こちらの記事は2019年3月1日の記事を2020年05月08日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・子供用のヘッドホンなら安心して使えるの項目を追記いたしました。
・子供用ヘッドホンのおすすめを2020年05月08日の情報に更新いたしました。

この記事では、子供用のヘッドホンの選び方や使い方、おすすめ商品などを解説します。

ご家族やお子様との外出の際、電車や飛行機での移動中はお子様におとなしくしてほしい場面が多々あるでしょう。

そんな時に役立つのが、動画や音楽など楽しめるタブレットやスマートフォンですが、公共機関では音漏れしないようにヘッドホンやイヤホンを使用する必要があります。

この記事を読むことで、お子様が耳につけても問題ないヘッドホンを購入する検討ができます。

子供用のヘッドホンなら安心して使える

子供用のヘッドホンは、安心して子供に使わせられるのが魅力です。

子供がヘッドホンを使う際に、大音量で使う可能性がある事が懸念としてあげられます。

もしも大音量の音を聴くのが習慣化してしまうと、若くして難聴を引き起こしてしまう可能性があります。

子どもの耳は大人よりも弱いため、より注意を払っておかなければなりません。

子供用のイヤホンやヘッドホンであれば、音量制限が設けられているため安心です。

子供がついいじってしまうコード類も、ワイヤレス接続のモデルであればいらないため安心でしょう。

子供用に作られたものの中から選ぶことで、難聴のリスクを防ぐことができます。

子供用ヘッドホンのタイプ

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型は、耳をスッポリと覆うタイプのヘッドホンです。

種類が豊富で入手しやすく、子供向けのデザインのものも多く発売されています。

子供向けの商品が多く、折りたたみやすく持ち運びにも適したものもありますが、安価で種類が多い反面、壊れやすいものもあるため、購入の際はレビューなどを確認するとよいでしょう。

カナル型

カナル型は、耳に深く挿入して使うイヤホンタイプです。

超軽量でかさばらないなどの長所もありますが、耳にフィットしないと不快であったり、子供用は種類が少なかったりするなどの短所もあります。

場所を取らず、遮音性も高いですが、子供の耳にしっかりとフィットするものを選ぶ必要があるため、イヤーピースのサイズはしっかりと選定する必要があります。

子供にはオーバーイヤー型のヘッドホンがおすすめ

カナル型は持ち運びには便利ですが、子供には装着感がよい商品が適しているため、気軽に装着できて不快感のないオーバーイヤー型がおすすめです。

カナル型に比べ、サイズが大きくかさばりますが、折りたたみができて軽量タイプのものも多く、またお子供向けにデザインされた商品も多いため、子供にはオーバーイヤー型がおすすめです。

子供用ヘッドホンの選び方

難聴対策を考えて選ぶ

前述の通り、子供の耳は敏感でデリケートなため、子供用ヘッドホンは難聴対策を考えて選ぶのが大切です。

難聴になるリスクは「音量×時間×頻度」で決まるとされているため、子供用のヘッドホンを選ぶ際は、音量・時間・頻度に制限できるヘッドホンを選ぶ必要があります。

子供用のヘッドホンには音量制限が付いた商品も多く発売されているため、ヘッドホンを選ぶ際は、音量制限有無の確認を行ってから購入するのが大切です。

収納のしやすさで選ぶ

ヘッドホンの多くは、持ち運びを目的として開発されているため、収納のしやすさや、持ち運びのしやすさも、子供用のヘッドホンを選ぶ際のポイントです。

重さや、折りたたみ機能が付いているかなどを確認しておくとよいでしょう。

音質で選ぶ

音質で選ぶのもヘッドホン選びのポイントです。

使うヘッドホンによって、聞こえる音質が異なったり、モードによって音質を変更できたりするものがあります。

音質は使用目的に応じて適した音質があり、動画や音楽、スピーチや授業など、聞くものによって適した音質が異なります。

その他機能を考慮する

Bluetooth機能やノイズキャンセリング機能など、状況や目的に適した機能が搭載されているヘッドホンを選ぶことも、子供用ヘッドホンを選ぶポイントです。

ノイズキャンセリング機能が付いていれば、外からの騒音に負けないように音量を高める必要がないため、子供の難聴リスクを抑えることができます。

Bluetooth機能は、無線状態でヘッドホンを使用することができるため、コードの絡まりや断裂などを防ぐことができます。

状況や頻度を事前に想定して、適した機能が搭載されているモデルを選ぶとよいでしょう。

子供用ヘッドホンの使い方

機内プログラムでヘッドホンを使う

飛行機などで楽しめる映画や音楽などの機内プログラムは、飛行機で配られるヘッドホンで楽しむことができますが、子供の耳に合わない場合があるため、その子に合った子供用ヘッドホンがあると便利です。

