こちらの記事は2019年10月25日の記事を2020年1月30日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・スマートウォッチとはなにか?に以下の項目を追記いたしました。
 スマートウォッチの血圧測定の仕組み
・血圧測定ができる安価なスマートウォッチを2020年1月30日の情報に更新いたしました。
・血圧測定ができる安価なアクティブトラッカーの項目を追記いたしました。

この記事では、血圧や心拍数測定などが出来るスマートウォッチについて解説します。

現代では多くのスマートウォッチが発売されていますが、それぞれで機能やスペックなども違う事を理解して、自分に合ったスマートウォッチを購入することが大切です。

この記事を読むことでスマートウォッチについて知り、自分に合ったスマートウォッチを選ぶことができます。

スマートウォッチとはなにか?

スマートウォッチとは、時計としての機能の他に、単体として様々な機能が使うことができ、スマートフォンと連動して様々な機能があるウェアラブル端末です。

スマートウォッチ単体では、心拍数や血圧を測定したり歩数や移動距離などの管理ができます。

他にも、おサイフケータイのように電子決済で利用できたり、アプリをダウンロードしてモバイルSuicaが利用可能です。

スマートフォンと連動させ、データを共有、管理することや、LINEやTwitterの通知を手元で確認することもできます。

SIMを直接挿入できるスマートウォッチでは、スマートフォンがなくても電話をかけたり、SNSの通知を確認したりすることが出来ます。

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチには時計としての機能のほか、たくさんの機能があり、利便性などに多くのメリットがあります。

スマートフォンと連動すると、LINEやTwitterなどSNSの通知がスマートウォッチですぐに確認できるため、わざわざ鞄などから取り出さなくても手元で確認することが可能です。

スマートフォンを使わずスマートウォッチでモバイル決済を利用出来ることから、手を煩わせる機会も減らすことが出来ます。

アプリをインストールすれば他の機能を追加することが可能で、メリットをさらに広げることも可能です。

活動量計との違い

スマートウォッチと活動量計との違いは、他にも様々な機能が使える点です。

活動量計で確認ができる、心拍数や血圧や歩数計などの他にも関連する多くの機能を使えます。

スマートフォンと連動させ、毎日のデータを管理し消費カロリーや最適な運動量を管理することや、データを元にタスク管理することも可能です。

また目標設定やそれに応じて、進捗状況や達成度を視覚的以外にも、音楽やアラームなど音で確認することも出来ます。

スマートウォッチの血圧測定の仕組み

一般的なスマートウォッチでは、電気信号を使った心拍数の測定結果と、光学センサによる血流の測定結果を組み合わせており、血圧を算出しています。

光学センサによる血流測定は、緑色発光ダイオードを用いて、血液が緑色の光を反射する仕組みを使っています。

血管に緑色の光を当てる事で、血流が多い時と少ないときでは光の反射の仕方に違いがある事を使って、血流を測定しています。

スマートウォッチの主な機能

スマートウォッチには、血圧測定や心拍数測定など、ウェアラブル端末であることを活かした機能があります。

腕時計のように手首に付けて使用するため、端末のセンサーから血圧や心拍数を読み取ります。

データはスマートフォンと連動したり、パソコンに取り込んで管理する事が可能です。

ジョギングやダイエットの時に体調を管理するのに使ったり、血圧や心拍数のデータから、より効率の良いダイエットに活かすことも可能です。

スマートウォッチの選び方

スマートウオッチはOSや機能、性能にそれぞれ違いがあるため、自身の使用用途に合ったスマートウォッチを選ぶことが大切です。

以下では、選び方のポイントについて解説します。

OSで選ぶ

スマートウォッチのOSは、Apple Watchが採用している「watchOS」と、Googleが開発して多くのスマートウォッチに採用されている「Wear OS by Google」、サムスンが開発した「Tizen」という3種類のOSが主なOSです。

