CHANEL chanel ボーイフレンドの歴史と概要

シャネルが2015年に発表した「シャネルボーイフレンド」は、女性らしさを前面に押し出した「プルミエールモデル」のデザインを一部受け継いだ上で、男性らしさを加えた、歴史の新しいシンプルな時計です。

それと同時に、シャネルの創造精神が色濃く反映されてもいます。このシャネルボーイフレンドには、プルミエール同様の八角形ケースが採用されています。

元々、この八角形ケースは、パリのヴァンドーム広場からヒントを得て作られました。

しかし、ケース内の文字盤とストラップは極めてシンプルな作りです。例えば、ストラップに至っては黒革のベルト、文字盤に至っては数字がなく、針だけが存在しています。

このようなシンプルなデザインが、端正であり、メンズらしさを表現します。

プルミエールのデザインを引き継いでいるとはいえ、そこに男性らしさを強調したデザインを入れ込むこのモデルは、シャネルの想像力が反映されたものです。

シンプルな作りであるので、ドレススタイル~カジュアルなスタイルまで合わせることができる、ファッション性の高いアイテムでもあります。

ムーブメントに女性らしいプルミエールのデザインが採用されていますが、なにも女性のみでしか着用できないモデルではありません。

中には、男性用であるボーイフレンドも存在します。例えば、「H5319」などです。

H5319は、ケース内のカラーはブラック、さらには、ストラップに関しても革製のブラックとなり、リューズ部分にも黒色が施され、全体的に黒が目立ちます。このように、ブラックを強く採用したデザインで、メンズらしさを表現しています。

シャネルのボーイフレンドは、日本女性限定モデルなども発売されていたりもしますが、女性だけでなく、男性でも付けることができる、歴史の新しいシンプルな時計です。

CHANEL chanel ボーイフレンドの特徴

シャネルのボーイフレンドには、シャネルの「創造力」がとても強く反映されており、そこが特徴です。

シャネルのボーイフレンドの中には、ベルト部分にメッシュ状のスティールを編み込んだ上から、型押しする形でツイードを表現しているモデルがあります。これが、「H4878」です。シャネルの創造力が垣間見える時計の一つとなります。

そして二つ目に、黒革のベルトに対して、ケース部分にベージュゴールドの八角形ケースを採用し組み合わせたものがあります。ベージュゴールドと、黒革ベルトの組み合わせが、とても目立つでしょう。これは、「H4313」というモデルです。

三つ目が、バックルとケースのベゼル部分を合わせて、「114個」ものダイヤモンドが施されているモデルがあります。

さらに、ホワイトゴールドケースと、ベージュゴールドケースがそれぞれ用意されているので、そちらもダイヤモンドと同じく、この時計の目立つ特徴の一つとなるでしょう。そして、このモデルは「H4472」というものです。

このように、シャネルの特徴となる「創造力」が生かされた時計モデルはいくつか存在し、身に着けることで、その特徴を生かしたファッションを実現することができます。

CHANEL chanel ボーイフレンドの価格帯

価格帯
CHANEL chanel ボーイフレンド
\1,400,000~\4,500,000万

2015年に、新作の時計コレクションとして発表されたモデルであるシャネルボーイフレンド(18KBG)は、価格が「142万5千円」でした。

そして、現在出ている新しいモデルであるシャネルのボーイフレンド「H4880」は、価格が「459万円」となります。

このH4880のデザインは、ベージュゴールドにアリゲーターのベルト、さらには、ベゼルにダイヤモンドがちりばめられています。

最初に発表されたモデルは3桁と言えど、100万~200万の間に収まっていますが、最新モデルであるボーイフレンドは、価格が400万を超え、かなり高くなっています。