この記事では、ボトルポーチについて解説をいたします。

ランニング用のボトルポーチは、財布やスマホ、ペットボトルなど、ランニングの際に常備しておきたいものを、手ぶらで持って行くことができる便利なアイテムです。

ボトルポーチには、走る際の振動でも揺れにくいフィット感を重視したモデルが多くなっています。

この記事では、様々なタイプのボトルポーチの紹介と解説をするため、ぜひご自身に合ったボトルポーチを探してみてください。

ボトルポーチはランニングに最適

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ボトルポーチのおすすめ5選

ボトルポーチは、ジョギングやマラソンなど、ランニング用に設計された収納アイテムのことで、その用途から「ランニングポーチ」とも呼ばれます。

短時間のランニングであっても、完全な手ぶら状態でのランニングは難しいものです。

鍵や小銭をポケットに入れたまま走ると、ジャラジャラと気になる音が出てしまったり、最悪の場合、走る際の振動で落としてしまう心配もあります。

ランニングの際の収納アイテムとしては、通常のウエストポーチやリュックサックでも代用できないことはありませんが、通気性やフィット感、重量を考慮すると、専用に設計されたランニング用のボトルポーチが利便性の面で最適です。

ランニング用のボトルポーチの形状は、腕に巻く「アームバンド」タイプ、腰に装着する「ウエストポーチ」タイプ、多めの荷物が入る「リュック」タイプの3つがあります。

その中でもウエストポーチタイプは、ほどよい大きさで、長時間のマラソンでも必要なものが全部入るため、ランニング用としてぴったりのボトルポーチです。

ボトルポーチの人気メーカー

ランニングに便利なボトルポーチは、主に「ナイス」や「アシックス」、「アディダス」、「ミズノ」など、定番スポーツ用品メーカーから販売されています。

また、機能性の高いアウトドア用品を開発している「ノースフェイス」、ファッション性の高いフランスのウィンタースポーツメーカー「サロモン」など、国内外の様々なメーカーから各種販売されています。

他にも、安価でも十分な機能を持った、コスパの高いノーブランドのボトルポーチも人気です。

ミリタリーボトルポーチなども人気がある

ランニング用のボトルポーチの他にも、登山や沢登りなど、本格的なアウトドア向けのミリタリーボトルポーチも人気です。

ランニング用のボトルポーチよりも丈夫な素材が使用されており、防水性に優れています。

特に登山などハードなアウトドアシーンで活躍してくれるでしょう。

ボトルポーチの選び方

揺れないものを選ぶ

ランニング用のボトルポーチは、体につけたまま走ることを前提に設計されていますが、どうしても走りの振動による「ズレ」が発生してしまいます。

そのため、少しでも揺れにくいように、ベルト部分の長さが微調整できるフィット感のよいものや、きつく固定できるものがおすすめです。

また、ゴムのように伸縮性のあるものは幅広い体型に対応ができますが、その分伸縮性により揺れが大きくなってしまうため、ズレにこだわる方は注意が必要です。

どうしても腰回りの揺れが気になる方は、アームタイプやリュックタイプのボトルポーチも視野に入れるとよいでしょう。

大きさをチェックする

収納サイズが大きいほど荷物が多く入りますが、その分重くなり、揺れやすくなります。

持って行くものがスマホやICカード、鍵程度であれば、アームタイプや、小型のウエストポーチタイプでも十分です。

ペットボトルや財布、タオルや着替え、音楽プレイヤーなど、大きめの荷物を持って行く予定がある場合は、用途にあった収納サイズを事前に確認しましょう。

重要なのは、どのようなタイプでも荷物が重いほど揺れやすくなるということです。

少しでも揺れを軽減するために、小銭の代わりにお財布ケータイやICカードを持ったり、ペットボトルの水の量を必要最低限にして途中で補充するなど、荷物を減らすための工夫をすることが大切です。

