腕時計ブランド ZENITH(ゼニス)とは

ZENITH(以下 ゼニス)は、スイスの時計ブランドです。創業は1865年で、ジョルジュ・ファーヴル=ジャコがル・ロックルに時計工場を設立したのがはじまりです。

ゼニスは、ムーブメントや部品の製造を外部に委託することなく、自社で時計製造の全てを行うマニュファクチュールです。高品質な時計製造で、創業からわずか10年のあいだに1000人の従業員を抱えるほどに成長しました。

技術力において世界トップを走るこのブランドの最大の発明が、1969年に誕生した「エル・プリメロ」というムーブメントです。”最初”という意味を持つこのムーブメントは、文字通り世界で初めての自動巻きクロノグラフムーブメントです。

それだけでなく、テンプの振動数が毎時3万6000回というハイビートな仕様となっています。これだけのスペックを誇るクロノグラフムーブメントは、登場から50年近く経つ現代でも他では作ることができません。

革新的な機械式ムーブメントを生み出したことで時計業界を牽引していくと思われたゼニスですが、奇しくも同じ年に日本のセイコーがクオーツ式時計を実用化させました。世に言う”クオーツショック”によって、機械式時計を作っていたスイスの時計メーカーは大打撃を受けます。

ゼニスも例外に漏れず経営難に陥り、買収された企業からエル・プリメロの設計図や金型の破棄を命じられる事態となりました。

当時のゼニス技術者であったシャルル・ベルモは、いずれ機械式時計が復権することを見越し、命令に反して設計図や金型を工房の屋根裏に隠します。

結果的にシャルル・ベルモの予想通り、1980年代に入ると再び機械式時計は注目され始め、エル・プリメロの技術は失われることなく復活を遂げました。

ゼニスの革新性は今なお健在で、2017年には「342年ぶりの新発明」として、テンプやヒゲゼンマイを使わない全く新しいかたちの機械式ムーブメントを発表しました。その開拓者精神が、世代や国境を超えて多くのファンの心を掴んでいます。

 ZENITH(ゼニス)のつくる時計の特徴

ゼニスを代表する時計は、「エル・プリメロ」です。同名の自社製ムーブメントを搭載したこのモデルは、永遠の定番モデルだと言えるでしょう。また、シンプルなデザインが好きな愛好家には「エリート」などのモデルも人気を博しています。

エル・プリメロ
EL PRIMERO(エル・プリメロ)の特徴は、やはりムーブメントです。振動数36000を誇る自動巻きクロノグラフは世界最高スペックであることに加え、生産中止の危機と復活までのストーリーなど、さまざまな逸話もロマンを感じさせます。

技術力の高さとブランド力で有名なあのロレックスも、1999年までデイトナのムーブメントにエル・プリメロを採用するほどでした。時計のデザインも秀逸で、オープンハート仕様の文字盤など、世界中のクロノグラフ時計の代表作と言っても大げさではありません。

エリート
ELITE(エリート)は、シンプルなデザインが特徴のモデル。力強いクロノグラフのエル・プリメロとは対極となる存在です。極限まで薄く作られたケースや文字盤の美しい仕上げなど、そのクオリティは流石の一言です。

 ZENITH(ゼニス)の腕時計のおおまかな価格帯

 ZENITH(ゼニス)の腕時計 価格帯

\400,000~1,000,000

ゼニスの腕時計の価格帯は、40万円前後のものから100万円を超えるものまでラインナップされています。

新作の「デファイ エル プリメロ 21」は、文字盤側からムーブメントの動きが一望できるスケルトン仕様のクロノグラフ。予価は138万円となっています。伝説のムーブメントを思う存分堪能できる存在感抜群の1本です。

3針モデルの「エリート」は、エル・プリメロより比較的安価の40万円台で購入できます。シンプルながらケースの磨き込みや素材の美しさなど、細部にまでこだわりを感じさせます。腕をすっきりと見せる薄型ケースで、フォーマルシーンでも使えるのが嬉しいポイントです。スケルトン仕様のケースバックからムーブメントを鑑賞することもできます。