ボームメルシエケープランドの概要と歴史

「ケープランド」は、スイスの時計界を支え続ける名門ブランド「ボーム&メルシエ」から販売されているメンズウォッチです。

スイスの時計メーカーとして名を馳せるボーム&メルシエの歴史は、1800年代に遡ります。1830年に、ファミリービジネスとしてボーム兄弟がスイスに時計工房を開いたのが始まりで、最新の革新的技術を取り入れた質の高い時計を作る工房として高く評価され、規模を拡大しつつ現代に至ります。

後にメルシエ氏という新たなビジネスパートナーとの出会いをきっかけに、社名を現社名に変更しました。世界の中で、最も古い時計業界の中に名を連ね、その歴史を途絶えさせることなく、現在においても革新的な作品を世の中に発信し続けています。

卓越した品質を誇るボーム&メルシエは「いかなる妥協もせず、最高品質の時計だけを作る」というモットーを掲げ、自社製時計に対して、極めて厳密な規格を定めています。

スイスにある時計製造工場において、一連の専門家が作業を分担するという形態の元、最高級の技術を駆使しながら、時計の組み立て作業が行われています。

女性も時計に関心を持っていることにいち早くきづき、女性用の腕時計のモデル製作にも積極的に取り組みました。さまざまなモデルを製造する中で、「ケープランド」は、1948年に製作された「クロノグラフ」にインスピレーションを得て誕生したスポーツシックなモデルです。

伝統的なデザインをしっかりと受け継ぎながらも、エレガンスでヴィンテージな風合いが時計の中に漂います。

ボームメルシエケープランドの特徴

ケープランドの特徴は、何といってもストップウォッチ機能を備えた「クロノグラフ」にあります。クロノグラフのムーブメントは、「LaJoux-Perret」社によって、ボーム&メルシエのために作られたものです。

ゴールドやスティール製のケースをはじめ、オートマティックムーブメントを搭載し、中にはクロノグラフ機能において便利な、「フライバック」機能を搭載したモデルもあります。

半径44㎜のケース内に収められている文字盤は、レトロな色合いと「ブレゲ」タイプの針が特徴的で、その見た目に品格を与えてくれます。
ブラウンまたはブラックのアリゲーター・ストラップが、時計を洗練された印象に仕上げ、男性らしさを象徴する演出をしてくれます。

テレメーターが音の伝達速度を伝え、タキメーターが瞬間的な速度を計測するという機能性も充実し、デザインと機能性のどちらも申し分ない仕上がりとなっています。

高精度なスイス製の機械式ムーブメントや、日常生活を送るうえで利便性の高い機能が数々備えられ、海外をまたにかけて活躍する人々の要望を、しっかり満たしてくれる腕時計です。

ボームメルシエケープランドの価格帯

価格帯
ボームメルシエケープランド
¥440,000~¥448,000

ケープランドの価格帯は、¥448,200から¥2,397,600と大きく開きが見られます。
ケープランドの中にもさらにいくつかのモデルがあり、モデルにより価格帯にも違いがあります。

1番低価格なものでも44万円代と、高額なものになっていますが、¥448,200という価格設定のモデルはたくさんあるため、選択しやすくなっています。機能タイプとして、クロノグラフやタキメーター、テレメーターが備えられています。

ケープランドの中でも1番高価な¥2,397,600というモデルは、「CAPELAND-10233」です。
限定ウォッチとして誕生したこのモデルには、ブラックアリゲータブラスレットがついています。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