腕時計ブランド LONGINES(ロンジン)とは

ロンジンは、1832年にスイスで設立された時計メーカーです。オーギュスト・アガシにより、アガシ商会として設立されました。

設立して間もない頃から精度の高い時計のリリースに成功。そのロンジンの実力は、博覧会で数々の賞を受賞するほどでした。そして、1900年代に入ると、北極海探検をはじめとした探検家にも愛用されるようになりました。

そんな中で、特に知名度を高めたのは、1927年にリンドバーグの依頼を受けて作ったパイロット時計の誕生です。そのデザインは、スタイリッシュかつ美しく、精度の高いということで一世を風靡して話題になりました。

その後、ロンジンの時計は、オリンピックを始めとした世界規模のスポーツ大会で公式時計として採用されるようになります。そのため、信頼感のある時計メーカーとして名を馳せることに成功したのです。

このように一流メーカーの仲間入りを果たしたロンジンですが、あぐらをかくことなく常に挑戦し続けているのがポイントです。特徴的なのは、珍しいデザインです。あまりモデルチェンジしていないメーカーも多い中で、常に時代にマッチした革新的なデザインを模索しています。

ロンジンの時計はいつの時代も愛され続けています。日本でも、ビジネスマンのステータスとして定番化。10代や20代のうちから「ロンジンの時計を身につけたい」と憧れを抱いていることも多いでしょう。

このような長い歴史を誇っているロンジンは、時計メーカーとして老舗に値します。

LONGINES(ロンジン)のつくる時計の特徴

ロンジンの特徴として外せないのは、懐中時計の放つ魅力です。ロンジンの懐中時計は、アート作品と言っても過言ではない芸術品です。所有欲を高めてくれるそのエレガントさは、ロンジンの歴史を支えた欠かせない要因でしょう。

そんなロンジンの作る時計は、ひとつひとつしっかり作り込まれている丁寧さもポイントです。時計作りを知り尽くしたよりすぐりの職人が作り出すそのクオリティは、博物館においても恥ずかしくない気品に溢れています。

そんなロンジンの時計には、精密さが加わっているのも見逃せません。懐中時計はシンプルであるため、機能性はライトだと思われがちです。しかし、だからこそ機械の精密が、一番の信頼性につながります。古くからロンジンの懐中時計が第一線を走り続けている理由は、この精密さにあります。

懐中時計をこれから始めてみたい人は、とりあえずロンジンから入れば間違いが起こることはないでしょう。そのため、初心者からベテランまでおすすめしたいメーカーとなっています。

ロンジンの創業185年を記念して作られたのが、ロンジンドルチェヴィータ日本限定モデルです。数多く存在するロンジンの時計の中でも、エレガンスに照準をあてたもので、女性をターゲットに作られています。

洗練された柔らかいカーブ&ケースラインは、フェミニンな女性のイメージにぴったりです。派手すぎずそれでいておしゃれに主張をしてくれるデザインは、オフィスやカジュアルなど、色んなシーンで活躍してくれることでしょう。

この時計は300個限定製作で、シリアルナンバー入りであるためステータス感もバッチリです。自分へのご褒美や記念日のギフトとしてチョイスすると良いでしょう。

LONGINES(ロンジン)の腕時計のおおまかな価格帯

LONGINES(ロンジン)腕時計 価格帯

参考価格は、¥190,000(税抜)です。