腕時計ブランド PANERAI(パネライ)とは

PANERAIは1860年にイタリアのフィレンツェでジョバンニ・パネライが創設しました。

パネライは時計だけでなく、温度計などの精密機器の生産を行い、技術力が広く知られるようになると、軍用に高精度の時計を製造するようになりました。潜水部隊用のダイバーズウォッチも手がけるようになりました。

1940年のラジオミール1940や1950年のルミノール1950は夜光塗料を用いて暗い場所でもよく見えるようにした工夫が特徴的で、イタリア海軍に愛用されました。

第二次世界大戦が終わるとパネライは一般向けの時計作りに注力するようになりました。これはクォーツ技術の発達もあり、軍が時計に関してパネライへの依存を脱したことが背景にあります。

そして、パネライは過去軍事機密に属していた技術を用いて制作したルミノールなどの時計を一般向けに発表するようになりました。

過去には軍事機密に属していたパネライの技術ですが、現在ではイタリア軍との結びつきはありません。とはいえ、長年軍用に愛用されてきたということからも、パネライの技術力の高さは誰もが認めるところです。

特に、当初潜水部隊用に作られていたダイバーズウォッチの技術の高さは幅広い層から信頼を集めています。

また、パネライがカルティエやIWCなどの高級時計ブランドを数多く擁するリシュモングループに属していることからも、時計界でパネライが確固たる地位を築いているということが窺い知れます。

PANERAI(パネライ)のつくる時計の特徴

パネライの歴史をみても明らかなように、パネライにとってルミノールとラジオミールという2つのラインが重要な意味を持っています。ここで、この2つのラインについて特徴を解説します。

ルミノール
ルミノールはパネライの代表とも呼ばれるデザインです。リューズプロテクターが付いていることが特徴的です。リューズプロテクターはその名の通り、リューズを保護してくれるものであり、実用性を重視した時計であることが伝わってきます。機能性の高い、モダンな雰囲気の時計だといえます。コーディネートに少しアクセントをつけたいという方に人気の時計です。

ラジオミール
ラジオミールは革ベルトしかないデザインで、クラシックな印象です。また、ラジオミールにはリューズプロテクターはありませんが、形状が特徴的です。特に、リューズの形状が円錐型という点がこだわりを感じさせます。ラジオミールはクラシカルな雰囲気が好きな方に支持されています。

PANERAI(パネライ)の腕時計のおおまかな価格帯

FREDERIQUE CONSTANT(フレデリックコンスタント)の腕時計 価格帯

\500,000から

 

パネライは高級時計であるため、基本的には価格が高くなりますが、シンプルなものを選べば手頃に購入可能です。

ルミノールの価格は50万円台からとなります。ルミノールはモダンな雰囲気の時計ですので、比較的若い方にも自然に馴染む時計となっています。価格帯も手が出せないレベルではないので、上質なものを持ってみようと考えた時には是非検討してもらいたい時計です。

ラジオミールの価格は50万円台からとなります。価格帯としては比較的ルミノールよりも高い印象です。デザイン自体もクラシカルで落ち着いた印象ですので、大人の持つ時計という感じがします。背伸びして子供が持つというよりは、少し余裕が出てきた大人の時計としておすすめしたいです。