NOMOS Glashutte オリオン ブルーハンドの歴史と概要

NOMOS(ノモス)は、1992年にドイツで創業された腕時計ブランドです。はじまりは1906年に同じくドイツのグランヒュッテで創立された時計メーカーであり、一流と呼ぶにふさわしい高い技術力とデザイン性を誇っています。

そのデザインの洗練さ・繊細さは、国際的プロダクトデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞するほどであり、世界的にも大変高い評価を受けています。

また、そのような評価を受けるシックでシンプルな美しい時計が比較的リーズナブルな価格で購入することができる点を魅力として、日本でも幅広い世代の男女ともに人気をはくしています。

その中でもノモスブランドのオリオンブルーハンドは、シンプルさを最大限追求した繊細かつデザイン性に優れたモデルです。

ノモスのブランド自体が時計としての構造・文字盤・ベルトなどのデザインすべてがハウス調のシンプル設計になっていますが、オリオンブルーハンドはさらにシンプルさを強調し、その中にノモスらしい洗練さと技術力の全てを結集しています。

シンプルだからこそシーンを選ばずに着用することができる優れたデザイン性を持っているのがオリオンブルーハンドです。

特にオリオンブルーハンドはノモスらしいオシャレさを持つ文字盤の繊細さが最大の特徴となっており、比較的安価なブランドにも関わらずハイブランドにも引けを取らないビジネスシーンに対応できるポテンシャルを持ったシリーズです。

時計にもっとも多いホワイトをベースに極限まで削った文字盤はただのシンプルでは終わらせません。そこが男女差や年齢差をも越えるつけやすさとデザイン性を誇っている所以です。

またプライベートのシーンにはノモスブランドに多い鮮やかな明るいブルーの針を採用しており、その大胆な配色がつける人の魅力を前面に引き出し、公私問わずに着用できる一品に仕上がっています。

NOMOS Glashutte オリオン ブルーハンドの特徴

ノモスブランドにおけるオリオンブルーハンドの最大の特徴は、文字盤の洗練されたシンプルさとベルトやヒューズに施された繊細な加工にあります。

ノモスブランドとしても基本的にハウス調のシックでシンプルなデザインが採用されていますが、中でもオリオンブルーハンドは限界まで削りとった文字盤配置で、ノモスらしい実用性を体現しています。

そのような余白に美をひそませたデザインの中に、大胆にも鮮やかなブルーを配色することで、シンプルながらも着ける人を飽きさせない長年愛用されるようなデザインへと進化させました。

シンプルさの中にデザイン性を調和させるというノモスらしい美学が細部にまで光っています。

極限までシンプルかつミニマムにこだわるからこそのミニットマーカー、アワーインデックスの繊細なタッチは、ノモスにしかできない素晴らしい腕時計を作り上げています。

メーカーとしてもシンプルさを追求することはよりこだわりと技術が強調され、強い個性を押し出す結果となっています。

このようなオリオンブルーハンドは、手巻きにしても自動巻きにしてもその美しさを失いません。ノモスの自社製キャリバーはノモスブランドのデザインと調和してこそ、その真価を発揮するのです。

NOMOS Glashutte オリオン ブルーハンドの価格帯

価格帯

NOMOS Glashutte オリオン ブルーハンド

\23,800から

早くから人気をはくしているノモスブランド・オリオンブルーハンドですが、価格帯としてはおおよそ23.800円程度からと推移しています。

ドイツの誇る一流の時計ブランドとしては、若い世代であっても比較的購入しやすく、オフィスワークやプレゼントといったシーンにもその活躍が見られます。

オリオンブルーハンドはシンプルだからこそ今まで他モデルではできなかった繊細かつ大胆な配色を可能にし、定番のホワイト以外の多彩な色をベースとしたモデルが人気を集めています。

また種類が少なくなりやすい手動巻きモデルでも取り扱いが多く、よりデザイン性と個性にこだわりたい方にオススメです。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