オーデマピゲ ミレネリーの歴史と概要

AUDEMARS PIGUET(以下:オーデマ・ピゲ)は、1875年、ジュール=ルイ・オドマールとエドワード=オーギュスト・ピゲによって高級時計ムーブメント製作会社として設立されました。

最高の複雑時計を作ることを目標に製作された時計は、1分単位で知らせる超絶技巧のミニッツ・リピーター機構を備えた懐中時計や、100年は自動調整が可能な永久カレンダー機構、ストップウォッチ機能を持つクロノグラフ機構などの複雑なものばかりです。

これらの時計の製作が、高い技術の証明ともなっていました。

今日に至るまで時計業界に革新とインパクトを与えるような時計を数々発信してきたオーデマ・ピゲは、スイスの高級時計・宝飾品メーカーとして有名となり、今では「パテック・フィリップ」「ヴァシュロン・コンスタンタン」と共に、世界三大時計メーカーの1つに数えられています。

そして、オーデマ・ピゲは最古の高級時計メーカーでは珍しく、経営が創業家から手を離れていないブランドで、未だに独立を保っています。だからこそ、その伝統とオリジナリティーを追求し続け、新しいものを発信できるのでしょう。

オーデマ・ピゲの他の高級ブランドとは異なる独自のデザインは日本でも大変人気があり、その性能とデザインから"雲上のブランド"とも言われています。

一般的にはなかなか手が届かない価格の時計ですが、著名人には愛用者が多く、メディアや雑誌などで度々見ることが出来ます。

オーデマピゲ ミレネリーの特徴

1980年当初の主流は懐中時計でしたが、現在オーデマ・ピゲが送り出す時計は、スポーツ時計やクラシック時計、レディース時計、メンズ時計、懐中時計と様々なジャンルに及びます。

中でも、1972年に発表された「ロイヤル・オーク」、1995年に発表された「「ミネレリー」はオーデマ・ピゲの代表作として大変高い人気を誇っています。

1995年に誕生した「ミレネリー」のコレクションは、技術の粋とデザインが完ぺきなバランスで立体感をもって融合し、21世紀にふさわしいユニークなスタイルを生み出しています。

ミレネリーの時計は、どれも立体的な構造の中に優れたメカニズムが搭載されているのが特徴的で、コンテンポラリーなデザインが魅力的です。

最新のテクノロジーを駆使したケースとダイヤルをオフセンサーにした大胆な構造は、希少なメカニズムが覗き込めるような気持ちにさせられるほか、希少価値の高い芸術・伝統的な装飾は、圧倒的な存在感を放っています。

最新モデルは「ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル」です。

18kピンクゴールド製ケースには、美しいきらめきを放つフロステッドゴールド仕上げが施され、ポーランド風メッシュブレスレットが採用されています。独自のビンテージ感と第二の肌ともいうべき心地よい付け心地が特徴です。

ケース幅:39.5mm
ケースの厚さ:9.8mm
防水性:20M
文字盤:ホワイトオパールのオフセンター文字盤とスモールセコンド、ピンクゴールド製針
ブレスレット:18kピンクゴールドブレスレット
メカニズム:手巻き
パワーリザーブ:49時間

オーデマピゲ ミレネリーの価格帯

価格帯
AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)ミレネリー
¥1,836,000~¥76,086,000

AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)ミレネリーの価格帯は安いところでも183万6千円から7千608万6千円程のようです。

2018年に発表された新作「ミレネリー フロステッドゴールド オパールダイヤル」は642万6千円(税込予価)で、6月に発売される予定です。

最低価格はミネレリーオートマティックモデルで税込183万6千円となっています。

以下は今までのシリーズ別の価格帯となっております。

・ミレネリー
183万6千円~837万円程
・ミネレリーQEⅡカップ2013モデル
934万2千円
・ミネレリーカーボンワン 3
601万8千円
・ミレネリー オートマティック 
793万8千円~820万8千円程
・ミレネリー スターリット スカイ 
523万8千円~615万6千円程
・ミレネリー・トゥールビヨン・オニキス
5千162万4千円~7千608万6千円程
・ミレネリーミニッツリピーター 
5千351万4千円
・ミレネリー・スケルトン 
723万6千円
・ミレネリー4101 
264万6千円~432万円程

等さまざまなデザインが展開されており、その価格帯は様々です。