液晶テレビのモニターアームの選び方

液晶テレビが大画面で薄型軽量になったにも関わらず、自宅に設置するとスペースを取り、画面サイズに合わせたテレビ台が必要になります。

引っ越しのタイミングでテレビの置き場所に困った事はありませんか?壁掛けを考えてみても賃貸だから壁に穴が開けられないし、壁掛けのやり方も分からない等、一度は考えた事があるでしょう。

部屋のスペースを有効活用するのに液晶テレビにモニターアームを取り付けると、部屋の空間利用ができます。無駄な置き場所を取らずに部屋を有効に活用できておすすめです。いまは様々な種類のモニターアームが発売されています。

壁に穴が開けられない場合でも諦めずに調べてみましょう。解決策が見つかるはずです。

モニターアームを付ける場合、取り付け場所は主に3ヶ所あります。壁、支柱、スタンドです。取り付け方式も3種類あり、ネジ固定式、クランプ式、グロメット式から選べます。注意するのは設置可能なモニター画面の大きさと耐荷重に注意して選びましょう。

またモニターアーム取り付けはネジの場所が決まっています。規格であるVESA規格というものがあり、基本3種類のサイズがあります。必ず液晶テレビのVESA規格を確認しましょう。

モニターアームの取り付け場所

モニターアームの取り付け方式には、主に壁面取り付け、支柱取り付け、スタンド取り付けの3種類があります。用途や部屋にある机、液晶テレビのサイズによって選びましょう。

壁面取り付けのモニターアームに合う場所

壁面取り付けの場合、壁面に設置するため、空間利用が出来ます。家庭やオフィス、店舗など様々な用途に利用出来ます。テレビ用に台を置かなくて済む為、部屋のスペースを有効活用できます。

賃貸の部屋だとネジ固定に穴開けを行うので検討が必要です。また部屋の模様替えを行う際に液晶テレビが移動しづらいデメリットもあります。

支柱取り付けのモニターアームに合う場所

メタルラックなどのポールの棒に取り付けが可能です。

メタルラックは強度がある為、部屋の荷物の片付けに最適です。そしてポールに液晶テレビを支柱取り付けをすれば部屋の片付けと液晶テレビ台として一石二鳥です。ワンルームのスペースを有効利用できます。

スタンド取り付けのモニターアームに合う場所

病院や工場など、立ち作業に最適なスタンドタイプはローラーが付いていて移動が可能な商品もあります。小型から大型ディスプレイ用まで幅広くラインナップがあります。

モニターアームの取り付け方式の種類

ネジ固定式、クランプ式、グロメット式の3種類があります。取り付けるアームによって対応している取り付け方が異なるので、取り付け方を決めてからアームの購入をしましょう。

ネジ固定式の取り付け方

壁や天板にネジで直接固定します。クランプ式と比べてしっかりと液晶テレビを固定出来ますが、壁や天板に穴が開けをして固定するのところがデメリットです。

クランプ式の取り付け方

取り付ける机の天板を上下で挟んで固定します。天板に穴を開ける必要がないので手軽に設置が出来ます。板状の天板があれば設置が可能で取り付け、取り外しがしやすい便利な方式です。

クランプ式を採用している商品が多いので、満足のいく商品が見つかるでしょう。

グロメット式の取り付け方

ネジ固定より更に強力に固定ができるのがグロメット式です。天板に穴開けを行い、ボルトを通して挟み込みます。強力に固定することが可能です。

机の後ろにスペースが無い場合も、取り付けが可能で省スペースのデスクでもしっかりと固定することが可能です。

モニターアームの動き方

垂直や水平、水平垂直に動くアームは可動範囲によって金額が変わります。

垂直アームの動き方

垂直方向に可動しますが、水平方向に可動はしません。オフィスで個人で利用する等、あまりスペースをとらずにコンパクトに使いたい方におすすめです。

水平アームの動き方

水平方向の可動ができ、高さをあまり変えない方におすすめです。

対面にいる人にも見ることが出来ます。高さを変えることも出来ますが、ネジなどで止めていたり操作に時間が掛かる商品が多く、手間が掛かるため、高さ調整をしたい人には不向きです。

水平垂直アームの動き方

縦方向、横方向、斜め方向に動き、細かく調整が出来て使いやすい。

ガス圧タイプは特にスムーズに動くのでおすすめです。液晶テレビの位置調整を細かく動かせる為、非常におすすめです。金額は水平アーム、垂直アームと比べて高くなります。

VESA FDMI規格

VESA規格はディスプレイの背面取付ピッチを標準で75mm×75mm/100mm×100mm/200mm×200mmのサイズにしています。ディスプレイのインチ数が大きいものは長方形のピッチサイズとなります。