しかし、飛行機内では、使用するプラグがデュアルジャック式になっている場合も多いため、専用アダプターを用意する必要があるでしょう。

DVDプレイヤーで利用する

車の移動中などで、ポータブルDVDなどに子供用ヘッドホンを接続して観させれば、長い移動でもおとなしくしてくれる場合も少なくありません。

しかし長時間移動や、車内で電源が確保できない場合は、DVDを長時間視聴することができないため、充電式のDVDプレイヤーを用意する必要があります。

車の座席のヘッド部分に引っ掛けれる、専用のDVDケースも用意すれば、快適にDVDの視聴を楽しむことができます。

【広告】骨伝導イヤホン myFrist Headphone BC

子供用ヘッドフォン myFirst 商品画像

 

myFrist Headphone BCは骨伝導技術により、耳をふさがず開放感たっぷりに音楽を楽しめます。耳孔をふさがないので、音楽を聴きながらでも周囲の環境音(車の音や信号の音、緊急車両のサイレンなど)をしっかり聞き取れます。またイヤホンを耳に入れないため、運動時の汗などによる耳の病気を避けることができ、外耳道の健康を守ります。

イヤパッドには柔らかい素材を採用。長時間の再生でも痛くなりにくい設計となっています。眼鏡を使用されるお子さんでも、気にせずにヘッドホンを楽しむことができます。

デザインは人間工学に基づいたスポーツデザインを採用。重量も59gと軽量で耳への負担を最小限にとどめ、快適で安定した装着性を実現しました。

また、最大音量を85dBに制限し、大切なお子さまの耳に負担をかけません。

付属品として可愛いアクセサリーがあり、その日の気分にあわせてカスタマイズ可能です。

またドレカウ特典でamazon上でこちらのクーポンコード【EF8ZFYQN】を利用すれば、現在行われている20%オフから更に500円OFFで購入することが可能です。

クーポンコード
EF8ZFYQN

子供用ヘッドホンのおすすめ

Onanoff BuddyPhonesはアウトドアでの使用におすすめ

Onanoff BuddyPhonesは、折り畳み可能なヘッドバンドに加えて耐久性が非常に高いつくりにより、アウトドアでの使用にもおすすめです。

6等級の防塵性能と7等級の防水性能を持つため、雨などの水にぬれても安心して使うことができます。

お子様の聴力を保護するために、85デシベルを最高値ボリュームにするための音制御回路が内蔵されています。

JBL JR300BTはビビットなカラーが魅力

JBL JR300BTは、子どもたちの幼心をくすぐるビビッドなカラーデザインが魅力のBluetoothヘッドホンです。

子供の使用にも安心な設計もされており、ボリュームは常に85dB未満に制限されます。

誤操作による大音量での再生を防ぎ、難聴を引き起こす可能性を防いでいるため安心です。

ヘッドバンドの内側とイヤーパッドには柔らかいクッション材を使用しており、耳元が痛くならないように工夫されています。

Promate Flexure BLUEはフレキシブルな本体素材が安心

Promate Flexure BLUEは、フレキシブルな素材を全体に使っており、頭への負担を心配せずに使えるヘッドホンです。

頑丈な構造をしているため、アクティブなお子さんの使用でも安心です。

難聴対策である音量リミッター機能も搭載されているだけでなく、ノイズキャンセリング機能搭載により、音楽に没頭する事もできます。

子供用ヘッドホンについてのまとめ

  • 子供の耳は敏感でデリケートなため、難聴対策が施されたヘッドホンを選ぶことが重要です。
  • 主に外出時の移動や待ち時間で使うことが想定されるため、持ち運びがしやすく、収納しやすいヘッドホンを選ぶのがポイントです。
  • 状況や使用頻度を事前に想定して、便利な機能が搭載されてる子供用ヘッドホンを選ぶのもポイントの一つです。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