腕時計ブランド カルティエとは

CARTIER(以下 カルティエ)はフランスで創業したジュエリーブランドです。1847年に宝石細工師であるルイ=フランソワ・カルティエが28歳という若い年齢でアトリエを受け継いだことから始まりました。

このアトリエは瞬く間に貴族や王室の御用達へと成長しました。この繁栄ぶりは、ルイ・カルティエが「宝石商の王」と呼ばれたことからも明らかです。

ルイ・カルティエは創業当時にヨーロッパで流行していたアールヌーボースタイルを好みませんでした。その代わりに、イスラムや東洋美術からインスピレーションを得ようとしました。

そして、この革新的な取り組みにより、左右対称の美しい構成である、ガーランドスタイルを確立しました。このガーランドスタイルが1920年代にはアールデコスタイルに進化し、現代のカルティエスタイルへと発展しました。

また、ルイ・カルティエはジュエリーだけでなく、時計製造にも関心を抱いていました。飛行機の父と称されるアルベルト・サントス・デュモンとの交流を通じて、1904年に世界初のレザーストラップ腕時計を開発し、作られた腕時計のデザインはサントスウォッチと呼ばれ、現在でも多くの人に愛されています。

カルティエはもちろん、ジュエリーブランドです。ハイクオリティなジュエリーも多数生み出してきました。トリニティリングは多くの人に支持される商品です。

カルティエは高い美的センスや革新的なデザイン、そして職人の卓越した技術により人々に愛される時計やジュエリーを作り続けてきました。

カルティエのつくる時計の特徴

カルティエの時計の特徴は、優美さと技術の共存です。カルティエはもともとジュエリーブランドで、デザインの美しさには定評があります。

一方、世界で初めて腕時計を作ったブランドであることからもわかるように、技術がしっかり伴った、れっきとした時計メーカーとしての側面もあります。

また、カルティエは普遍性のある時計作り行っています。まず、カルティエの時計はメンズ・レディス、という分け方ではなく、SやMなどのサイズで分かれています。大きめな時計が好きな女性は、小さめの時計が好きな男性よりも大きな時計を選択できます。

さらに、カルティエの時計のデザインは基本的にユニセックスの、誰にでも受け入れられるような上品で優雅なものであるため、メンズ・レディスといった区分がそもそも無意味になっています。

サントスウォッチやタンクウォッチなどの定番ラインのサイズ展開や、デザインはまさにこの傾向を体現しているといえるでしょう。

カルティエの腕時計のおおまかな価格帯

カルティエの腕時計 価格帯

\300,000から

 

カルティエの腕時計の価格帯は30万円前後からラインナップされています。

サントスウォッチはカルティエの時計の中でも定番と呼ばれるラインで、価格の目安は70万円台からです。革ベルトのシンプルなデザインが特徴ですが、現在では金属ベルトのものもあります。

タンクウォッチはカルティエの時計の中でも特に支持を集めているラインで、価格の目安は30万円前後からです。シンプルでコーディネートを選ばないデザインが男女問わず人気のデザインです。

バロンブルードゥカルティエは比較的新しいデザインで、価格の目安は50万円台からです。バロン(風船)という名の通り、ガラスが球体上になっており、かわいらしいフォルムが特徴です。若い女性に人気のデザインです。