写真や文書などを印刷するために、プリンターは欠かせない存在です。プライベートから業務問わず、プリンターを使ったことがある人は少なくありません。

最近では、スマホ連動機能など様々な機能が搭載され操作もどんどん簡単になってきています。昔は、印刷できないと言うトラブルもありましたが現在はそんなトラブルも減っていると言われています。

しかし、たくさんのプリンターが販売されているうえに多機能化が進んでいるため、どのプリンターが良いか悩んでしまう人も多いです。そこでこの記事では、プリンターの選び方や種類など詳しく解説していきます。

どのプリンターを購入するかお悩みの人は、ぜひ参考にしてください。

プリンターの選び方のコツ

主に「印刷方式」「用途」「ランニングコスト」の3つを重視することが、プリンター選びで大切です。まず、「印刷方式」について説明します。家庭用のプリンターの方式は、2つあります。

イラストや写真の印刷を得意としている「インクジェットプリンター」と、大量印刷ができる「レーザープリンター」です。どちらの印刷方式が家庭に合っているかを、きちんと確認しましょう。

インクジェットプリンターには、さまざまなタイプが存在しているため用途に合った機能を持つプリンターを購入しましょう。下記に、主流とされている3タイプを紹介します。

単機能プリンターは印刷のみの利用におすすめ

印刷のみの利用なら、単機能プリンターがおすすめです。機能が印刷だけと限定されている分、本体価格も他のプリンターに比べて安価なうえにコンパクトなサイズとなります。

シンプルで使いやすいので、老若男女問わず扱えるプリンターです。機能が限定されていると言っても、写真・年賀状・パソコンで作成された文書・Web画面の印刷はできます。

フォトプリンターは写真印刷に特化している

写真印刷を楽しみたい人には、フォトプリンターが最適です。

パソコンを持っていなくても、デジタルカメラやスマホから直接印刷できるものが多く使い方も簡単だと言われています。環境さえ整っていれば、出先でも写真の印刷は可能です。

また、コンパクトなフォトプリンターもあるので持ち運びも手軽にできます。写真のみに利用するなら、フォトプリンターを購入するほうがコスパも良いでしょう。

ただし、写真サイズに限定されているためA4サイズやB5サイズの印刷は不可能です。そして普通の文書も印刷したい、と言う人は他のプリンターを購入しましょう。

複合機は幅広い使い方が可能

印刷機能に限らず、コピー・スキャナー・FAXもできるプリンターです。1つのプリンターで様々な使い方が可能なので、家庭向けのプリンターの中でも人気は高くなっています。

また、パソコンを使用せずとも写真・データまで印刷できる高機能なものもあります。サイズ自体は、他のプリンターよりも大きいです。しかし、FAXやスキャナーを別途で購入するより安価なうえにスペースもとりません。

配線や消費電力も1台で済むので、コスパは良いです。スキャナー・コピー・FAXを頻繁に使用している人は、特に複合機が最適と言えます。

スキャナーの場合は、紙媒体を簡単にPDF化することができるので情報をデータとして保存したいときにも役立ちます。

用途で選ぶ場合は、自分に合っている機能が備わっているかを必ず確認することが大切です。必ずしも、多機能だから良いと言うことではないと知っておきましょう。

次に、「ランニングコスト」について説明します。プリンターを購入したからと、終わるわけではありません。プリンターを購入した後は、カートリッジのタイプやインクなども購入する必要があります。

カートリッジのランニングコストについて、紹介します。カートリッジには、主に交換が簡単な「一体型」・単色交換の「分割型」・レーザープリンターに使用される「トナー」があります。

一体型型はインクの交換が簡単

カートリッジの交換は簡単ですが、カラーカートリッジの中の1色を使い切った場合他の色が残っていても取り替えることが必要です。インク代がかかるため、ランニングコストは良いと言えません。

分割型はインク交換のコスパがよい

カートリッジが一色ずつ分かれているため、使えなくなった色だけ交換すれば何度でも使えます。印刷量が多い人などは、コスパが良い分割型がおすすめです。

トナー型は使用頻度が高い人におすすめ

価格自体は、一体型や分割型よりも高めです。しかし、1つのトナーで大量の印刷ができるのでランニングコストは長期的に見るとお得となります。使用頻度が高い人ほど、おすすめです。

