APPLE(アップル)の概要と歴史

1976年にスティーブジョブスらにより創業されたApple社は、AppleⅠと呼ばれる商品を開発し販売した資金を手に入れたました。

投資家たちに融資を集いAppleⅡを完成させ販売した際にはジョブズはコンピューター界の天才児と呼ばれるまでになりました。

1998年に発売されたディスプレイ一体型コンピューターiMacは一躍大ブームとなり経営危機となっていたApple社の復活を成功させました。2001年に発売されたiPodを発売し大ブームになり、シンプルな見た目と使いやすさから音楽プレーヤーの中でも1,2を争うほどの人気となりました。

デザイン性もよくグッドデザイン賞を何度か受賞しています。iPodは様々なシリーズが発売され、発売日は長蛇の列ができるほどの人気となりました。またApple社を説明するうえで欠かせれない商品がiPhoneです。

2007年に初代iPhoneが発売されて現在ではiPhone8、iPhoneXと呼ばれるシリーズまで販売されている大人気スマートフォンです。

当時タッチパネル式のものは一か所しか認識できなかったのですが、iPhoneはマルチタッチと呼ばれる技術を搭載し多数の指をタッチパネルが認識できるようになり画面の拡大縮小等独自の操作が可能となり話題になりました。

人気であったiPodの機能である音楽プレーヤー機能と電話の機能を搭載したiPhoneは爆発的ヒットとなりました。そのブームは現在でも続いておりスマートフォンの上位に君臨するモデルになっています。

スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説
iPhoneのメリットとデメリットを詳しく解説

APPLE(アップル)の特徴

iPhoneを説明するうえでまず紹介したいのは先ほども少し出ましたマルチタッチスクリーンです。フリック、タップ、ピンチなどの現在のスマートフォンでは当たり前の操作方法はiPhoneにて実装され人気がでました。

直感的に操作できることから今までのキー入力などとは違いシンプルに使えるようになりました。iPhone6sからは3Dタッチと呼ばれる機能が搭載され画面を押し込むことにより操作ができるようにもなりました。

その他に特徴としてiPodの音楽機能を搭載しているの音楽プレーヤーとしても使用できる点です。iPhoneは防水防塵機能が付いていなかったのですがiPhone7よりその機能が搭載されました。

iPhoneは電池交換がユーザーで行うことが基本的にできないのも特徴です。メーカーに費用を払って電池交換を行うようになります。

最後にご説明するのはiPhoneのデザインについてです。初代iPhone発売時には1色しかなかったカラーリングは現在では種類が豊富になっています。デザインもiPhone4より現在馴染みのある形状になりiPhone6より画面の大きいプラスモデルが発売されました。

最新のiPhoneXではホームボタンがなくなりオールタッチパネルへと進化しました。

APPLE(アップル)の価格帯

価格帯
APPLE(アップル)
¥30,000~100,000

Iphoneは数多くのモデルが発売されており現在はiPhoneSE、iPhone6s、iPhone7、iPhone8、iPhoneXが販売されているモデルになります。

価格もSEの3万円台からiPhoneXの10万円台と幅広くあります。ここでは最新機種のiPhone8、iPhoneXのご紹介をしていきます。

iPhone8は4.7インチモデルと5.5インチディスプレイモデルのプラスと呼ばれる2種類が販売されております。価格は4.7インチモデルで約78000円代から5.5インチモデルで約89000円台からとなっています。

このモデルより赤色のカラーリングが販売され話題になりました。またワイヤレス充電機能なども搭載され今までのモデルと見た目は変わらないものの機能は追加されています。

iPhoneXは5.8インチディスプレイモデルのみ販売されており価格は約112000円台からとなっています。色はスペースグレイとシルバーの二色となります。

このモデルは従来のモデルに合ったホームボタンをなくしており全面タッチパネルになっているのが最大の特徴です。顔認証によりロックを解除したりなど未来的な機能を搭載した真新しいモデルとなっています。