ROLEX(ロレックス) エアキングの歴史と概要

エアキングとは、スイスの腕時計メーカーであるROLEX(以下:ロレックス)で作られた時計です。

この時計は、航空の世界とロレックスが1930年代の黄金期に築いた、特別な絆を象徴する時計と言われています。

飛行機の性能が発展し、長距離飛行が始まった時代でもあり、その壮大な飛行史において、この時計がオマージュになっています。つまり、この時計は、初代ロレックスの伝統を受け継ぐ、歴史ある時計と言われています。

初期のエアキングは、青文字盤が特徴的であり、1960年代に生産されたモデルは、生産量が極めて少なく、マニアから高い注目をされています。近代のエアキングになっていくと、デザイン自体は大きな変更はありませんが、機能が更に向上し、ケースなども高級感が溢れる雰囲気になりました。

2014年に、今まで文字盤に書いてあった「Air-King」の印字が消えた時には、愛好家からエアキングの歴史がここで終わるのかと悲しみにくれたという事件もあるくらい愛好家から愛されている時計です。印字が復活した時には、愛好家からは安堵の声が聞こえたそうです。

このように、エアキングは長い歴史のある腕時計であるため、「現存する最古のペットネームモデル」として、ロレックス愛好家から愛されてきた腕時計です。

また、ロレックスを身に付けたいという人にとってエアキングは、入門機と言われるようなモデルとなっており、初めてロレックスを身に付ける人から、腕時計マニアの人まで愛されている腕時計です。

ROLEX(ロレックス) エアキングの特徴

エアキングの特徴は、ロレックスの時計の中でもシンプルでリーズナブルな腕時計と称されています。

防水機能も特徴的で、水深100メートルまでの防水性能が保証されています。

また、航空の世界との絆や歴史が深いため、かつてのパイロットウォッチと同様に、磁場の影響から時計を守ってくれる磁気シールドが搭載されているのも、この時計の大きな特徴です。

このような高精度の機能が搭載されているにも関わらず、ロレックス初心者が手に入れやすいリーズナブルな値段であり、手軽にロレックスというブランドを身に付けることができるのも、他のロレックス時計とは違った側面です。

丈夫で長持ちする腕時計ですが、悪い点をあげるとすると、シンプルなデザインのため、好き嫌いが別れてしまう点です。

また、近代の腕時計ではあまり見かけない独創的な文字盤が、より一層好みが別れてしまう要因となってしまうのではないでしょうか。

しかし、ロレックスの中でも長い歴史をもつモデルのため、エアキングを昔から愛する人にとっては、変わらないデザインが愛されているのも事実です。

ROLEX(ロレックス) エアキングの価格帯

価格帯
ROLEX(ロレックス) エアキング
¥600000~¥800000

エアキングの価格帯は約60万~80万円となっております。

最新モデルは、2016年に発表されたエアキングRef.116900で、価格は70万円となっております。

このモデルは今まで発表されてきた時計の中でも1・2を争うくらいの大きな変化を遂げた腕時計で、2014年になくなったペットネーム「Air-King」が復活したことで話題となりました。

このため、事実上2014年にディスコンになっていたモデルが復活を果たしました。

ROLEX(ロレックス) エアキングの2019年時点での新作について

世界中の男性が憧れる腕時計メーカーがロレックスです。

1905年に創業した歴史ある高級腕時計メーカーで、男性のステータスとしても人気を集めています。

そんな、ロレックスですが多くのシリーズが登場しています。

その中でも、エアキングは人気のあるモデルの一つです。

エアキングは、1940年代に登場したモデルで、シンプル機能、シンプルフェイス、スモールサイズが主な特徴となっています。

高級腕時計として知られているロレックスの中でも価格が抑えられており、非常に魅力的なモデルです。

ロレックスのエアキングの最新モデルは、エアキング116900です。

最新モデルの116900では、従来のケース径よりも4ミリサイズアップされています。

ケース径がサイズアップしていることや針もベンツ針に変わっており、スポーツタイプの時計のイメージが強くなっています。

価格帯は、70万円前後となっており、ロレックスの中ではリーズナブルな価格です。