと組み合わせるなど、独特で斬新的でクリエイティブなデザインの時計を発表し続けているHUBLOT(ウブロ)ですが、最大の特徴は、丸型のベゼルをビスで留めててあることです。

これはHUBLOTのブランド名の由来である船の「舷窓」を表現しています。船の舷窓同様に、丸型のベゼルをビスで留めたスタイルは、独創的でありながら奇抜さは感じず、腕時計というアイテムに不思議なほど溶け込んでいます。

ウブロの時計は、醸し出される気品の高さからヨーロッパでは王族の愛用者も多く、「王の時計」などと呼ばれることもあるようです。

またこのデザインコンセプトは、最高傑作の「ビックバン」をはじめ、機能美を前面に押し出した「キング・パワー」、初期モデル「クラシック」を再構築した「クラシック・フュージョン」などブランドを代表するモデルのほとんどで採用されており、ひと目でHUBLOの腕時計と認識されるなど、高いステータスの証明となっています。

スイスで生まれ、イタリアで見出され、ビバーの手腕によって成長し今では高級時計業界の一角を担うまでになったHUBLOT代表的なモデルについて紹介します。

ビックバン
HUBLOTの代表作にして旗艦モデル。「融合(フュージョン)」のコンセプトのもと、ゴールドやチタン、セラミック、カーボンやゴムなどさまざまな素材の組み合わせによって作られる現在のHUBLOTを作り出した時計。
キング・パワー
ビッグバンの進化系といわれており、4つの回転ディスクを用いることで12都市の時刻を同一文字盤上に表示する機能や高い防水性など、機能性との「融合」を果たしたモデル。
クラシック・フュージョン
HUBLOの初期モデル「クラシック」から着想を得て作られたモデル。現代的でアバンギャルドなシルエットを保ちつつ、繊細でクラシックな表情も見せるデザインで、名前の表す通り、過去と未来の「融合」を見事に表現している。