この記事ではご家族やお子様との外出の際に役立つ、子供用のヘッドホンの選び方や使い方、おすすめ商品などを解説していきます。

ご家族やお子様との外出の際、電車や飛行機での移動中はお子様におとなしくしてほしい場面が多々あるかと思います。

そんな時に役立つのが動画や音楽などをお子様に提供する、タブレットやスマートフォンなのですが、公共機関では音漏れしないようにヘッドホンやイヤホンを使用する必要があります。

この記事を通してお子様が耳につけても問題ないイヤホンを探すことができるようになるでしょう。

子供用ヘッドホンのタイプ

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

子供用ヘッドホンのおすすめ商品

ここではまず、子供用ヘッドホンのタイプをご紹介いたします。

オーバーイヤー型

耳をスッポリと覆うタイプのヘッドホンで、種類が豊富で入手しやすく、子供向けのデザインのものも多く発売されています。

子供向けの商品が多く、折りたたみやすく持ち運びにも適したものもありますが、安価で種類が多い反面、壊れやすいものもあるので、購入の際はレビューなどを確認しましょう。

カナル型

耳に深く挿入して使うイヤホンタイプで、超軽量でかさばらないなどの長所もありますが、耳にフィットしないと不快であったり、種類が少ないなどの短所もあります。

場所を取らず、遮音性も高いですが、子供の耳にしっかりとフィットするものを選ぶ必要があるため、商品をしっかりと選定する必要があります。

子供にはオーバーイヤー型のヘッドホンがおすすめ

カナル型は持ち運びには便利ですが、子供には装着感が良い商品が適しているため、気軽に装着できて、不快感のないオーバーイヤー型がおすすめと言えます。

カナル型に比べ、サイズが大きくかさばりますが、折りたたみができて軽量タイプのものも多く、またお子供向けにデザインされた商品も多いため、子供にはオーバーイヤー型がおすすめと言えます。

子供用ヘッドホンの選び方

ここからは、子供用ヘッドホンの選び方を項目別に解説していきます。

難聴対策を考える

子供の耳は敏感でデリケートなため、安全性の低い大音量で長時間音を聞くと、それが常態化して難聴になるリスクが高くなります。

難聴になるリスクは「音量×時間×頻度」で決まるとされているので、子供用のヘッドホンを選ぶ際は、音量・時間・頻度に制限できるヘッドホンを選ぶ必要があります。

子供用のヘッドホンには音量制限が付いた商品も多く発売されているので、ヘッドホンを選ぶ際は、音量制限有無の確認を行ってから購入しましょう。

収納のしやすさで選ぶ

ヘッドホンの多くは、持ち運びを目的として開発されているので、収納のしやすさや、持ち運びのしやすさは、子供用のヘッドホンを選ぶ際にもポイントになります。

使用頻度や状況などを事前に想定し、それに適した軽量タイプのものや、折りたたみ機能が付いた、収納や持ち運びがしやすいヘッドホンを選びましょう。

音質で選ぶ

使うヘッドホンによって、聞こえる音質が異なったり、モードによって音質を変更できたりするものがあります。音質は使用目的に応じて適した音質があり、動画や音楽、スピーチや授業など、聞くものによって適した音質が異なります。

また、子供の難聴になるリスクは、ヘッドホンから聞こえる音質によっても影響があるため、使用状況や使用頻度に応じて、音質を変更できるヘッドホンがおすすめです。

その他機能を考慮する

Bluetooth機能やノイズキャンセリング機能など、状況や目的に適した機能が搭載されているヘッドホンを選ぶことも、子供用ヘッドホンを選ぶポイントです。

ノイズキャンセリング機能は外部からのノイズに強く音を快適に聞くことができ、また、質の高い音質も維持できるため、子供の難聴リスクを抑えることができます。

Bluetooth機能は、無線状態でヘッドホンを使用することができるので、コードの絡まりや断裂などを防げます。状況や頻度を事前に想定して、それに適した機能が搭載されている子供用のヘッドホンを選びましょう。

子供用ヘッドホンの使い方

子供用のヘッドホンには、見せるもの・聞くものや、状況によって、それぞれ使い方やシチュエーションが異なります。

ここでは、子供用ヘッドホンの使い方や、ヘッドホンを使用するシチュエーションなどを、項目別に解説していきます。

機内プログラムでヘッドホンを利用

飛行機などで楽しめる映画や音楽などの機内プログラムは、飛行機で配られるヘッドホンで楽しむことができますが、子供に合わない場合があるため、子供用ヘッドホンがあると便利です。

