この記事では、ハーフメイクの特徴やポイント、おすすめのアイテムを解説します。

現代では、ハーフモデルやハーフタレントが雑誌やメディアで活躍する場合が多いため、ハーフ顔になれるメイク術が注目されています。

彫が深くハッキリとした顔立ちになるため、人形のような可愛らしさや綺麗さが出るのが魅力でしょう。

この記事を読むことで、ハーフメイクに適した製品購入の検討が出来ます。

ハーフメイクの特徴

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

ハーフメイクおすすめアイテム

ハーフメイクとは、外国人のようなテイストを交えた顔を、メイクによってつくることです。

ハーフメイクをうまくできるようにするためには、下記の特徴に気を付けることがポイントです。

透明感のある肌

日本人らしい黄色をベースにした肌色ではなく、パープル・ブルー・ピンクをベースにする事がハーフメイクのポイントです。

透明感のある肌が特徴的であるため、ただの濃いメイクとならないように注意が必要です。

彫りの深さと引き締まった小顔

ハーフメイクといって一番に思い描くのが、ハッキリとした顔立ちになる彫の深さでしょう。

目元や鼻筋、口元も力強い印象であり、ハーフメイクにより引き締まったシャープな小顔が完成します。

ナチュラルな太眉

目元をハッキリさせるナチュラルな太眉も、ハーフメイクの際に重要なポイントです。

眉毛だけでもハーフメイクに大きく近づけることが出来ます。

カラーはブラウン系が主流で、ただの太くて濃い眉というわけでなく、グラデーションや立体感が必要です。

くっきりした目元

くっきりとした大きな目元を作ることで、外国人らしい印象を作ることが出来ます。

濃くなり過ぎずナチュラルな印象を与えながらも、目力のある仕上がりが必要です。

くっきりとした目元を作ることで立体感が増し、ハーフメイクの中心になるでしょう。

パーツ別のハーフメイクのポイント

アイメイクはアイシャドウの使い方が重要

ハーフのように立体的に見せるベースとして、アイシャドウの使い方が重要です。

まず、ブラウン系のアイシャドウをアイホールや目尻まで広めに塗ります。

立体感のために、さらに濃いアイシャドウをまぶた部分に色を乗せていき、立体感のベースができたら、グリッターアイシャドウでツヤを出します。

パールの入ったシャドウを加える事で、より印象的な目元を演出することが可能です。

仕上げには、ペンシルでインラインを引いて目尻までしっかり引きます。まつげはカールマスカラを塗って、目力をつけたら完成です。

アイメイクは印象が強いため、初心者には難しいポイントであることに注意が必要です。

ベースメイクはシンプルでナチュラルにする

ベースメイクはシンプルにして、ナチュラルにするように心掛けるとよいでしょう。

コンシーラーで気になる部分に塗っていき、あとはフェイスパウダーを塗って、サラッとした印象に仕上げて完成です。

透明感のある肌質をつくるには、基本となるベースメイクが鍵になります。

チーク&リップで明るい印象とふっくらした唇を作る

チークには、顔の血色がよく見えるクリームチークを使用します。

頬の高い位置にチークを乗せる事で、笑った時に明るく元気な印象を与えてくれます。

リップは、縁取りをして立体感を出すのがハーフメイクの特徴です。

口紅を塗った後にグロスを塗ることで、ふっくらとしたリップを実現し、よりハーフメイクらしさを増すことが出来ます。

眉毛は目との距離と色合いがポイント

ハーフメイクの眉毛は、「くっきりとした太眉」と「目と眉の距離感」が大きなポイントです。

目と眉の距離は近くして、色合いも濃いブラウンを使うと良いでしょう。

目尻から外側に向かって色を濃くしていくと、インパクトのあるハーフメイクができます。

いつもより少し太めの眉にして、大きな山は作らずに平行なラインにするように心掛ける事が大切です。

ノーズシャドウは長さに注意する

鼻筋を高く見せるために、高い位置からノーズシャドウを使います。

長くノーズシャドウを引いてしまうと、化粧が濃く見えがちな事に注意が必要です。

基本的には眉間の下に、少しだけ楕円形に塗る程度で、鼻のTゾーンはノーズシャドウではなくハイライトを引いてシャープに見せることがポイントです。

鼻筋は顔全体の立体感を出す中心となるパーツで、目元と同様に大きな印象を与えることができます。

ハーフメイクにおすすめのコスメ

カネボウ ルナソル スキンモデリングアイズ 01は一つで済む品

カネボウ ルナソル スキンモデリングアイズ 01は、ベージュを基調とした4色が入りのアイシャドウです。

まぶた全体からアイホール、目のキワまで、これ1つで仕上げることができます。

モデリングハイライトは、澄んだ輝きがあるため、目元の立体感をうまく表現できます。

ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5は細かく描ける

ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5は、しっかりとした太眉のメイクに欠かすことのできないケイトのアイブロウです。

立体的でナチュラルな眉に仕上げることができ、3段階のブラウン系でノーズシャドウにも使うことができます。

目尻のような細かい部分まで描ける、アイブロウブラシがついています。

レブロン バーム ステイン 045はリップの仕上げに最適

レブロン バーム ステイン 045は、ぽってりとふっくらしたリップの仕上げに最適なリップクリームです。

潤いと艶感を演出ことができるため、グロスいらずの仕上がりが特徴です。

縁取りが必要ないくらいに、立体感のある唇が完成します。

セザンヌ ノーズシャドウ ハイライトは光と影を作れる品

セザンヌ ノーズシャドウ ハイライトは、鼻筋の立体感に効果的なセザンヌのノーズシャドウです。

ハイライトであるため、鼻筋もシャープに、外国人風の顔立ちに近づけることができます。

1つで輝きをつくるハイライトと、影をつくるシャドウに使えるため、小顔に仕上げることも可能です。

セザンヌ ノーズシャドウ ハイライト
created by Rinker
セザンヌ
¥638(2019/11/16 15:12:15時点 Amazon調べ-詳細)

プリマヴィスタ SPF20はしっかりとした下地を作れる

プリマヴィスタ SPF20は、「下地で差がつく-5歳肌」のフレーズで有名な化粧下地です。

ハーフメイクには、透き通った肌感が大切なポイントです。

汗や皮脂によって、テカリやくずれもない、しっかりとした下地に仕上げることが出来ます。

この記事についてのまとめ

  • ハーフモデルやハーフタレントの、外国人風のお人形のような可愛らしさや、綺麗さを表現するハーフメイクにあこがれている人は少なくありません。
  • ハーフメイクのポイントには以下の様なポイントがあります。
    ・透明感のある肌
    ・彫りの深さと引き締まった小顔
    ・ナチュラルな太眉
    ・くっきりした目元
  • 全体的な雰囲気で見ると、彫が深く立体感のある印象がハーフメイクの大きな特徴です。特に目元や眉の仕上がりによって、印象も変わるでしょう。
  • ハーフメイクは、顔の各パーツによってメイクのポイントがあります。
商品一覧