スマートウォッチはスマートフォンと連携させることによって機能が幅広く使えるようになります。

watchOSはiphoneには連携できますが、Androidデバイスには連携できません。

Wear OS by Googleは、Androidデバイスもiphoneにも連携が可能です。

Tizenは、基本的にはサムスン製端末であれば連携が出来ます。

スマートウォッチを選ぶ時は、自身が使っているスマートフォンを考慮してOSを選ぶことが大切です。

用途で選ぶ

スマートウォッチには、製品によって搭載されているセンサーが違うため、選ぶときには用途に合わせて必ず確認する必要があります。

スマートウォッチが主に搭載しているセンサーには「血圧・心拍」「GPS」「磁気」「加速度」「ジャイロ」「輝度」「近接」「指紋」があります。

山登りやスポーツなどアウトドアで主にスマートウォッチを使う場合には、血圧・心拍のセンサーは必須です。

ほかには、単体で測位や距離計算、コンパスが利用できるため、GPSや磁気、加速度、ジャイロのセンサーなども搭載していた方がよいでしょう。

輝度は周りの明るさを自動的に判断して、画面の明るさを自動調節出来るなどのセンサーです。

近接は物体が近くなったり遠くなったりの判断に使われるセンサーになり、自動ON・OFFなどに使われます。

指紋は指紋を感知し、整合性でロックを解除したりするセンサーです。

製品によっては搭載していないセンサーがあったり、センサーの性能にも差があったりするため、自分が使用する状況に応じてスペック表などで確認することが大切です。

性能で選ぶ

スマートウォッチはスペック的な性能面も重要ですが、屋外での使用が多いため、防水・防塵性能などハード面の性能も大切です。

スマートウォッチの防水・防塵性能は、日本工業規格のIPコードが採用され、製品表記されています。等級は9段階で「×~8」まであり、×が無保護で8が最上級です。

スペック表の表記には「IP×8」「IP7×」「IP68」などと表記され、IPの後、防塵防水の順でそれぞれの等級を表記しています。

「IP×8」の場合で言うと、×が防塵性能が無保護ということで、8が防水性能が最上級ということを表しているということです。

スマートウォッチでは目安として防塵性能が5以上、防水性能が6以上あれば、雨で濡れる程度であれば問題ない性能があります。

他のハード面の性能を考慮する項目として、途中でバッテリーが切れて使えなくなることがないように、駆動時間や充電時間など、バッテリー性能の確認もすると良いでしょう。

搭載モードで選ぶ

スマートウォッチを買う場合は、血圧計としてだけではなく、もっと多用途に使いたいという方も少なくありません。

スマートウォッチは、健康管理はもちろん、着信通知やNFC支払い機能などが有名です。

スポーツモードが搭載されているモデルでも、スポーツの種類が細かく別れているものもあるため、ご自身の行うスポーツがあるかしっかりとチェックしておくとよいでしょう。

レディースもののスマートウォッチでは、女性の方に嬉しい生理周期管理機能が搭載されているものもあります。

他にもカメラの遠隔操作や盗難防止機能、長座注意機能など色々な機能が付いているスマートウォッチもあり、同じ価格帯の機種であっても搭載機能に差がある商品もあるため、どんな機能が欲しいかはよく考えてから選ぶとよいでしょう。

血圧測定ができる安価なスマートウォッチ

用途に応じて便利に幅広く利用できるスマートウォッチですが、特にスポーツやダイエット、健康管理で活躍します。

以下ではおすすめの血圧測定ができるスマートウォッチを解説します。

itDEAL W11はコスパがよいモデル

itDEAL W11は、コストパフォーマンスがよく、Androidとiphoneのどちらにも対応しているスマートウォッチです。

心拍数や血圧計のほかにも、睡眠時検側などの多くの機能が使えるため、スマートウォッチを初めて購入したい方にもおすすめです。

HUAWEI WATCH GT2 46MMは長いバッテリーが特徴

HUAWEI WATCH GT2 46MMは、低電力消費システムにより、長いバッテリー寿命が特徴です。

Bluetooth通話機能により、運動中や手がふさがっている際にも、電話をかけたり受けることができます。

睡眠中であっても、丸一日の心拍数を計測することが出来ます。

GARMIN Instinct Tideはアクティビティを手助けしてくれる

GARMIN Instinct Tideは、スマートフォンを使って、サーフィンや釣りにも便利な潮汐情報の取得が出来ます。

GPSによる現在地の情報だけではなく、緯度経度を入力する事で、任意の潮汐情報をチェックする事が可能です。

取得した潮汐データであればオフラインでも確認できるため、水上アクティビティ中には安全な所に携帯電話を置いておくことができます。

「Garmin Elevate リストタイプ心拍測定技術」を使用しており、ランニングの技術指標と能力の指標を提供してくれる上、効果的な運動能力を向上させることのできるサポートをしています。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥33,800 (2020/10/26 07:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