しかし、飛行機内では、使用するプラグがデュアルジャック式になっているため、専用アダプターは必須です。

DVDプレイヤーで利用する

車の移動中などに、ポータブルDVDなどに子供用ヘッドホンを接続すれば、長い移動でも子供がおとなしくしてくれます。

しかし長時間移動や、車内で電源が確保できない場合は、DVDを長時間視聴することができないので、その際は充電式のDVDプレイヤーを用意しましょう。

車の座席のヘッド部分に引っ掛けれる、専用のDVDケースも用意すれば、快適にDVDの視聴を楽しむことができます。

【広告】骨伝導イヤホン myFrist Headphone BC

子供用ヘッドフォン myFirst 商品画像

 

myFrist Headphone BCは骨伝導技術により、耳をふさがず開放感たっぷりに音楽を楽しめます。耳孔をふさがないので、音楽を聴きながらでも周囲の環境音(車の音や信号の音、緊急車両のサイレンなど)をしっかり聞き取れます。またイヤホンを耳に入れないため、運動時の汗などによる耳の病気を避けることができ、外耳道の健康を守ります。

イヤパッドには柔らかい素材を採用。長時間の再生でも痛くなりにくい設計となっています。眼鏡を使用されるお子さんでも、気にせずにヘッドホンを楽しむことができます。

デザインは人間工学に基づいたスポーツデザインを採用。重量も59gと軽量で耳への負担を最小限にとどめ、快適で安定した装着性を実現しました。

また、最大音量を85dBに制限し、大切なお子さまの耳に負担をかけません。

付属品として可愛いアクセサリーがあり、その日の気分にあわせてカスタマイズ可能です。

またドレカウ特典でamazon上でこちらのクーポンコード【EF8ZFYQN】を利用すれば、現在行われている20%オフから更に500円OFFで購入することが可能です。

クーポンコード
EF8ZFYQN

子供用ヘッドホンのおすすめ商品

ここからは、上記で紹介した子供向けヘッドホンの選び方や使い方を踏まえ、子供用ヘッドホンのおすすめ商品を紹介していきます。

子供専用ヘッドホン ダイナミック密閉型 折りたたみ式 Anble キッズヘッドフォン

子供の耳をやさしく守る、安全に配慮した低感度設計が施されていて、出力音圧レベルを設定することによって、誤操作によって生じる大音量から子供の耳を守ってくれるので、安心して使用できます。

商品重量が127gの軽量タイプで、折りたたみもできるので、外出時の持ち運びにもおすすめです。カラーバリエーションも豊富で、デザインもシンプルな子供向けなので、子供のスタイルやファンションに合わせて商品を選べます。

Mimoday 子供用 ヘッドホン キッズ用 ヘッドホンボリューム制限 85dB 密閉型

85dBまでの音量制限機能が搭載された子供向ヘッドホンで、快適な装着感が子供にもおすすめです。

バンド部分は自由に折り曲り、また耐久性も高い設計がされているので、外出時の使用にもおすすめです。有線タイプのヘッドホンですが、コードは1mと短めに設計されているため、コードの絡まりなどのリスクも最小限に抑えています。

子供用 ヘッドホン FOSTO FT58 キッズ用 ヘッドホン ステレオ 折りたたみ式 密閉型 ヘッドホン マイク付き MP3

スタイリッシュなデザインが施されたコンパクトな軽量タイプの子供用ヘッドホンで、形状記憶イヤーパットなので、折りたたんでの持ち運びもできます。

子供の耳をやさしく守る、安全に配慮した低感度設計がされており、また、マイクが内蔵されているので、スマートフォンや携帯電話などでハンズフリー通話も行えます。

子供用ヘッドホンのまとめ

  • 子供用ヘッドホンには主に、オーバーイヤー型とカナル型の2つのタイプがあり、着け心地や使いやすさをなどから、子供にはオーバーイヤー型がおすすめと言えます。
  • 子供の耳は敏感でデリケートなため、難聴対策が施されたヘッドホンを選ぶことが一番重要と言えます。
  • 主に外出時の移動や待ち時間で使うことが想定されるので、持ち運びがしやすく、収納しやすいヘッドホンを選ぶのがポイントです。
  • 状況や使用頻度を事前に想定して、それに適した便利な機能が搭載されてる子供用ヘッドホンを選ぶのもポイントの一つです。