ロジェデュブイとは

ROGER DUBUIS(ロジェデュブイ)は、同名の時計師が設立した時計メーカーです。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

創業は1995年、ロンジンやパッテックフィリップといった一流メーカーにて経験を積んだ時計職人ロジェ・デュブイが、カルロス・ディアスと組んでスイスのジュネーブにて「SOGEM S.A.」という企業を起ち上げたのがはじまりです。

ロジェデュブイは設立当初から自社一貫製造にこだわり、パーツのひとつまで自社で手がけるマニュファクチュールブランドとして運営し、「シンパシー」と「オマージュ」という2つのモデルでデビューを果たしました。

伝統的技術とアヴァンギャルドなデザインで成功を収めたロジェデュブイは、2001年にジュネーブのメイランにて新たな本社社屋となるマニュファクチュールを建設し、2002年には「ゴールデン・スクエア」という新作を発表しました。

さらに2003年には「フォローミー」を発表します。このモデルはロジェデュブイの独創的なデザインを模倣するメーカーに対して”Follow me(ついてきてみろ)”という意味が込められているというエピソードもあります。そして2005年には、ブランドを代表するコレクションとなる名作「エクスカリバー」を発表しました。

2008年には、ヴァシュロン・コンスタンタンやボーム&メルシエを要するリシュモングループに入り、世界中へネットワークを拡大します。2016年には銀座に日本初となる旗艦店もオープンしました。創業からわずか20数年ながら、一流ブランドとして名を轟かせています。

ロジェデュブイのつくる時計の特徴

ロジェデュブイの腕時計は、機械式ムーブメントの製造に徹底したこだわりを持っているのが特徴です。定番のラウンドケースはもちろん、スクエア型やレクタンギュラー型といったさまざまな形状のケースにピッタリと合うムーブメントを製造する技術力を有しています。

また、スイス政府およびジュネーブ州による12の厳正な条件をクリアしたムーブメントにだけ与えられる「ジュネーブ・シール」を全てのモデルに与えられており、最高の品質であることを証明しています。

ロジェデュブイ Excaliburモデルの特徴

Excalibur(エクスカリバー)は、ロジェデュブイを代表するモデルです。パワフルかつ大胆なデザインは、ブランドの精神を体現しています。48時間のパワーリザーブと5気圧防水を備えるムーブメントの性能も抜群で、機械の動きを鑑賞できるスケルトンモデルなども展開されています。

ロジェデュブイ Velvetモデルの特徴

Velvet(ベルベット)は、ダイヤモンドなどのジュエリーを贅沢に使った女性に人気のモデルです。芸術性を感じさせるようなデザインで、エレガントで上品な雰囲気を醸し出します。

ロジェデュブイの腕時計のおおまかな価格帯

KNOT(ノット)の腕時計 価格帯

¥1,000,000~¥10,000,000
中には¥10,000,000以上のものも存在します

ロジェデュブイの腕時計の価格帯は、100万円前後のものから1000万円を超えるものまで幅広くラインナップされています。

2017年に発表されたエクスカリバーシリーズの最新作「エクスカリバー スパイダー ピレッリ オートマティック スケルトン」の価格は810万円となっています。F1のタイヤを供給する「ピレリ」とコラボレーションしたこのモデルは、スポーティな雰囲気とロジェデュブイの世界観を見事に融合させた1本です。

「ベルベット シークレットハート」は270万円前後となります。ベゼルの内側に美しいブリリアンカットのダイヤモンドがセットされており、この上ない高級感を纏っています。ムーブメントはジュネーブシールを取得しており、レディースモデルながら本価格仕様の機械式時計です。