本格的なカメラを楽しむ人ほど、アクセサリーと呼ばれる付属品も次第に増えていく傾向にあります。よりよい写真を撮影したいと思うほど、その助けとなる様々なアクセサリーが必要となってくるからでしょう。

アクセサリー用品が増えると、撮影時に持ち歩く荷物も増えていきますが、そんな時に活躍するのが、リュックタイプのカメラバッグです。

どんなカメラバッグがいいのかわからずにいる人のために、リュックバッグの機能性と実用性を説明しながら、オススメの人気ブランドを紹介します。

リュックではなく、ショルダータイプが欲しいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。
カメラバッグのショルダータイプ解説 おすすめとメリット・デメリット

カメラバッグならリュックタイプ

外出

カメラバッグを準備するなら、断然リュックタイプがオススメです。

リュックタイプは、男性女性どちらが利用してもメリットが大きく、1つあると大活躍します。

両手がフリーになる

リュックのカメラバッグを1つ持ち歩けば、両手がフリーとなり、とても便利です。

本当にいい写真を撮りたいと思えば、いろいろな角度からカメラを構えてみたり、様々な体勢を取ることが多くなります。

荷物を背中に背負えば、両手でカメラをしっかり構えることができるうえに、どんな体勢も取りやすく、荷物等で動きが制限されることがありません。

肩への負担を減らせる

カメラのレンズをはじめとする様々な付属品は、どれも重みがあるものばかりです。

これらの荷物を普通のトートバッグやショルダーバッグに入れて長時間持ち歩くと、肩に大きな負担がかかってしまいます。

リュックのカメラバッグなら、両肩と背中と腰で荷物を支えることができるため、とても楽です。

リュックタイプのおすすめのカメラバッグブランド

 

カメラ 持ち運び

リュックのカメラバッグが便利だとわかっていても、種類や数が豊富にあれば、どれを選んでいいのかわからない人も多いものです。

ここからは、オススメしたいカメラリュックのブランドやモデルを、紹介いたします。

マンフロット

マンフロットは、主に三脚を主力とし、その他カメラに関する様々なサポート用品を手掛けるブランドです。

カメラリュックにおいては「カメラプロテクションシステム」を取り入れることで、カメラを衝撃からしっかり保護し、数々の機材を長時間でも楽に持ち運べるような設計になっています。

オススメのモデルはStreet バッグパックです。

バッグの外面に三脚を持ち運べるコネクションもあり、アクセサリー以外にもノート型パソコンも収納できるスペースが確保された、大収納バッグとなっています。カメラに関するもの以外の荷物もしっかり収納でき、たっぷり収納しても体に馴染みやすく、疲れを感じさせません。

背中部分はメッシュ素材となっているため通気性がよく、長時間使用中の蒸れを軽減してくれます。

スーリー

スーリーは、車載用サイクルキャリアをはじめ、ベビーカーから旅行用バッグまで幅広く手掛けているブランドです。

カメラを安全に運ぶための丈夫な素材やデザインを採用し、どんな状況下でもカメラを守る保護機能を兼ね備えたブランドです。

オススメのモデルはバックパック TCDK-101です。

調整が自由な仕切りにより、数々の機材の大きさに合わせて収納することができます。摩擦に強く、防水加工が施された素材を採用することで、スタイリッシュで丈夫なバックパックを完成させました。

上部のロールトップスタイルは使いやすく、機能性にも一役買うデザインです。内装には保護能力の高い倍密度パッドを装備しているため、大切なカメラを安全に持ち運ぶことができます。

バンガード

バンガードのカメラリュックは、「カメラへアクセスしやすい」をコンセプトに、フロントポケットやサイドポケット、キーストラップなど、あらゆる荷物へアクセスしやすいことを優先的に考えた装備です。

これらの装備は、瞬時に訪れる貴重なシャッターチャンスを、逃さないためのサポートをしてくれます。

オススメのモデルはHAVANA 41BLです。

カメラを収納しない時には、内装のカバー類を外すことでさらなる収納スペースが確保でき、普段使いのバックとしても活用できます。小物類がみつけやすいように配慮された明るい色の内装のおかげで、迅速に荷物へアクセスすることが可能です。

レインカバーまで付属しているため、雨具の準備ができていない時の急な雨でも、カメラリュックを濡らすことがありません。

ロープロ

ロープロは、その性能の高さが世界中から認められている、カメラバックのブランドです。

荷物を降ろさないと中身の確認ができないという、リュック最大の欠点をカバーするべく、サイド、上部、背面部から荷物へのアクセスが可能となっているモデルもあります。

自分の好きなように、リュックの中の仕切りをカスタマイズできるため、用途に合わせた収納が可能です。

オススメのモデルはフリップサイド 500AW2です。

機材を取り出すまでのスピードに徹底的にこだわって作られた「背面アクセス機構」により、リュックを降ろさなくても荷物を取り出すことができます。背面アクセス機構はセキュリティー面においても機能を発揮し、高価なカメラを盗難や紛失からも守るため安心です。

