腕時計ブランド ダニエルウェリントンとは

Daniel Wellington (以下 ダニエルウェリントン)は、2011年に創設されたスウェーデンの時計メーカーです。

創始者のフィリップ・タイサンダーが世界一周の旅の途中で出会ったダニエル・ウェリントンという魅力的なイギリス紳士に感銘を受けたことに端を発し、自身の時計のラインを立ち上げるに至りました。

男性がつけていたという、古い使いこんだNATOストラップ付きのヴィンテージの腕時計に着想を得てデザインされたのが、ダニエルウェリントンの腕時計です。

ダニエルウェリントンのポリシーは、「時代に捕われず、時や場所を選ばない洗練されたデザインの時計を作ること」とある通り、フォーマルな場にもカジュアルな場にもつけて行ける交換可能なストラップが付いた、ミニマルで洗練されたクラシックなスタイルがダニエルウェリントンの腕時計の特徴です。

スウェーデンの時計メーカーですが、ムーブメントはシチズン・ミヨタ製を採用しています。また、組み立ては中国で行われています。

2011年の誕生からわずか2年で売上本数1億5000万本を超えたといわれ、現在、本国スウェーデンはもちろんですが、欧州各国やアメリカなど世界25カ国、約950の店舗で取り扱われています。

日本には2014年に上陸するや否や、有名芸能人がドラマで着用し爆発的な人気が出ました。
また、SNSなどでインフルエンサーが好んで掲載しているなど、名前は知らずとも誰でも一度は目にしたことのある時計です。

ダニエルウェリントンのつくる時計の特徴

ダニエルウェリントンの時計の文字盤は、無駄な機能は取り入れず、ごくシンプルに仕上げられています。

とても薄く、かつエレガントな丸型文字盤にはブランドの頭文字であるDWの文字が記されているのが印象的です。

デザインバリエーションは、丸型文字盤ににレザーを纏ったクラシカルなものと、NATOストラップを使用したプレッピーなものの2つに分けられます。

NATOストラップ
1970年代に英国海軍が使い始めたとされている時計用ベルトです。
ダニエルウェリントンでは、好みに応じて簡単に付け替えられる豊富なカラーが用意されています。
レザーストラップ
ダニエルウェリントンの腕時計はどれもストラップが付け替えられるようになっています。レザーストラップに付け替えれば、グッとエレガントな雰囲気になります。レザーのカラーはブラウンとブラックの2種類があり、それぞれシルバーまたはローズゴールドメッキ仕上げのバックルが付いています。

ダニエルウェリントンの腕時計は洗練されたユニセックスなデザインなので男女問わず使用でき、また、フォーマルな場からカジュアルまで、シーンを問わず使用できます。

ダニエルウェリントンの腕時計のおおまかな価格帯

ダニエルウェリントンの腕時計 価格帯

\14,000から

ダニエルウェリントンの時計はスタイリッシュなデザインに加え、リーズナブルな価格も人気の秘密です。

価格は一番安いもので、1万4千円となっています。交換用のストラップ付きのセットでも3万円以下という価格です。
交換用のストラップ単体では、NATOストラップが3千円、レザーストラップが4千500円、一番高いシルバーメッシュストラップが6千500円です。

ビックフェイスなイメージの強いダニエルウェリントンですが、32mmと小ぶりなサイズの文字盤を採用したレディースウォッチの新作「クラシック ペティット(CLASSIC PETITE)」も発売しています。こちらは計4種類のカラーバリエーションがあり、価格は1万4千円~1万8千円となっています。