リシャール・ミルの概要と歴史

RichardMille(以下 リシャール・ミル)は、スイスの腕時計ブランドです。

フランス人のリシャール・ミル氏により、2001年に創業されました。コンセプトは、「腕時計のF1」で腕時計業界では、まだ歴史が浅いメーカーではありますが、瞬く間に腕時計業界のトップブランドに成長したのです。リシャールミル氏は、RichardMilleを設立する前に、数々の有名ブランドでマネージャーとして携わってきたので、さすがの手腕だと言えるでしょう。

そんなRichardMilleが最初にリリースしたモデルは、「RM001トゥールビヨン」です。このモデルには、航空宇宙産業やF1業界で使われている材料を採用しています。それは、従来の腕時計には見られない試みです。見た目だけにこだわったデザインは一切排除し、「究極の腕時計」をコンセプトに作られた「RM001トゥールビヨン」は、リリースと同時に注目を浴びます。そして、RichardMilleは、稀に見るスピードで高級腕時計として認められたのです。

その後、RichardMilleがリリースする腕時計にも、同じコンセプトが掲げられています。そのようにして作られた腕時計の数々は、「時代の先取り」「ハイテク」というワードで業界を席巻。テレビ、雑誌、パーティーetc、数々の媒体やシーンで話題をかっさらうようになるのです。

そして、現在のRichardMilleは、陸上やテニス、ドライバーと言った、数々の分野のスポーツ選手に「ステータスの証」として利用されるまでに成長したのです。

リシャール・ミルの特徴

設立してから10年足らずで高級腕時計としてトップに上り詰めたそのスピードは、時計業界で類を見ない実績です。

可能にしたのは、「投げても壊れない」という特徴が大きいでしょう。 代表作品であるRM001は、複雑機構で有名なトゥールビヨンを採用しています。本来、機械式の時計は衝撃に弱いですから、トゥールビヨンなら、なおさらです。しかし、その弱点を見事に克服!。それは、時計業界に撃沈が走った瞬間でした。

もう一つ上げられる特徴は、素材の匠さです。サファイアクリスタルやカーボンナノチューブ、アルシックetc、宇宙素材とも言える素材を使っているのですが、それらの素材の「見せ方」がとても上手いのです。

これらの素材は、時計業界で初めて導入しているものも多いので、うまく取り入れるのは、本来は難しいはずです。しかし、協力してもらう業者に関しても、時計業界初のコラボを実現しています。このような、「全てにおいて」時計業界初の試みが、短時間でトップメーカーに上り詰めた特徴だと言えるのです。”

「RM53-01トゥールビヨンパブロマクドナウ」は、ポロチャンピオンのパブロ・マクドナウと共同開発された腕時計です。たった30本しか製作されていないレアアイテムとして注目されています。

コンセプトは、「内部が見える究極のタフ・ウォッチ」。そのコンセプトに恥じることのない透けて見えるムーブメントは、ハイテクと芸術をプラスさせた独特のビジュアルに仕上がっています。

特徴なのは、ステットラー社の協力を得ているということです。自動車の分野では世界的な知名度を誇るステッドラー社の協力により、時計業界初のクリスタル&ラミネート加工を実現できました。