腕時計が知らないうちに止まっている時には、まずは電池切れを考えるでしょう。電池交換しても動かなければ、壊れている可能性が高いです。腕時計が壊れる原因が「水」なのが、意外と多いでしょう。

ここでは腕時計の防水について、細かな防水機能の規格、おすすめの防水時計などをご紹介します。水に強く、安心して長く使える腕統計に出会えます。

腕時計のもちは防水で決まる

今では、ほとんどの腕時計が生活防水になっているのが基本です。

しかし、腕時計は繊細な機械で、本来は水に弱いものです。防水とはなっているものの、ざぶざぶと水や水道からの流水につけてしまうのはよくない防水腕時計もあります。

腕時計の防水は大きく2種類ある

腕時計の防水は、日本での規格である「JIS規格」、国際的な規格である「ISO規格」で大きく2つに分けられています。どちらの規格でも、日常生活防水時計と潜水時計があります。さらに、それぞれの時計には、細かな規格があります。

ここでは、身近な日本の規格である「JIS規格」の腕時計の防水機能をさらに詳しくご紹介します。

まず、日常生活用防水腕時計は、日常生活用防水時計と日常生活用強化防水時計の2種類があり、表記は「WATER RESIST」または「W.R.」に気圧を示す「〇〇BAR」と表記されます。

潜水時計は、空気潜水時計と飽和潜水時計に分けられ、表記は空気潜水が「AIR DIVER’S 〇〇m」、飽和潜水が「HE-GAS DIVER’S 300m」と具体的な深度の数字とともに表されます。同じ防水でも、細部まで分けられています。さらに、それぞれの取り扱いの注意を確認しましょう。

日常生活用防水時計

「JIS1種防水時計」ともいわれる防水は、2~3気圧の防水が基本です。この程度では、日常生活の水滴には耐えられますが、水仕事や各種の水に関するスポーツなどでは壊れてしまうことが考えられます。

また、水道からの流水にも注意が必要です。意外に気圧が高く、日常生活用防水時計は、流水には直接つけないようにしましょう。表記は、「WATER RESIST」または「W.R.」のみです。

関連記事
腕時計の生活防水の分類と特徴 防水の腕時計を長持ちさせる方法

日常生活用強化防水時計

「JIS2種防水時計」ともいわれる日常生活用強化防水時計は、5、10、20気圧防水が一般的です。「WATER RESIST」または「W.R.」のあとに、それぞれ5BAR、10BAR、20BARの表記があるでしょう。

5気圧防水は、潜る以外の水に関係するスポーツや水仕事に耐えられます。しかし、強めのシャワーや水道からの流水に直接あてるのは、故障の原因になりかねません。

10気圧、20気圧防水なら、素潜り(スキンダイビング)には耐えうる防水を示しています。しかし、長時間水につけたままにするのは、壊れてしまう可能性があります。

空気潜水時計

「JIS1種潜水時計」とも呼ばれる空気潜水時計とは、100m~200m防水機能を持つ腕時計です。AIR DIVER’S 100m、またはAIR DIVER’S 200mと表記されているでしょう。100~200mの水深でも圧力に耐えられる、また長時間水につけたままでも壊れないことを意味しています。

潜水時計には時間を計れる回転ベゼルや文字の読みやすさなど、防水以外にも規格が細かく決められています。空気潜水とは、一般的なスキューバダイビングなどのことで、タンクには圧縮した空気を入れてする比較的浅いところに潜るダイビングのことです。

飽和潜水時計

「JIS2種潜水時計」にあたる飽和潜水時計は、水深200m~1000mの水圧にも耐えられ防水が機能する腕時計のことをいいます。「HE-GAS DIVER’S 〇〇m」と表記されます。飽和潜水には、ヘリウムと酸素を混ぜ合わせた機体が入ったボンベを使う特殊な潜水です。

飽和潜水時計は、どんな水に関する活動にも耐えうる最も防水性の高いものです。

ダイバーズウォッチのエスケープガスバルブとは?

本格的なダイバーズウォッチである飽和潜水時計の中には、エスケープガスバルブというものがついているものがあります。これは、呼吸に使う気体のヘリウムガスが時計の中に入ったときに、中から逃がすためのバルブです。

飽和潜水の場合には、長時間作業するダイバーの時計に分子の小さいヘリウムが入り込んだり、安全な浮上のために減圧チェンバーに入ったりしたときにヘリウムガスが腕時計の中に入ってしまいます。

水深のあるところは気圧が高いですが、浮上した時やチェンバーの中にいる時には、時計の外側のほうが、気圧が低くなる時点があります。その時にヘリウムガスで腕時計が壊れてしまわないように、抜くためのバルブがあります。

普段はしっかり閉めておかないと、防水性がダウンしてしまい、水による故障の原因になるので注意しましょう。

ダイバーズウォッチについての基本情報とおすすめのモデルを解説

おすすめのメンズ防水時計

ここでは、値段別におすすめの防水時計をご紹介します。

1万円台でおすすめ:CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック 電波ソーラ GW-M5610-1BJF

大手通販サイトでも常に上位の防水時計が、このGショックです。

スキューバダイビングOKな20気圧防水機能だけでなく、わずかな光でも動力にかえるタフソーラー、自動で電波を受信して時間をかえてくれるマルチバンド6機能など、コストパフォーマンスが高い一品です。

また、デザインもGショック初期の復刻版で、シンプルなのが好まれています。おしゃれなデザインでありながら、激しいスポーツでも狭い場所の仕事でも、邪魔にならないのもいいでしょう。

*ワンポイント*
高い防水性、デザインもおしゃれ、最新機能も満載のGショックは、驚異のコスパのよさ!

