電話やメールなどの通知に気付かないまま放置してしまう…という人も多いのではないでしょうか。そんな人に向けてアップル社が発売したのが「apple watch」です。

iphoneで受けた通知がapple watchに表示されるので、気付かずに放置することも少なくなります。

また、どのアプリを通知するのかも細かく設定できるかため、自分がすぐに知りたいアプリの通知だけに制限したりすることも可能です。

そして、健康に気を遣っている人に嬉しい機能も付いています。例えば、毎日の歩数をカウントしてくれたり、座りっぱなしだったときに立ち上がるように教えてくれる「スタンドリマインダー」と言う機能があります。

他にも、ミュージックアプリの操作や通勤タイマー機能など便利な機能がたくさんあるので、使っている人が増えています。腕時計代わりに使うこともできるうえに、iphoneの補助的役割も十分に果たしている優れた商品と言えるでしょう。

apple watchは、iphoneと同じようにどんどん機能が進化しています。2018年にも新機種が発売される予定です。気になっている人も少なくないでしょう。

この記事では、新しく発売されるapple watchがどんな機能などがあるかを詳しく解説します。

今秋の発売予定のApple Watch Series 4

「Apple Watch Series 4」が、今秋に発売が予定されています。有力な発売日としては、2018年の9月だと予測している人が多いです。

オーストラリアでは新作CM三本が公開されており、内容は3人がアプリに設定した目標を達成するためにそれぞれ努力をして、最後に「リング」を完成させようとすると言う内容です。

前の機種より画面が大きくなるなどと、予測されております。次章から、今秋発売する予定であるApple Watch Series 4がどんな機能が追加されたのかなどを紹介します。

新しい腕時計が欲しいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

Apple Watch Series 4は画面が大きくなる

Apple Watch Series 4の特徴の1つとして、画面が大きくなると言うものがあります。

あくまでも噂ですが、本体サイズはそのままでへゼル(枠)が狭くなり、画面のサイズが現在の38mmと42mmから大型になると言われています。

またコンセプトビデオでは、ディスプレイの領域が拡大され、コーナーの部分が曲線に変化しているデザインになっています。従来の四角のデザインより、柔らかい印象を与えます。

画面が大きくなれば、Apple Watchのデメリットであるアプリが見えにくいと言うのも改善されたと考えられるでしょう。へゼル(枠)が狭いのも、なるべく画面を大きくしようとする工夫が見られます。

画面を大きくすることでウェブページにも表示対応する可能性が、高いです。

Apple Watch Series 4はバッテリー容量増で耐水性UP

Apple Watchで欲しい機能と言えば、バッテリーの容量が増えること・耐水性がUPすることと答える人も少なくありません。そう言った要望を叶えるために、改良を重ねた結果バッテリーの容量が増えて耐水性もUPさせることに成功しました。

具体的にどう変わったかと言うと、物理ボタンから静電容量方式のソリッドステートボタンを採用したと考えられます。静電容量方式のソリッドステートボタンとは、iPhone7/7 Plusのホームボタンなどにも採用されているものです。

サイドボタンを仕様変更することで、耐水性能がUPするうえに内部のスペースも節約できます。それによって、バッテリーの容量も拡大して新部品も追加できるようにしたのでしょう。

Apple Watch Series 4は、様々な変更があるのだと分かります。耐水性が向上すれば、突然の雨でも安心です。また、バッテリー容量が増えることによって長時間使用することもできます。

Apple Watch Series 4はカメラ搭載の噂がある

Apple Watch Series 4で追加される機能として、カメラが搭載されると噂されています。この機能が搭載されることにより、腕時計で自撮りをすることが当たり前になる可能性も否定できません。

カメラが搭載された場合、FaceTimeなどでビデオ通話ができるようになるとも言われています。腕時計をカメラとして使うことにより、iphoneを取り出さなくても手首に顔を近づけるだけで撮ることができるようになる可能性があります。

一方、Apple Watchのデメリットであった画面が小さいことによりパスワードが入力しにくいというのも改善されるとも考えられています。

カメラが搭載されることにより、顔を向けるだけでロックを解除できるFace IDに対応する可能性が高いためです。

これらの機能が実装されれば、より快適にApple Watchを利用できるようになるでしょう。また、ヘルス機能が充実すると言う噂もあります。

健康に気を遣う人は、年齢問わず増加しています。それに対応するために、ヘルスケアのセンサー機能を向上して細かい設定もできるようにした…とも指摘されています。

Apple Watchを使うことにより、手軽に生活習慣病を予防することが可能です。噂通りに今以上にこの機能が向上すれば、自分のコンディションがさらに簡単に分かるようになるでしょう。

あくまでも噂ですが、前述した機能が搭載される可能性は十分あります。購入するかどうかを判断する際に、これらの機能を考慮して基準にしても良いでしょう。

Apple Watch 4の予想価格は4万円前後

Apple Watch 4がどんな価格になるか気にしている人も多いでしょう。たくさんの機能が追加されるなら、どれだけ高額になるのか?と疑問視している人も少なからず存在します。

しかし、予想価格は意外にも今と同じくらいだと考えられています。もちろん、Apple Watch 3よりは高めの価格になる可能性も否定できませんが、大幅に変化する可能性は低いでしょう。

メディアでよく言われている価格は、約4万円前後です。

Apple Watch 3現在の価格

GPSモデル
まず、38mmが36800円となっています。
そして、それよりも画面が大きいサイズである42mmの価格は、39800円です。
セルラーモデル
38mmが45800円と、GPSモデルよりも少しお高めです。
42mmの価格は、48800円となります。

apple watch Series 4についてのまとめ

  • Apple Watch Series 4は、今秋に発売予定です。すでにオーストラリアではCMがリリースされているため、近々発売されると言われています。
  • へゼルを狭くすることで、大画面になります。
  • 静電容量方式のソリッドステートボタンを採用することにより、「バッテリーの容量が増加」・「耐水性UP」を実現しています。
  • 噂では、カメラが搭載されFace IDに対応するとも考えられています。また、ヘルス機能もさらに充実させる可能性も高いです。
  • Apple Watch 3の価格に比べてApple Watch 4の価格は、大幅に高価格化はしないとメディアに指摘されています。価格は、約4万円前後が有力です。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