アウトドアシーンでの撮影に大活躍するのが、アクションカメラです。

自分で身に着けて撮影しフォームを確認したり、運動会などの動きが激しいシーンでの撮影をしたりする場合も、アクションカメラならしっかり記録に残せます。

しかし、アクションカメラは全体的にコンパクトデジタルカメラより高額です。

特に、最新の性能が搭載されているアクションカメラだと、50000円以上なことも少なくありません。アクションカメラに興味があっても、価格でためらう方も存在すると言われています。

そんな方におすすめなのが、中華アクションカメラです。中華アクションカメラなら、価格が圧倒的に安くデザインがおしゃれな商品も多数あります。

コスパ良好、アクションカメラ初心者でも手を出しやすい中華アクションカメラは、最近注目度が高まっています。

一方、中華アクションカメラのことに関する知識がまだ十分でない、選び方のポイントを知らないと言う方もいるでしょう。そこでこの記事では、中華アクションカメラの選び方やGoProとの違いなどを詳しく解説します。

中華アクションカメラとはなにか?

中華アクションカメラとは、安価なのにGoProのようなスタイリッシュでおしゃれなデザイン・GoPro用のアクセサリーを流用できる点が魅力的です。

様々な中国のメーカーが商品を発売しており、無名から大手まで幅広くなっています。

また、激安アクションカメラに限らず、GoProよりも少し安い程度の高級なアクションカメラもあります。基本性能はしっかりしているため、使い勝手の面も問題ないと言えるでしょう。

アクションカメラに触れたことがない初心者から、リーズナブルなのに最新機能が搭載されているアクションカメラを使用したいベテランの方まで、選択できる豊富なラインナップも魅力です。

GoProとの違いは「値段」「性能」「機能」

アクションカメラを販売しているメーカーで、特に有名なのがGoProです。GoProと中華アクションカメラの違いは、「値段」「性能」「機能」となります。

例えば、GoProの価格帯が40000円~50000円程度なのに対し、中華アクションカメラの価格帯は8000円~15000円程度です。また、中華アクションカメラだとアクセサリーが購入時から揃っています。

ですから、価格やコスパを重視する場合は、GoProより中華アクションカメラのほうが向いているでしょう。一方、防水性能や画質、映像の滑らかさなどの「性能」や「機能」に関しては、GoProのほうが優秀です。

安定した性能、高画質などを重視するならGoProが良いと言えます。予算との兼ね合い、どのような動きを撮影したいかによってアクションカメラを選ぶことがベストです。

中華アクションカメラの選び方

中華アクションカメラを選ぶ場合は、「価格帯」「SoC」「手ブレ補正」「保証」を確認しましょう。特に手ブレ補正や保証は、中華アクションカメラを購入するうえで非常に重要になります。

下記に、各ポイントについて説明します。是非、ご覧ください。

中華アクションカメラの選び方①:価格帯

中華アクションカメラの最大の魅力は、安さです。そのため、中華アクションカメラを選ぶ際は、価格帯も重要なポイントとなります。価格帯で選ぶことによって、自分の予算を超えない商品が選びやすいです。

基本的に中華アクションカメラは、10000円を超える商品だと「画像処理エンジンの有無」「予備バッテリー」など、チェックすべきポイントが増えます。

ですから、10000円以下の商品が欲しい方は、自分にとって必要最低限となる機能が搭載されているかを要チェックです。

必要でない機能が搭載された中華アクションカメラを選ぶと、予算を大幅に超えたり結局その機能を使わなかったりするので、購入前にしっかり吟味する必要があります。

中華アクションカメラの選び方②:SoC

イメージセンサーは、映像の質を左右する要素なので必ず確認しましょう。カメラは、画質が綺麗なほどフレームレートが多くなります。

フレームレートが多くなると、情報量が膨大になってしまいSoC(チップとも表記される)の性能によっては、処理しきれなくなる可能性が高いです。

高級な中華アクションカメラの場合、イメージセンサーやSoCが日本のメーカーが使用しているものと同じなことがほとんどと言えます。

ただし、激安中華アクションカメラだと、イメージセンサーとSoCが貧弱なこともあります。ですから、画質にこだわる方の場合は、SoCなどを一切妥協しないのが大切です。

なるべく安価な中華アクションカメラが欲しいなら、SoCとイメージセンサーを比較後に購入するかを判断しましょう。

中華アクションカメラの選び方③:手ブレ補正

最近の中華アクションカメラは、電子式手ブレ補正が搭載されている商品が多いです。また、高級中華アクションカメラなら光学式手ブレ補正が搭載された商品も存在します。

光学式手ブレ補正があると、より綺麗で鮮明な写真を撮影できます。ただし、モードなどによって手ブレ補正が機能しないことも少なくありません。
使う前に、どのシーンでの使用が可能なのかをきちんとチェックすることが必須です。

中華アクションカメラの選び方④:保証

アクションカメラを初めて使う、と言う方は日本語説明書だけでなく保証の有無も確認しましょう。中華カメラは、日本製に比べて個体差がとても激しいです。

ですので、購入してすぐに壊れてしまう、と言うハプニングも起こることがあります。アクションカメラは、性質上使い方が激しくなる可能性が高いため、アクションカメラの扱い方に慣れていないなら保証がある商品が無難です。

正規の輸入代理店であれば、独自保証がついていることがほとんどなのであらかじめ見ておくと良いと言えます。

おすすめの中華アクションカメラ

おすすめの中華アクションカメラを紹介します。

WIMIUS L1

価格は、4999円です。この商品の最大の特徴は、SONY製イメージセンサーを搭載し魚眼レンジ補整もできることと言えます。

安価なのに、高画質で充実した機能を搭載しているコスパ最高な商品です。また、色んな使い方ができるのもこの商品のメリットとなります。

車載モードを使用してドラレコ代わりに使用・ループ録画など、機能面が優れていることにより使い方の幅も広がります。

さらに防水ケースなど付属品も充実しているため、様々なシーンで活躍できるでしょう。日本語説明書もあるので、アクションカメラ初心者に特におすすめの商品です。

APEMAN A80

価格は、8469円となります。この商品は、豊富なアクセサリーと4K25fpsの高画質動画を手軽に撮影できる点がメリットです。

例えば、防水ハウジングにバッテリーを2個付けているので、予備バッテリーに関して心配する必要がありません。それに加えてこの商品は、画質やアクセサリーに限らず、機能面も優秀です。

ドラレコ用に利用できる車載モードや、タイムラプス・ループ撮影も手軽にできます。また、Wi-Fiに対応しているため、スマホでの遠隔操作も可能です。

高画質で色んな用途に使用することが多い方は、この商品が適しています。

中華アクションカメラについてのまとめ

  • 中華アクションカメラは、安価なのにおしゃれなデザインでアクセサリーが充実しています。また、リーズナブルで最新機能が搭載されている商品もあります。
  • GoProとの違いは、「値段」「性能」「機能」です。
  • 「性能」や「機能」は、GoProが優秀でコスパやアクセサリーの豊富さは中華アクションカメラが優れています。
  • 中華アクションカメラを選ぶ際は、「価格帯」「SoC」「手ブレ補正」「保証」を要チェック