サイズを変換したい場合は、VESA規格変換プレートも商品として売っているため、液晶テレビとモニターアームの規格が異なっている場合は必要になります。

VESA規格は12インチから22インチまでのディスプレイ背面ピッチサイズを75mm×75mm(8kgまで)もしくは10mm×10mm(14kgまで)と決めています。

23インチから31インチは100mm+100mm×100mm(14kgまで)となります。31インチ以上に関しては200mm×n(縦サイズ)x200mm×n(横サイズ)としています。

必ず液晶テレビとモニターアームのVESA規格を確認しましょう。

おすすめの液晶テレビのモニターアーム

液晶テレビのモニターアームのおすすめメーカーはエルゴトロン製品です。可動部分が多く使いやすく、高品質で信頼性が高くおすすめです。オフィスや病院、教育機関など幅広い分野で利用されています。

エルゴトロンは1982年創業のアメリカの会社です。モニターアームの規格の「VESA FDMI」はエルゴトロン創設者のハリー・スウィーアが標準マウントの基礎を築くために1996年から活動を行い、委員会のグループリーダーを務めて2002年に導入されました。

創設者ハリー・スウィーアは関節式マウントにディスプレイを接続することの将来への可能性、ユニバーサルアタッチメントインターフェイスの必要性を世界に広く知らしめました。

モニターアームおすすめ商品をいくつか紹介します。

エルゴトロンLXデスクマウントアーム

デスクへ固定するタイプのアームです。クランプ式とグロメット方式に対応しています。アルミニウム素材で作られたアームは耐久性に優れています。

上下の位置調整をワンタッチで可能、前後左右に調整が出来て、広範囲に可動します。ポリッシュドアルミニウム構造で可動部分の仕上げも綺麗です。34インチまでのモニターが対応しており耐荷重は11.3kgまでの大型ディスプレイに対応した商品です。

エルゴトロン製品の特徴であるスムーズに動きピタっと止まる動作も可能で、片手でも動かせる便利なアームです。上下の位置は33cm可動するため、人間工学的に成人の9割以上が必要になる高さ調整が可能です。

材質は耐久性のあるスチールとアルミニウムで出来ており、メーカー保証期間は10年間と大変長いです。

エルゴトロンLX HD 座位・立位デスクマウントLCDアーム

最大46インチ、13.6kgの大型モニターに対応しており、デスクに設置できます。50.8cmの広範囲で高さ調整が可能な為、座位と立位の切り替えが出来ます。大型の液晶テレビにおすすめのデスクマウントアームです。

エルゴトロンLXウォールマウントアーム

壁取り付けタイプのモニターアームです。ポリッシュドアルミニウム構造で耐久性があり、メーカー保証は10年間となります。34インチまでのスクリーンサイズに対応しており、11.3キロまでの耐荷重、33cmの昇降が可能です。

壁に取り付けてディスプレイを観る人の姿勢に合わせて柔軟に角度や高さを変えられて便利です。より部屋の空間を広く使いたい方に向いています。壁取り付けはネジ固定で太いネジでとめる為、電動ドリルがあると便利です。

モニターアームについてのまとめ

  • 液晶テレビの元々のスタンドは安定性を高める為に台座が大きく邪魔になります。
  • 台座部分がデットスペースとなりスペースの有効活用が出来ず、とてももったいなく感じます。そして位置調整が柔軟でないものが多く、動く範囲は若干の高さ調整と左右の首振り位の可動です。
  • 一方、モニターアームを付ければ90度回転が出来て、角度が自由自在になります。
  • 左右の首振りや平行移動、上下の位置調整も可能です。観る人の姿勢や視線に合わせて、液晶テレビの位置を調整できてストレス無く楽しめます。
  • そして使わないときは隅に寄せてスペースの有効活用が可能な優れものです。液晶テレビを使うときに観やすい場所にアームの可動範囲で移動ができて、観る姿勢に合わせた位置で観れるので身体に負担を掛けない人間工学的な調整が可能な素晴らしい商品です。
  • モニターアームは大きなサイズのテレビに買い換える事も考えて、余裕を持って大画面用のモニターアームを選んでおくと長く使えておすすめです。