FORTIS アビアティスの歴史と概要

FORTIS(フォルティス)アビアティスは航空状態であっても正常に機能する時計を目的としたシリーズモデルとなっています。

今シリーズは「パイロットウォッチ」と呼ばれる過酷な状況下でも稼働を行うためのモデルでもあり、宇宙空間でも高い機能性を持つコスモノーティス・コレクションに触発され制作されたモデルシリーズでもあります。

アビアティスシリーズはフォルティスが長年本物のパイロットウォッチを制作し研究し続けたという結果が生み出した至極の品です。ディティールに凝った外見に加えコンパクトな見た目荷も不思議とアンバランスさを感じさせる事はありません。
視認性の高い各ダイアルは飛行上空のパイロットが簡単に確認することができるような親切設計でもあるのです。

世界初、象胴巻き時計の量産に成功したフォルティスはアビアティスシリーズを制作するまでに様々な出来事がありました。

量産モデルである「ハーウッド」の開発を皮切りとし、1943年にはフォルティス初の防水時計となる「フォルテシモ」を発表。この防水設計はのちのアビアティスシリーズへと引き継がれてゆき、ロシア連邦宇宙局(ROSCOSMOS)による宇宙空間での耐久テストを嫉視する際にはフォルティスの時計が選ばれるなど、フォルティスは宇宙をも制覇した唯一の時計ブランドとなります。

フォルティスの時計はその他のモデルと比べ耐久性に優れたモデルでもあり、パイロットが身に着ける装飾品としてのパイロットウォッチとして好まれているのです。

創設から現在約100年程度経過した今でも、さらなる改良を重ねモデルを発表し続けており、今なお進化の止まらない時計ブランドメーカーとなります。

FORTIS アビアティスの特徴

フォルティスの技術の粋を集めたパイロットウォッチという事で、上部で各インデックスの視認性の高さが今モデルのウリとなります。

スーパールミノバ仕上げが施されたインデックスにより、より視認性が高まったほかにも、オレンジの秒針は品と機能性をより感じさせることのできる「完成品をさらなる高みへ」のモットーに、高い機能性を持っているのです。

他時計との違いは当然長年パイロットウォッチを作り続けてきた歴史とその「研究性」となっており、高い耐久性により長年の愛用にも耐えられ、なおかるフォルティスのキレの入った美しいパーツによって機能性と外見を高いレベルで維持していることが最大の特徴でもあるのです。

平均42mmの大きなクロノグラフにより、航空中の緊張状態の中でもきちんと時刻確認を取ることが可能です。
インデックスやグラフ、クロノグラフが組み合わさり絶妙な機能性を生み出しているのはアビアティスのみだと確信できます。それだけ唯一無二な使用感を誇る今モデルは現在もなお年々新たなモデルが発表されており、コックピット内の時刻はデジタル化されていますが、手首に装着する時計はいつまでもデジタル化することがない確信をこのモデルからは感じ取れるのです。

FORTIS アビアティスの価格帯

価格帯
FORTIS(フォルティス)アビアティス
\160,000~\330,000

「パイロット・クラシック デイト」160000円
薄型のパイロットウォッチであり、暗所ではグリーン色の光る特徴を持っています。大きなインデックスと秒針は高い視認性を持っており、自動巻き機能に加えステンレスシール処理がされているブラックとシルバーカラーのモデルとなります。

「フリーガープロ クロノグラフ」270000円
ディティールに凝っており秒針が大きくインデックスの大きさは平均的なパイロットウォッチとなっています。43mmのボディに航空時計に必要な表記や機能がすべてまとめられています。

「エアロマスター ステルス クロノグラフ」330000円
ブラックカラーベースの秒針やインデックスの見やすいパイロットウォッチとなります。簡素なディティールは視認性を高めるためのデザインであり、20気圧防水の高耐久性を誇ります。