腕時計HW プルミエール・コレクションの概要と歴史

ハリーウィンストンのHW プルミエール・コレクションは、ハリーウィンストンが初めて発表した時計のモデルラインです。

ハリーウィンストンは、元々、1932年にニューヨークで創業した宝飾メーカーです。

ダイヤモンドを中心としたジュエリーの展開で世界のトップブランドとしての地位を確立してきましたが、1989年にこのHWプルミエール・コレクションを発表し、高級時計市場に殴り込みをかけるように参入しました。

時計の製造には多くのノウハウを必要としますが、ハリーウィンストンは「ブランドの精神に真摯であり続ける」という企業理念にもとづき、デザインだけでなく、精巧なムーブメントにこだわった時計を世に送り出し、一気に時計ブランドとしても、世界の頂点の一角を担う存在となりました。

HW プルミエール・コレクションは、時計のラグ(ベルトを固定する部分)にニューヨーク本店のファサード(正面から見たイメージ)をモチーフにした3つのアーチを取り入れ、ブランドの創業の地への畏敬の念を感じさせてくれます。

同時にフェイスデザインには、クラシカルなものから現代風のものまで、様々なデザインを取り入れており、歴史の中にも革新的な取り組みを続けるハリーウィンストンらしいこだわりを感じることができます。

全モデルに共通してローズゴールドまたは、ホワイトゴールドのケースを採用し、ベゼル(時計の縁の部分)には、ダイヤモンドが惜しげもなく装飾されています。

ムーブメントはスイス製のオリジナルムーブメントを搭載し、外見だけでなく、時計としての機能性と緻密さも十分に兼ね備えています。

ハリーウィンストンというブランドの歴史の挑戦の気風を存分に感じることができる1本です。

HW プルミエール・コレクションの特徴

HW プルミエール・コレクションは、ゴールドとダイヤモンドであしらわれたケースの中に実に多用なフェイス(時計の盤面の部分)のデザインを見ることができます。

時計の機能とデザインが一体化しており、ひとつのコレクションの中で、様々な個性が展開されるのが、ハリーウィンストンの腕時計の特徴です。

例えば、時計の6時の位置にスモールセカンド(小さい秒針)を搭載したモデルでは、フェイスにブルーマザーオブパールを採用し、夜空に三日月が浮かんだような美しい円形のモチーフを表現しています。

ブルーミングスノーと呼ばれるモデルでは、時計全体に400個を超えるジュエリーがあしらわれ、フェイスの中に、雪景色の中に早咲きの野花が咲くようなかわいらしく、みずみずしい風景を描いています。

デリケートシルクというモデルでは、フェイスに、本物の生糸(シルク)を用いて刺繍を施し、フラワーモチーフを表現し、ヨーロッパの王室からインスピレーションを得たというデザインを展開しています。

他にも挙げだすと、きりがありませんが、コレクションの中のモデルひとつひとつに時計として、またジュエリーとして革新的な試みがなされており、見る人を飽きさせることがありません。

HW プルミエール・コレクションの価格帯

価格帯

HW プルミエール・コレクション

¥3,618,000~¥19,170,000

HW プルミエール・コレクションは、精巧なムーブメントとゴージャスな宝飾を用いるだけのことはあり、シリーズすべての時計が300万円を超えるトップブランドにふさわしい価格帯で販売されています。

最も安価なモデルは、時計中央に美しいムーンフェイズ(月の満ち欠けを表現するパーツ)を搭載したプルミエール ムーンフェイズというモデルです。

ただし、最も安価と言っても、モデルの価格は、\3百61万8千円で最高価格は1000万円を超えます。

最高級モデルは、プルミエール・クロノグラフというモデルで、時計全体に12カラット以上のダイヤモンドが施されているモデルです。

いずれのモデルも、時計とは思えぬような豪華な装飾が施されており、資産として保有するにふさわしい一本となっています。