ここでは、ゴルフボールの種類や選び方、おすすめ商品を解説します。

ゴルフボールは一見どれも同じですが、種類によって飛び方や回転のかかり具合が異なります。

スイングがきちんとできているのにスコアがいまいちであるという場合、ゴルフボールが合っていない可能性が高いです。

この記事を読むことで、どのようなゴルフボールを選ぶべきか判断できます。

ゴルフボールの種類

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ゴルフボールの種類別のおすすめ

ディスタンス系は初心者におすすめ

ディスタンス系のゴルフボールの特徴は、カバーが硬く、コアが柔らかいことです。

カバーとは、ボールの表面の部分のことであり、コアの内部を意味しています。

ディスタンス系のボールでショットしても、あまり回転がかかりません。

しかし、その分飛距離が出るというメリットがあるため、技術力があまりない初心者に向いているボールです。

パワーやクラブに頼らずとも、ボールの性能を活かして遠くまで飛ばすことができるため、女性にもおすすめできるタイプです。

スピンよりも飛距離を重視したショットを好む場合は、ディスタンス系がよいでしょう。

スピン系は上級者に人気のタイプ

スピン系のボールの特徴は、カバーが柔らかく、コアが硬いことです。

ディスタンス系とは硬さの面で反対のつくりになっていることがわかります。

また、スピン系のボールの場合、ディスタンス系ほど簡単に飛距離を出すことはできません。

しかし、回転をしっかりかけられるというメリットがあります。回転量を増やすことによってボールをうまくコントロールしたい人にも向いています。

スピン系のボールを使うことで、いいところでボールを止めるなどのコントロールショットもしやすくなるため、上級者からはとても人気が高いです。

ゴルフを始めたばかりのころはディスタンス系のボールを使い、技術が身についてきた段階でスピン系のボールに移行する人も少なくありません。

第3のボールはバランス重視の人におすすめ

第3のボールとは、技術が進歩したことによって生まれた新しいタイプのボールです。

ディスタンス系、スピン系のそれぞれの良さを持っていることが特徴であるため、バランス型と言えるでしょう。

回転量を抑えてボールの飛距離を伸ばすことができ、回転量を増やすことによるアプローチショットも可能です。

万能のボールとも言われているため、多くの人から人気があります。

しかし、ディスタンス系ほど飛距離は出ず、スピン系ほど回転がかからないため、飛び抜けた要素を好む人には向いていません。

基本的には、バランス重視の初心者におすすめできるタイプです。

ゴルフボールの選び方

ヘッドスピードに合ったものを選ぶ

スイング時のヘッドスピードに合ったボールを選ぶことが一つの方法です。

ヘッドスピードとは、ボールに当てるヘッド部分のスピードを意味しています。人によってスイングの仕方やパワーが異なりますので、ヘッドスピードにも差がでるでしょう。

ボールがどの程度のヘッドスピードに合っているのかについては、個々の商品のパッケージに記載されているため、簡単に選ぶことができます。

しかし、自分のヘッドスピードがわからないという人もいるでしょう。その場合には、一度ゴルフショップで測定してもらうのがおすすめです。

ゴルフショップであれば「試打」という形であるため、無料で測定してもらうことができます。

しかし、試打の場合は自分のクラブを持ち込んで測るということは基本できない事に注意が必要です。

スライスかフックかで選ぶ

スライスとはボールに右回転がかかることであり、ショット時に右方向へ飛んでいきます。

まっすぐボールを飛ばしたいときに右に曲がってしまうのはミスであるため、改善の必要があります。

基本的に、スライスぎみのショットになる人は回転量が多すぎることが問題であるため、無駄な回転を抑えるディスタンス系のボールを選ぶのがおすすめです。

フックとはボールが左方向に飛んでいく現象を意味します。

まっすぐ飛ばしたいのに左に寄ってしまうというのもミスであるため、スライスと同様に改善の必要があるでしょう。

フックぎみの人は、ボールに対してあまり回転をかけられていないケースが多いため、回転がかかりやすいスピン系のボールを選ぶのがおすすめです。

ボールに必要な回転をかけることができれば、弾道が修正され、飛距離も伸びるでしょう。

ピース数で選ぶ

ピース数とは、ボールの構造を意味するものです。

具体的には、カバーと1層のラバーで構成される2ピース、カバーと2層のラバーで構成される3ピース、カバーと3層のラバーで構成される4ピースがあります。

層が厚い方が性能が高く、自分の持っている技術に合わせやすいのが特徴です。

より安定したゴルフと高いスコアを目指す場合は、3ピースや4ピースのゴルフボールを選ぶといいでしょう。

しかし、層が厚いゴルフボールは比較的高価であるため、初心者の人やボールを頻繁になくしてしまうという人は、2ピースのゴルフボールがおすすめです。

2ピースは安価であるため、気軽に多くの品を購入することができます。

ディンプル数で選ぶ

ディンプルは、ゴルフボールにおける「くぼみ」の部分を意味します。

ディンプルの数はゴルフボールによって異なるため、多いか少ないかで選ぶというのも一つの方法です。

ディンプル数が多いほどに空気抵抗が小さくなるため、より遠くまで飛ばすことができます。

パワーに自信がない人は、ディンプル数が多いボールを選んでみるとよいでしょう。

パワーに自信がある人には適していない事に注意が必要です。

ディンプル数の多いボールを強い力で叩くと、ボールが高く浮き上がってしまい、結果的に飛距離が伸びない可能性があるためです。

パワーがある人の場合には、ディンプル数が少ないボールを選ぶといいでしょう。

価格で選ぶ

ゴルフボールには、高いものもあれば安いものもあります。

高いボールの方が性能がいいケースが多いですが、ゴルフの基本を学んでいる人にとって、高いボールは不要でしょう。

練習用のボールを高価なものに統一してしまうと、購入するたびに費用がかさんでしまいます。また、ボールの性能が良くても、基本のテクニックが身についていない段階ではスコアは伸びていきません。