5万円台でおすすめ:[ルミノックス]Luminox 腕時計 日本限定カラー 8831RH

自己発光する数字が暗闇での作業やスポーツでの可視性をアップさせる、スイスメイドのミリタリーウォッチがルミノックスです。1万円台から防水性の高いものを発売していますが、ここでは日本限定モデルをおすすめします。

100m防水で、スキューバダイビングにも最適です。Gショックほどの大きさや厚みがないので、スリムな男性にも似合う防水時計でしょう。

*ワンポイント*
水に関することで使いやすい防水性の高さだけでなく、小さめ・薄めで腕になじみやすのもおすすめ!

10万円台でおすすめ:[プロスペックス]PROSPEX 腕時計 PROSPEX 限定1,000本 グリーン文字盤 メカニカルダイバー SBDC059

冒険家やダイバー向けの防水性も高いプロフェッショナルなモデルを出しているのが、セイコーのプロスペックスです。海の色をイメージしたグリーンの文字盤にゴールドの針が映える一品です。

ビジネスシーンでも十分使えるシンプルなデザインなので、オンでもオフでも使いまわるでしょう。空気潜水200mの防水なので、オフのどんなアクティビティにも耐えてくれます。

*ワンポイント*
空気潜水時計の中でもかなりの防水性を誇るうえに、ビジネスユースもOKなデザインは使える時計、安心の国内ブランドなのもおすすめ!

おすすめのレディース防水時計

レディースでもアクティブな人のために、防水時計のおすすめをご紹介します。

1万円台でおすすめ:[アイスウォッチ]ICE-WATCH アイスグラム ブラック(ユニセックス)

クールなデザインのアイスウォッチは、女性にも少し大きめでカジュアルに使えるおすすめの防止時計です。日常生活用強化防水時計で10気圧まで対応なので、水道から流れる水を直接あてることのないようにだけ気をつけましょう。彼氏や旦那さんとシェアもできる防水時計です。

*ワンポイント*
手ごろなダイバーズウォッチ風の腕時計は、防水程度の確認をしてカジュアル使いにおすすめ!

5万円台のおすすめ:[シチズン]CITIZEN 腕時計 xC クロスシー MINISOLシリーズ シンプルアジャスト付 Eco-Drive電波 エコ・ドライブ電波 ES8132-58A

桜のような綺麗なピンクのモデルが多いシチズンのxCは、日常生活用強化防水時計で10気圧までOKです。ビジネスやセミフォーマルで使うことを想定すれば、10気圧で十分な防水性を発揮するでしょう。

レディースの防水時計は、繊細なデザインゆえ5気圧が多いので、この一品はおすすめの女性らしい防水性の高い時計です。

*ワンポイント*
レディース防水時計は5気圧が多いので、この価格とデザイン、10気圧防水はおすすめ!

10万円台でおすすめ:タグホイヤー TAG Heuer 腕時計 アクアレーサー 300m防水 レディース

本格的な防水時計としておすすめなのは、タグホイヤーのアクアレーサーです。腕時計をしたまま、ダイビングもOKな防水300mを誇ります。クールなスーツを着こなすビジネスウーマンなら、ビジネスユースにもいい文字盤の白が柔らかさのあるダイバーズウォッチです。

*ワンポイント*
時計好きなら知っている防水時計ですが、女性でしている人は少ないので、クォリティーもおしゃれさでもおすすめ!

関連記事
腕時計 タグホイヤー アクアレーサーの歴史と特徴、価格帯の解説

防水腕時計についてのまとめ

  • ほとんどの腕時計が生活防水になっていますが、水が原因で腕時計が壊れることも多くあります。防水には規格があり、それぞれ防水性に限界があります。
  • 防水時計には、大きく分けて2種類あります。表記が「WATER RESIST」または「W.R.」に気圧を示す「〇〇BAR」とあれば、日常生活用防水時計です。
  • 潜水時計は、「AIR DIVER’S 100m」、または「AIR DIVER’S 200m」、あるいは「HE-GAS DIVER’S 〇〇m」と表記されているでしょう。
  • さらに、日常生活用防水時計は、日常生活用防水時計と日常生活用強化防水時計の2つに分けられます。潜水時計は、空気潜水時計と飽和潜水時計に分かれます。
  • 日常生活用防水時計は、は、日常生活の水滴には耐えられますが、水仕事や各種の水に関するスポーツなどでは壊れてしまうこと可能性が高く、水道の流水にも注意しましょう。
  • 日常生活用強化防水時計は、5気圧防水は、潜る以外の水に関係するスポーツや水仕事に耐えられます。10気圧、20気圧防水なら、素潜り(スキンダイビング)には耐えうる防水ですが、長時間水につけたままにするのは、壊れてしまう可能性があります。
  • 空気潜水時計とは、100m~200m防水機能を持つ腕時計で、表示の水深でも圧力に耐えられる、また長時間水につけたままでも壊れないでしょう。
  • 飽和潜水時計は、水深200m~1000mの水圧にも耐えられ防水が機能する腕時計のことで、どんな水に関する活動にも耐えうる最も防水性の高いものです。
  • 本格的なダイバーズウォッチである飽和潜水時計の中には、ヘリウムガスを逃がすためのエスケープガスバルブというものがついているものがあります。普段からバルブが閉まっていることを確認しなければ、水が原因で壊れてしまうこともあります。
  • 値段別のおすすめの防水時計をメンズ、レディースでご紹介しましたので、気になるものを探してみてください

*ワンポイント*

防水時計にも種類があり、耐えられる範囲に違いがあるので、表示をしっかり確認、シーンに合わせたものを選びましょう。