クッションの入った中仕切りは、取り外し可能となっているため、機材の大きさに合わせて自分好みの収納にカスタマイズすることもできます。

クローム

メッセンジャーバックなどの製品で知られるクロームは、自転車愛好家などをはじめとする多くの人から支持されているブランドです。

カメラリュックだけでなく、日常的に使える便利なリュックから旅行用バッグまで、幅広い種類のバッグを展開しています。

オススメのモデルはNIKO PACK(ニコパック)です。

カメラ本体やレンズの収納だけでなく、ケーブルなどの付属品も収納するためのポケットなどが、多数取り付けられています。

上部ポケットには、ラップトップスリーブまで搭載され、バッグ外側についているストラップには三脚が収納可能です。デニールナイロン素材やウレタンコーティングされたジップを採用しているため、どんな天候にも対応できます。

カメラ女子におすすめのカメラリュック

外 撮影

男性に比べて力が弱いカメラ女子にとって、重たいカメラやその機材を持ち歩くためのアイテムは、重要な意味を持ちます。また女性は、自分の持ち物に対し、機能性だけでなくデザイン性にも強いこだわりを持つものです。

ここからは、そんなカメラ女子におすすめしたいカメラリュックを紹介します。

Koolertron

Koolertronは、ビジネスバッグからカメラリュックまで、様々なシーンで使用されるバッグをたくさん手掛けているバッグブランドです。

バッグブランドとしての名にふさわしく、機能性だけではなくデザイン性も重視されたものが目立ちます。

オススメのモデルは一眼レフカメラバッグです。

機能性や収納力だけでなく見た目にもこだわって作られているため、カメラバッグもおしゃれなものを持ちたい女子に、ぴったりのモデルです。

通学や買い物などの普段使いにも使用できるデザインとなっており、クッション性のある肩ベルトで負担を緩和し、女性の弱い肩を守ります。厚めで頑丈なキャンパス生地素材を使用しているため、摩擦や汚れにも強く、安心して使用できます。

OUTDOOR

OUTDOORは、アウトドアで活躍するバッグの代名詞と言えるほど多くの人々のアウトドアシーンに浸透し、愛されているブランドです。

屋外活動を楽しむための手助けをするアイテムを次々に世に送り出し、いろいろな他社ブランドとのコラボレーション商品も手掛けています。

オススメのモデルはカメラディパック01です。

OUTDOORからカメラバッグ専用のリュックとして販売されているモデルで、素早くカメラや機材が取り出せる「サイドアクセス構造」や、取外しができるチェストベルトが特徴的です。

リュック内臓を上段と下段にわけ、高価で重みのなるカメラは下段へ、日常使いの荷物は上段へ収納することで、取り出す荷物を探す手間がかかりません。

カラーバリエーションも豊富なため選択肢が広がり、カラーやデザインにこだわる女性には嬉しいポイントです。

バッグスマート

バッグスマートのカメラリュックは、カジュアルでおしゃれなものが多く、デザイン性が高いのに、軽量化と高機能をしっかりと実現しています。

男女ともに愛されるデザインで、しっかりした装備でも軽量な点が、荷物が多くなりがちな女性にぴったりのブランドです。

オススメのモデルは一眼レフカメラバッグ(三脚取付可)です。

マジックテープ式の頑丈な仕切りは取り外し可能で、自由度の高い収納ができます。取り付けた三脚の先をカバーするための袋が、リュック下部に収納されているため、三脚が邪魔になることもありません。

女性が長時間背負って活動しても、負担にならないように人間工学に基づいた設計となっています。ベルト風の留め具はマグネット式になっており、見た目がおしゃれなうえに、機能性も抜群のモデルです。

エレコム

エレコムは、パソコン周辺機器やOA機器関連商品を手掛けるブランドですが、カメラに関するアクセサリー商品も積極的に手掛け、カメラリュックも同様に生産しています。

精密機器を知り尽くしたエレコムならではのカメラリュックは、どれも機能性に優れたものばかりです。

オススメのモデルはoff toco 2STYLE DGB-SO23です。

カメラを取り出すための専用の開口部を、リュックの左右に設けています。カメラやレンズの収納ケースを、そのままリュック内部に取り付けたような内装となっており、取外しが自由自在でとても便利です。

小物収納にも対応した多数のポケット類は、女性にとってありがたい構造となっています。

さりげないリング状のファスナーは、小物使いにもこだわるおしゃれ女子に嬉しいアイテムであり、盗難防止のカギを取り付けることもできます。

NATIONAL GEOGRAPHIC

ナショナルジオグラフィックは、マンフロットが展開するカメラバッグのブランドです。

中でも「オーストラリアコレクション」シリーズは、オーストラリアの海をイメージした青と、広大な大地をイメージした赤が配色されたハイセンスなデザインであり、男女を問わず高い人気を集めています。

オススメのモデルはNA GU 5350 バッグパックです。

ロゴプレートや金具などに、クラシカルな雰囲気が溢れ、細部までおしゃれにこだわったモデルです。丈夫で軽く、撥水性のあるナイロン生地を使用しているため、女性でも無理なく背負うことができます。

カメラや機材を背面からもサイドからも取り出し可能で、荷物へのアクセス力も抜群です。内装にもこだわり、リュック内側の生地にはユーカリの葉のデザインが、プリントされています。

カメラリュックについてのまとめ

  • カメラバッグは肩に負担もかからず持ち運びがしやすいリュックタイプがおすすめ
  • カメラリュックのおすすめブランドは数多くある、機能性だけでなくデザインも重視されている
  • カメラ女子にもカメラリュックがおすすめ