素材を確認する

大切な荷物を収納するボトルポーチは、素材も重要なポイントとなります。

防水加工・撥水加工されたものであれば、激しい汗をかいたり、急な雨に降られても安心です。

また、メッシュ素材で作られたものであれば、通気性がよいため、不快なムレを軽減することができます。

夜間にランニングするのであれば、車のヘッドライトなどの光を反射させる「再帰反射素材」が使用されたボトルポーチが、安全性が高くおすすめです。

形や柄などのデザイン

ランニングを継続するためには、ご自身のお好みのデザインを見つけることも大切です。

ボトルポーチはファッションの一部として、各メーカーから形や柄にこだわった、様々なデザインのモデルがリリースされています。

慣れ親しんだメーカーのモデルを選んだり、気に入ったデザインのボトルポーチが見つかれば、毎日のランニングも飽きずに継続することができるでしょう。

ボトルポーチのおすすめ5選

asics ウエストポーチ ランニングボトルポーチ

アシックスのランニングボトルポーチは、伸縮性の高いストレッチ素材で、装着しながらでも動きやすいボトルポーチです。

軽量で通気性の高いメッシュ素材を採用しており、500mlのペットボトルが2本収納可能なので、長時間に渡るマラソンや登山にも向いています。

MIZUNO ランニング ボトルポーチ J3JM8506

ミズノのボトルポーチ「J3JM8506」は、ボトルホルダーにアルミウレタンを使用した、熱と水に強いボトルポーチです。

ランニング中でも開閉し易いファスナーや、微調整の効くベルトで使い勝手の良い品となっています。

THE NORTH FACE ウエストバッグ Endurance Belt NM61711 S

ザ・ノースフェイスの「NM61711 S」は、通気性の高いエアメッシュと、穴あきベルクロで、軽量さと透湿性を追求したボトルポーチです。

他のメーカーと比べるとやや値は張るものの、本格的なレース用に設計された高い機能性で、激しい汗をかいてもムレにくく、快適にランニングをすることができます。

[ザ・ノース・フェイス] ウエストバッグ Endurance Belt ブラック
created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥10,890(2019/11/17 14:26:43時点 Amazon調べ-詳細)

SALOMON ウエストバッグ SENSIBELT

サロモンの「SENSIBELT」は、独自の3D形状ボトルと伸縮性のある素材で、快適なフィット感を実現したボトルポーチです。

メッシュ素材で通気性もよく、スタイリッシュなデザインで人気の品となっています。

[サロモン] ウエストバッグ SENSIBELT メンズ NS Black
created by Rinker
SALOMON(サロモン)
¥4,408(2019/11/17 14:26:43時点 Amazon調べ-詳細)

itDEAL ランニング ポーチ【最新進化版 防水/防汗】

こちらのランニング用ボトルポーチは、2019年8月現在、Amazonの「登山用ポーチ」部門、「ランニングポーチ」部門ともに1位の人気の品です。

1,000円強と破格ながら、撥水性・収納性・軽量感・フィット感など、ボトルポーチとして必要な機能が搭載されています。

コスパ重視の方や、初めてボトルポーチを試してみたい方におすすめの一品です。

ボトルポーチについてのまとめ

  • 荷物を収納し、体に装着することで、手ぶらでランニングすることができる便利なアイテムが「ボトルポーチ」です。
  • ボトルポーチの形状は、腕に巻く「アームバンド」タイプ、腰に装着する「ウエストポーチ」タイプ、多めの荷物が入る「リュック」タイプの3種類があります。
  • ボトルポーチは、ランニングの振動でもずれにくいフィット感の良いもの、通気性の良いメッシュ素材を使用したもの、防水加工されたものが人気となっています。
  • どのようなタイプのボトルポーチでも、荷物が重いほど揺れやすいので、少しでも揺れによる「ズレ」を軽減するために、荷物を減らすための工夫をすることも大切なポイントです。