また、メーカーによってカートリッジの値段が異なるのでしっかりチェックしましょう。そしてインクも選ぶ場合は、用途に合わせて購入することが大切です。

インクジェットプリンターは家庭向き

小型で、汎用性が高いため家庭用のプリンターだと言われています。インクを紙に直接吹き付ける方式で、色の違いなども細かく再現できます。

手頃な価格で、手に入りやすいのも魅力です。しかし、インクのカートリッジ代がかかる場合が多いのでカートリッジ代も事前に確認しましょう。

レーザープリンターは業務用

大量印刷を得意としているレーザープリンターは、主に業務用として使用されています。本体価格は、どんどん安くなっているので家庭向けのものも増加しています。

トナーを熱で紙に付着させ印刷する方式で、印刷物の耐水性に優れておりランニングコストも安いです。解像度自体は、インクジェットプリンターに劣ります。

カラー印刷にこだわる人は、インクジェットプリンターも一緒に購入するのも良いでしょう。

複合機のメリット

複合機の最大のメリットは、コピー・スキャナー・FAXを1台で使えることです。また、パソコンを使用しなくても使えるものも販売されているため、持っていると何かと重宝します。

サイズも大きめですが、FAXなどを置くよりは省スペースです。コスパ、機能面を重視する人ほど最適なプリンターでしょう。

プリンターの人気メーカー

プリンターでおすすめのメーカーは、3つあります。1つ目は、世界最大の市場シェアを誇るキャノンです。キャノンは、機能面で見るとバランスがよく文書・写真も綺麗に印刷できます。

購入することに悩んだ場合、キャノンを選ぶことが無難です。2つ目は、エプソンとなります。エプソンは、ラインナップが豊富でオフィス用と家庭用で企業で推奨しているプリンターも異なります。

印刷速度も早く、安定した人気を獲得しています。3つ目は、ブラザーです。

FAX機で有名になったメーカーで、FAX機をベースにしたプリンターは個人事業主や小さなオフィスで大人気です。A3用紙が印刷可能なプリンターも多く販売されています。

おすすめのプリンター

おすすめのプリンターを紹介します。

EPSON ハガキプリンター PF-81

価格は、39796円です。パソコン不使用でも、年賀状を簡単に作成できます。大量に年賀状が必要になる人は、こちらの製品がおすすめです。

有名作家の年賀状テンプレートも、大量にあります。

brother レーザープリンター JUSTIO HL-3170CDW

価格は、17768円となります。インクジェットプリンターとあまり変わらない価格で購入できるうえに、無線LANや自動両面印刷まで対応しています。ランニングコストを抑えたい人に向いている製品です。

Canon PIXUS PRO-10S

価格は、59764円です。A3プリントからレーベルプリントまでこなせる優秀な製品となっています。他にも、10色の顔料インクも搭載しているのでカラーが鮮やかで綺麗です。

おすすめの複合機

EPSON Colorio V-edition EP-30VA

価格は、48445円です。写真印刷に特化した複合機となります。鮮やかなカラーと高い保存性を持っている写真をプリントすることが可能です。スマホプリントにも対応しています。

EPSON カラリオ PX-049A

価格は、5934円となります。価格自体は安価ですが、機能面は非常に優れものです。プリンター・コピー・スキャナーも難なくこなし、無線LAN機能も搭載されています。

スマホの写真も簡単にプリントすることも可能です。

プリンターについてのまとめ

  • プリンターを選ぶ場合は、「印刷方式」「用途」「ランニングコスト」を重視しましょう。
  • インクジェットプリンターは、主に家庭用で安価・色鮮やかな写真を印刷できます。レーザープリンターは、業務用として多く使用され大量印刷が得意です。
  • 複合機は、コピー・スキャナー・FAXを多く利用する人に適しています。
  • プリンターで人気のメーカーは、キャノン・エプソン・ブラザーです。