POLAR M430はランニングにおすすめ

Polar M430は、多くの機能を求めている、ランナー向けに作られたGPSランニングウォッチです。

手首型心拍計を備えており、高度なトレーニング機能を提供して、毎日24時間の活動量を記録してくれます。

5分間のテストにより、安静時の心拍数や心拍数変動を測り、基本情報から有酸素能力を測定することが出来ます。

定期的にテストを行う事で、自分の進歩を実感することが出来ます。

血圧測定ができる安価なアクティブトラッカー

Xiaomi Mi Smart Band 4は様々な情報を確認できる

Xiaomi Mi Smart Band 4は、運動と睡眠のデータを簡単に習得する事ができます。

最大20日間ものバッテリー寿命があるのも魅力でしょう。

音楽の再生を制御したり、自分の体調・スマートフォンへの通知・心拍数・天気などの情報を確認したりできます。

Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】スマートバンド 活動量計 万歩計 心拍計 健康管理 睡眠モニター 5ATM防水 着信通知 音楽再生コントロール 最長連続20日間使用可能 高精細カラー有機ELパネル/iPhone&Android対応
シャオミ(Xiaomi)

HUAWEI Band 4 proは高速のGPSが魅力

HUAWEI Band 4 proは、GPSを内蔵しており、高速な測位サービスを提供しつつ、スマートフォンを携帯せずトレーニングに集中する事ができます。

屋外でのトレーニングを終えた後に、GPSで現在地を表示する事ができます

心拍数に関しても、24時間リアルタイムで計測する事が出来ます。

Galaxy SM-R375NZKAXJPは15gという軽量なモデル

Galaxy SM-R375NZKAXJPは、コンパクトなボディにより、15gという軽量なデザインが実現しているモデルです。

スポーツウェアだけではなく、毎日着ている服にも合うミニマルな外観も魅力でしょう。

心拍数チェック機能により、手首からリアルタイムで心拍数を把握できます。

S Healthアプリを使用する事で、追跡されたデータを記録し、現在のコンディションを確認することができます。

Galaxy Fit SM-R37010S19JPはコンパクトで電池が長持ち

Galaxy Fit SM-R37010S19JPは、追加充電が頻繁に必要でない長持ちするバッテリーを備えています。

ワイヤレス充電ドックにより、ストレスの無い利便性を感じることが出来ます。

コンパクトなボディにより、23gという洗練された軽量デザインも魅力でしょう

「自動ストレス追跡機能」をオンにする事で、Galaxy Fitがストレスレベルを追跡してくれます。

ストレスレベルが高いときは知らせてくれるため、リフレッシュするタイミングを把握する事が出来ます。

スマートウォッチについてのまとめ

  • スマートウォッチは単体として様々な機能が使えたりスマートフォンと連動して様々な機能があるウェアラブル端末(腕時計型端末)になります。
  • 手首に着用し、血圧や心拍数も測定可能です。
  • スマートフォンと連動してデータを管理したり、LINEやTwitterなどの通知を確認できます。
  • OSやスペック、センサーなど用途に応じて選ぶことが大切です。
  • 防塵防水性能やバッテリーなども、ハード面も選ぶときには重要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥33,800 (2020/10/26 07:48:23時点 Amazon調べ-詳細)
Xiaomi Mi Smart Band 4 【日本正規代理店品】スマートバンド 活動量計 万歩計 心拍計 健康管理 睡眠モニター 5ATM防水 着信通知 音楽再生コントロール 最長連続20日間使用可能 高精細カラー有機ELパネル/iPhone&Android対応
シャオミ(Xiaomi)