初心者のうちは安いボールを使用し、ある程度上達してきた段階で性能のよいボールの購入を検討してみてもよいでしょう。

季節や気候に合ったもので選ぶ

季節に合わせたボールを使うということも、安定したスコアを出すにあたって重要です。

冬はボールが硬くなるため、普段と同じような感覚でショットすると飛距離が落ちてしまいます。

冬はやわらかいボールを使うようにすることが一つの方法です。

最初から柔らかいボールを使うことで、気温が低い時でも硬くなりすぎることはないため、安定した飛距離を出せるということになります。

このように、季節や気候に応じて柔軟にボールを変えていくのもおすすめです。

ゴルフボールの種類別のおすすめ

初心者・中級者向けのゴルフボール

ディスタンス系のおすすめ:BRIDGESTONE TOURSTAGE EXTRA DISTANCE

BRIDGESTONE TOURSTAGE EXTRA DISTANCEは、直線的な弾道を実現しやすいボールです。

弾道をコントロールしたりボールに回転をかけたりするのは難しいですが、あまり強い力を出さずとも遠くまで飛ばせる点がメリットです。

2ピースで価格帯も安いため、たくさん練習したい初心者の人にはピッタリのボールでしょう。

ホワイト、イエロー、オレンジの3種類から選ぶことができるため、好きなカラーをチョイスしてみるとよいでしょう。

スピン系のおすすめ:Callaway SUPER SOFT MAGNA

Callaway SUPER SOFT MAGNAは、ソフトな感触が特徴のゴルフボールです。

スピンをかけやすいだけでなく、ある程度の飛距離が出るように調整されているため、初心者にもおすすめできるボールです。

Callaway SUPER SOFT MAGNAのもう一つの特徴として、サイズが大きいという点があげられます。

ボールのサイズが大きければ、ショットの際にボールを捉えやすくなるため、経験の浅い人にとっては魅力でしょう。

第3のボールのおすすめ:TITLEIST  HVC SOFT FEEL

TITLEIST  HVC SOFT FEELは、飛距離が出る一方で、回転もかかりやすいボールです。

ボールを飛ばしつつ、要所で技術を発揮したい人に適しています。

飛び抜けた要素があるわけではありませんが、バランスタイプで扱いやすいため、初心者~中級者におすすめです。

また、性能が高いながらも2ピースであるため、安い値段で購入できます。

上級者向けのおすすめゴルフボール

ディスタンス系のおすすめ:DUNLOP SRIXON  Z-STAR XV

DUNLOP SRIXON  Z-STAR XVは、ソフトな感触が特徴のゴルフボールです。

ある程度ヘッドスピードの速さが必要になりますが、とても遠くまで飛ばすことができるため、飛距離重視の人には適しています。

従来のDUNLOP SRIXON  Z-STAR XVよりも技術面が進歩したことにより、スピンの性能も高くなっています。

ディスタンス系でありながらスピン性能も高いという優れたボールなため、非常におすすめです。

スピン系のおすすめ品:TITLEIST Pro V1

TITLEIST Pro V1は、ティーショット時のコントロール性に定評があるボールです。

スピン系であるがゆえに操作しやすく、要所でのアプローチショットもやりやすいため、メリットが大きいです。

また、スピン系というと飛距離に悩まされるイメージがありますが、TITLEIST Pro V1の場合はスピン系の中でも飛距離が出る方になるため、弱点を克服したボールと言えるでしょう。

ヘッドスピードの速さが必要になるため、初心者にはあまりおすすめできないものの、上級者からは高い人気を誇っています。

第3のボールのおすすめ品:DUNLOP XXIO UX-AERO

DUNLOP XXIO UX-AEROは、構造面の工夫が見られる3ピースのゴルフボールです。

高反発を実現しているため、飛距離を出すことができます。

また、ボールのカバーとクラブフェースの摩擦性がいいため、しっかり回転をかけることができます。

飛距離とスピン性能の両方がほしいという人にはピッタリのボールでしょう。

ヘッドスピードを速くすることにより、さらにボールの性能を引き出すことができるため、上級者には特におすすめです。

ゴルフボールについてのまとめ

  • ゴルフボールには、ディスタンス系、スピン系、第3のボールの3種類があり、飛ばしやすさや回転のかけやすさに違いがあります。
  • ゴルフボールによって、ピース数やディンプル数、価格の面などが異なるため、多くの要素を踏まえた上で自分に合ったボールを選ぶことが大切です。
  • 季節や気候によってボールの質が変化するため、タイプの異なる複数のボールを持っておくことがおすすめです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