2015年にApple Watchがデビューして以来、スマートウォッチは今なお賛否と評価の分かれるウェアラブルデバイスですが、マーケットは着実に発展しています。

最近ではIoT技術を利用した多機能モデルや、保守的な人にも受け入れやすいアナログデザインのハイブリッドタイプも増えてきています。そこで、ここでは多様化する最新のスマートウォッチについて解説します。

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチは、スマートフォンの子機のようなものです。親機のスマホとBluetoothでワイヤレス接続して、遠隔操作で親機のアプリや機能を利用することができます。

たとえば、重要な会議のさなかにクライアントのメールを今か今かと待っているとき、同席者の前でスマホを見るわけにはいきません。でもスマートウォッチなら、メールやSNSの着信をバイブで知らせてくれるので、腕時計を見るように、手首のディスプレイを確認するだけです。

バッグやポケットからスマホを取り出す必要はありません。ほかにもスケジュール表示や音楽再生、親機のバッテリー残量の確認なども可能です。オフタイムもスマートウォッチがあれば、ジョギングしながら、Bluetoothのワイヤレスイヤホンで音楽を楽しんだり、走った距離や場所、心拍数や血圧などをリアルタイムで記録したりすることができます。

就寝中も装着していれば、毎日の生活リズムや睡眠の質までも記録することができます。それらの計測データを解析し、手軽に健康管理ができるのも、スマートウォッチならではのメリットです。

ハイブリッドスマートウォッチ

スマートウォッチは興味あるけど使いたい機能は多くない、という方や、あの未来っぽいスクエアなデザインに引いてしまう、という方におすすめしたいのが、ハイブリッドスマートウォッチです。

「ハイブリッド」というと自動車のようですが、スマートウォッチのハイブリッドは、見た目はふつうのアナログ腕時計のようでありながら、スマホと連携した通知機能をあわせ持つ、ニュータイプの腕時計です。

現在、主流のハイブリッドスマートウォッチは、ふつうのアナログ時計とスマートウォッチのハイブリッド(かけあわせ)というよりは、アナログ時計寄りのモデルが多く、文字盤には液晶ディスプレイが全くないか、あってもわずかなモデルがほとんどです。

ビジネスやフォーマルなシーンで着用しても、場違いな印象はありません。

スマートウォッチの選び方

小さなボディにさまざまな機能を搭載したスマートウォッチ。購入する際は以下のポイントを確認し、自分に合ったモデルを選びましょう。

対応OS

スマホやパソコンと同じように、スマートウォッチにも対応できるOSとできないOSがあります。

現在のスマートウォッチ用OSは、Appleの 「watch OS」と、Googleの「Wear OS by Google」の2つに集約されています。watch OSはApple専用のOSですので、Android系スマホと連携することはできません。

一方、Wear OS by Googleは、同じGoogleのAndroid系スマホはもちろん、iPhoneにも部分的に対応することができます。

ただしスマホのOSがあまりに古いと、対応できない場合があります。スマートウォッチを選ぶときは、お手持ちのスマホのOSに対応できるかどうかを事前に確認することをおすすめします。

機能

スマートウォッチのおもな機能としては、電話やメール、SNSなどの通信・通知機能、ダイエットやフィットネスなどの健康管理機能、SuicaやFelicaなどの電子マネー機能、 音楽の再生機能 などがあります。

さらにSIMフリーのスマートウォッチを使えば、スマホと連携しなくてもインターネットや電話機能が使えるようになります。

IPコード

日本工業規格では、電化製品の防水や防塵の性能について、IPコードという数値で等級を規定しています。スマートウォッチも耐久性を示すデータとして、「防水防塵機能:IP67等級」のようにカタログ表記されることがあります。

「IP67」は防塵等級が6、防水等級が7という意味になります。IPコードは一般的な家電や精密機器用の指標ですので、アウトドアウォッチなどヘビーデューティーなモデルの性能評価には適しません。そこで機種によってはMIL(ミル)規格という アメリカの軍用規格を適用してタフネスぶりをアピールしています。

バッテリー

スマートウォッチの最大の弱点はバッテリー切れの早さです。全面ディスプレイ型のスマートウォッチは、ほとんど毎日のように充電しなければなりません。充電の回数を減らしたい方は、1回の充電で長く使えるモデルを選ぶか、電池式あるいはソーラー発電で充電不要のモデルを選びましょう。

スマートウォッチの寿命

スマートウォッチを選ぶ場合、ふつうの腕時計のように長く使うことができるかどうかも気になるポイントです。

充電式バッテリーを内蔵したスマートウォッチの場合、内蔵バッテリーの寿命が、本体の寿命になってしまうことがあります。

バッテリーは3年経過すると充電容量の劣化をはっきり感じるようになります。そのときバッテリー交換費用が高ければ、買い換えを検討することになるでしょう。

最新のスマートウォッチおすすめ

Apple Watch 4 GPSモデル

iPhoneの愛用者におすすめなのが最新のApple Watch 4 GPSモデルです。おなじみのスクエア型ケースをさらに薄型化し、裏蓋にはサファイアクリスタルとセラミックを採用。

心拍センサーは電気式と光学式の2タイプを搭載。SiPには64ビットのデュアルコアプロセッサS4を採用するなど、すべてがグレードアップしています。



ソニー wena wrist pro

スマートウォッチの機能を時計ではなく、ベルト側に内蔵することで、手持ちの腕時計をハイブリッドスマートウォッチにするという「コロンブスの卵」的な発想のモデルがwena wrist proです。ベルト部分にはFeliCaを内蔵し、電子マネーにも対応できます。一度の充電で一週間ほど使用できるのも魅力です。

created by Rinker
wena(ウェナ)
¥36,580(2019/02/20 10:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
wena(ウェナ)
¥32,270(2019/02/20 10:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

カシオ Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30

WSD-F30はカシオのアウトドア向けスマートウォッチ、プロトレック・スマートシリーズの最新作です。ディスプレイはカラー有機ELとモノクロを重ねた二層式で、地図や高度、気圧、方位などの表示が可能。充電式バッテリーは1回の充電で最大3日間利用できます。

created by Rinker
SmartOutdoorWatch(スマートアウトドアウォッチ)
¥42,577(2019/02/20 10:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
SmartOutdoorWatch(スマートアウトドアウォッチ)
¥43,500(2019/02/20 10:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

安価なスマートウォッチ

HUAWEI(ファーウェイ) Band2

HUAWEIのBand2は軽量コンパクトなブレスレット型スマートウォッチです。5気圧防水なので、着用してプールに入ることも可能です。対応OSは、Wear OS by Googleと、iOS。健康管理やフィットネスに役立つ便利な機能を満載しています。バッテリーは通常使用で8日、最大で21日間使えます。

itDEAL スマートブレスレット

itDEAのスマートブレスレットはIP67等級の防水防塵性能を誇る、ブレスレット型のスマートウォッチです。Android4.4以上と、iOS8.0以上に対応し、メールやメッセージの着信通知をはじめ、毎日の健康管理と生活習慣の改善に役立つ機能を備えています。

スマートウォッチの最新情報まとめ

  • スマートウォッチはスマホと連携して利用する腕時計型の多機能ウェアラブルデバイスです。
  • スマートウォッチはIoT技術を利用して、ユーザーの健康管理に役立つアドバイスを提供することができます。
  • 最近はデザインがアナログ的なハイブリッドスマートウォッチも人気です。