いよいよ4K・8Kの衛星放送が始まり、テレビ番組の高画質化によって、録画に必要なデータ容量も大幅に増えることになりました。

HDD(ハードディスク)レコーダーや録画可能なテレビには「長時間録画」というデータ圧縮モードもありますが、せっかく大画面のテレビを買ったのに画質を落とすなんてもったいない、と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで活用したいのが録画用外付けHDDです。最近ではテレビやレコーダーの多くが、別売りの外付けHDDに対応しています。内蔵HDDの容量不足で録画時間が足りなくなっても、外付けHDDを増設すれば簡単に容量を増やすことができます。

そこで、ここでは録画用の外付けHDDの選び方と、おすすめ製品について解説します。

録画用外付けHDDの選び方

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの録画用外付けHDD

HDDの容量はここ数年で飛躍的に増大しています。生産数の増加で価格が下がり、高コスパの外付けHDDが多数ラインナップされるようになりました。まずは予算を決めてから、以下のポイントをおさえましょう。

録画用外付けHDDは録画専用にする

録画用外付けHDDを選ぶときにまず気をつけたいことは、テレビ録画の記録方式はPC(パソコン)用とは全くちがう、ということです。両者の記録方式には互換性がないので、HDDをレコーダーとPCで共用することはできません。

PC用のHDDを録画用に使うと、元のデータは完全に消去され、フォーマットの形式も変わるので、復元することができません。

同じようにレコーダーで録画したHDDを、PCで視聴することもできません。HDDはPC用とテレビ用では全く別物と考えて、個別に導入するようにしてください。

耐久性で選ぶ

テレビ録画対応のHDDは、24時間常時稼働を前提に耐久性を重視しています。

テレビ番組を録画予約すると、HDDは自動的にスタンバイモードに入り、テレビを消したあとも通電状態を維持します。使い方によってはサーバーなみの稼働率になるので、安価なHDDや中古品では故障する可能性が高くなります。

テレビ録画には24時間録画に対応した耐久性の高いHDDを選びましょう。

SeeQVault対応で選ぶ

SeeQVault(シーキューボルト・略して「SQV」とも)は著作権保護のために新しく策定された規格です。SeeQVaultに非対応の外付けHDDにデジタル放送を録画すると、そのとき接続していたテレビかレコーダでしか再生することができなくなります。

一方、SeeQVault対応のレコーダーとテレビで、同じくSeeQVault対応の外付けHDDに録画した場合は、HDDを他のSeeQVault対応のテレビやレコーダーにつなぎかえても番組を視聴できるほか、microSDカードに保存してスマートフォンやタブレットでも視聴できるようになります。

いまお持ちのテレビやレコーダーがSeeQVault対応機ではないとしても、外付けHDDをいま選ぶとしたら、将来を見据えてSeeQVault対応製品を選んだ方がよいでしょう。

容量で選ぶ

デジタルテレビ放送を録画するには、どれくらいの記録容量が必要でしょうか。たとえばデジタル放送を非圧縮で録画するDRモードで、1TB(テラバイト)のHDDに録画する場合、4K放送で約53時間、BS/110度CSデジタルハイビジョン放送では約89時間、地上デジタルハイビジョン放送は約126時間録画できる計算になります。

したがって地デジしか見ない方や、録画した番組を見たらすぐに消すという方は1TBでじゅうぶんかもしれません。

一方、衛星放送などの高画質放送を非圧縮でたくさん録画したい方や、多チャンネル同時録画対応の全録レコーダーを活用する方は、予算が許す限り容量が大きいHDDを選びましょう。

接続方法で選ぶ

外付けHDDの接続方式としては、USBケーブルでつなぐのが一般的ですが、LANでネットワークに接続する「NAS(Network Attached Storage)」というタイプもあります。

NASは外付けHDDというよりサーバーに近い機能があり、テレビ番組を録画再生するだけでなく、録画した番組や写真を、ホームネットワークやインターネット経由で、外部から視聴したり、管理したりすることができます。

そのためNASは通常のHDDよりも価格が高く、設定にはネットワークに関する広い知識が必要になります。単にテレビを録画再生するだけなら、LAN接続は必要ありません。

テレビやレコーダーメーカーの対応品を選ぶ

録画用の外付けHDDを選ぶときは、お手持ちのテレビやレコーダーなど録画機器のメーカーを確認し、購入したい外付けHDDが対応機種に含まれるどうかを、あらかじめチェックしてください。

可能性は高くありませんが、外付けHDDと録画機器との相性が悪く、正常に機能しないことがあります。

外付けHDDと録画機器がともに国内メーカーであれば、各メーカーの公式サイトで対応機種を公開しています。わからないときは、サポートセンターにメールか電話で問い合わせましょう。

HDDのタイプで選ぶ

録画用の外付けHDDは、ポータブル型と据え置き型のふたつに大別できます。

ポータブル型はノートPC用の2.5インチHDDを内蔵したモデルで、軽量小型で場所をとらず、電源をUSB給電でまかなうことができます。デメリットは据え置き型に比べて容量が小さく、価格が高いことです。

一方、据置型はデスクトップPC用の3.5インチHDDを内蔵しています。容量もサイズも大きく、電力もUSB給電では足りないので、専用のコンセントが必要になります。

据置型はポータブル型よりも大容量で、低価格なのが魅力です。専用の電源とやや大きめの設置スペースは必要ですが、録画用の外付けHDDは日常的に持ち歩くものではありませんので、できれば据置型を選ぶことをおすすめします。

 

おすすめの録画用外付けHDD

バッファロー(BUFFALO)HDV-SQU3/VCシリーズ

バッファローの-SQU3/VCシリーズは、パナソニック製のブルーレイレコーダーDIGA(ディーガ)に対応した録画用の据え置き型HDDです。USBは3.1に対応し、容量別に1~4TBまでの4機種をラインナップしています。

いずれもSeeQVault対応なので、同じSeeQVault対応機器で録画したデジタル放送番組を別の対応機種に接続して楽しむことができます。内蔵ドライブには厳選された高信頼品を採用し、24時間連続録画にも安定した動作で対応します。

動作音を抑えた静音設計もおすすめポイントのひとつです。

BUFFALO SeeQVault対応 3.5インチ 外付けHDD 3TB HDV-SQ3.0U3/VC
created by Rinker
バッファロー
¥16,980(2019/10/18 14:17:53時点 Amazon調べ-詳細)

アイ・オー・データ(I-O DATA) AVHD-PUTSQシリーズ

アイ・オー・データのAVHD-PUTSQシリーズは、SeeQVaultに対応したテレビ録画用のポータブル外付けHDDです。

USBは3.1に対応。シャープと東芝のテレビとレコーダーに対応しています。容量別に1TBのAVHD-P1UTSQと2TBのAVHD-P2UTSQの2機種をラインナップしています。

省電力のポータブル型なのでコンセントは不要。付属のフックでテレビの裏側に取り付けることもできます。

テレビの録画を外付けで行うレコーダーのまとめ

  • テレビやレコーダーが外付けHDD録画に対応していれば、容量不足になっても外付けHDDを加えて録画時間を延ばすことができます。
  • テレビ録画用の外付けHDDは、パソコンと兼用できません。
  • 外付けHDDはSeeQVault対応品がおすすめです。