ロイヤル オークの概要と歴史

ロイヤルオークを作っている会社は、オーデマピゲというスイスにある高級腕時計製作を手掛ける会社です。

オーデマピゲ社は、1875年にスイス・ジュラ山脈のル・ブラッシュで創業し、ジュール・ルイ・オーデマとエドワール・オーギュスト・ピゲの二人の名前を取って合わせることによって社名が付けられました。

もともとオーデマピゲ社は、時計の複雑機構を手掛ける会社でしたが、それと同時に複雑機構の小型化や薄さへの挑戦を行ってきた会社です。そのオーデマピゲ社から1972年に発売されたのが、ロイヤルオークです。

ロイヤル オークの特徴

今までは円形が当たり前であったペゼルに八角形を採用し、さらにそこに打ち込んである8本のビスは、六角形をしています。この六角形のビスは、時計のケースの表から裏まで貫通しています。今までの常識を覆す斬新なデザインでした。

この腕時計のデザインを担当したのが、今は亡きジェラルド・ジェンタです。ジェラルド・ジェンタは、イギリス海軍が第一次世界大戦中に高速戦艦として建造したロイヤルオークに採用されている舷窓からヒントを得て、この腕時計のデザインを考案しました。

そして、この腕時計のケースはステンレスで出来ているのも大きな特徴です。

当時は、高級腕時計といえば、貴金属が使用されることがほとんどでしたが、このロイヤルオークは、ステンレスを磨きあげることと、デザインによってはステンレスでも高級腕時計としての地位を確立できることを初めて世の中に知らしめた作品として腕時計の歴史に名を刻んだのです。

さらに、最大の特徴は、デザインの格好良さです。
洗練されたデザインの八角形のペゼルと六角形のビスの美しさは、多くの人々を魅了してやみません。

また、ギョーシェ彫りによって施されたタペストリー模様の文字盤も非常に特徴的です。文字盤が小さな正方形で区切りされており、へこみ部分には点状の装飾が施され、とつ部分には細かな網目模様が施されています。さらにロイヤルオークのケース部分とブレスレッド部分は、場所によってステンレスの磨き方を変えています。
多くの職人が、非常に手間暇をかけてこの腕時計を磨きあげているのが分かります。

この文字盤のきめ細やかな装飾や場所によって異なるステンレスの磨き方の違いが、このロイヤルオークの腕時計全体で光の様々な反射を引き起こし、ロイヤルオーク全体のきらびやかさを一層引き立たせるのです。

オーデマピゲロイヤルオークを様々な角度から見ているだけで、その美しさに見とれてしまいます。

最新モデルには、

・ロイヤルオークオートマティック
・ロイヤルオーククロノグラフ
・ロイヤルオークエクストラシン
・ロイヤルオークデュアルタイム
・ロイヤルオークトゥールビヨン
・ロイヤルオークパーぺチュアルカレンダー

などがあります。

ロイヤル オークの価格帯

価格帯
AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)ロイヤル オーク
¥2,000,000~¥10,000,000


ロイヤルオークは非常に人気があり、中古であっても最低1,000,000円ほどの値段はします。
一番安いものを求めるとしても、2,000,000円はかかると思っていた方が良いでしょう。

さらに機能が充実したモデルを購入しようと思うと、軽く10,000,000円を超えるものも存在します。