BLANCPAIN(ブランパン) レマンの概要と歴史

BLANCPAINのレマンコレクションは元々西ヨーロッパに存在する「レマン湖」から付けられた名前です。

デザインはスポーティなものが多く、クラシックな部分を継承し続けているのも特徴であり、旅行を趣味としてある人々がよぬ愛用しているのもレマンコレクションです。

他にもアラーム機能や週の表示など便利な機能が備わっているのも人気の一つでもあります。丸型の機械式時計を作らないという理念があるBLANCPAINだからこそ、それぞれのコレクションのデザインにも拘っています。

代表核となるダイバーウォッチからスポーツシリーズのレマンコレクションに編入させたアクアラングはケースのサイズを40mmにあげ、レマンらしく実用性を上げています。

そして70時間のパワーリザーブを搭載させデザインもスポーティに仕上げて歴史を引き継ぐ名作にまでになりました。

また、フライバック・クロノグラフとのコラボしたこともありインパクトあるコレクションとなっていきました。フライバック・クロノグラフとは、時間測定をボタン一つで行える機能です。

94年に発売された2100シリーズはレマンコレクションの初代モデルとされスポーティデザインもここから受け継がれてきました。この初代モデルは100時間のパワーリザーブを搭載し、機能もデイト表示のみのシンプルなデザインながら上品な仕上がりのコレクションです。

当時は金融業界に人気があったレマンコレクションも現在では30代以上の多くの人に愛用されています。

ステンレスモデルでありながら高級感を演出出来ているのはBLANCPAINだけで、レマンコレクション全て手の込んだデザインとなっており、人気が衰えていません。

腕時計 BLANCPAIN(ブランパン) レマンの特徴

レマンコレクションの全て100mの防水機能が備わっています。レマンウルトラスリムモデルの特徴として、レマン特用のスポーティデザインは変わらず18Kホワイトゴールドのケースを用いています。

更にホワイトダイヤルがあしらわれてるのはこのモデルだけという限定品でもあります。男性、女性どちらもオシャレに着用できること間違いなしです。

そしてレマンのミリタリーテイストはシルエットがダイナミックなデザインとなっており、ダブルステップ・ベゼルのケースを使ったスタイルです。

文字盤にhundred hoursと刻まれているのもスタイリッシュさを強めています。アラームや二つのタイムゾーンを備えているものや週表示が出来るカレンダーやラージディトといった便利な機能が備わってるのも全体的にレマンの特徴です。

比較的、旅行者やアウトドア好きに好まれるのはこのような理由からです。他にもブレスレットの部分が魅力的だという理由で好かれています。

ムーフェイズのウーマンコレクションはダイヤが敷き詰めらていて花嫁のティアラというコンセプトで作られ、可愛いさながら実用的な部分もあることから、30代以降の女性に人気です。一味違ったスマートな時計ならレマンがおすすめされるほどです。

BLANCPAIN(ブランパン) レマンの価格帯

価格
BLANCPAIN(ブランパン) レマン
¥1,500,000~¥5,000,000

レマンコレクションの価格帯は150万円から500万円前後です。

フライバッククロノグラフラージデイトの価格帯は150万前後です。その特徴はアリゲーターストラップを用いて38時間のパワーリザーブを搭載しています。

GMTアラームの価格帯は300万前後で、アラームやダブルタイムゾーンが搭載され18Kレッドゴールドのケース、ダイヤルはブラックダイヤモンドとなります。アウトドアに向いている機能で人気のモデルです。

ウィークリーインジゲータートゥールビヨンラージデイトの価格帯は150万前後です。このモデルは限定188本となっており、オパリンダイヤルが使われています。更にトゥールビヨンが搭載されているのも特徴です。

168時間のパワーリザーブを搭載し、ケースは18Kレッドゴールドが使用されています。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