この記事は大学生におすすめのメイクや、メイク道具を解説します。

大学生でメイクに自信が持てない人や、大学生になってからメイクデビューする人もいるでしょう。

どんなメイクをしたら良いのか、どうやってメイクをすれば良いのかなどが、分からないという人も少なくありません。

この記事を読むことで、大学生のメイクに必要な知識を得て、自分に合ったコスメ品選びの検討が出来ます。

大学生におすすめのメイク

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

大学生におすすめのコスメ

大学生におすすめのメイクは、ナチュラルメイクです。色々な人との出会いがある大学生は、万人受けをするメイクを選ぶ事が大切です。

ナチュラルメイクは、すっぴんのような自然な雰囲気なのに、肌はきれいで血色感があり、目鼻立ちはくっきりしています。

大学生は、メイクが濃すぎず、自然な美しさにきちんと感を持ち合わせたナチュラルメイクがおすすめです。

大学生のメイクに必要なもの

ベースメイク

大学生メイクに必要なベースメイク道具は、化粧下地・ファンデーションです。

しかし、もともと肌のきれいな人はファンデーションなしでも大丈夫です。

肌に気になる悩みがある場合は、コンシーラーも揃えておくと安心できるでしょう。

大学生は肌のきれいな方が多いですが、化粧下地は最低限もっておくことが必要です。

エチュードハウス フィックス&フィックス

エチュードハウス フィックス&フィックスは、カラーバリエーションがあり、つければ長時間メイクが崩れない化粧下地です。

次に使うベースアイテムのノリと、仕上がりをより一層高めてくれます。

お肌を補正し、透明感を引き立ててくれるためおすすめです。

アイメイク

大学生メイクに必要なアイメイク道具は、アイシャドウ・アイラインです。

眉は顔全体の印象が決まる重要なポイントであるため、アイブロウも必要です。

アイシャドウ・アイラインは最低限で、他にビューラーやマスカラも揃えておけば完璧でしょう。

大学生メイクでは、眉毛は自眉を整えると垢ぬけて印象が良くなります。

自眉が足りない人は、アイブロウペンシルで書き足すと良いでしょう。

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ

キャンメイク パーフェクトマルチアイズは、カラーバリエーションが豊富で、コスパも良いため、大学生にうれしいアイシャドウパレットです。

美容保湿成分が配合されています。アイブロウとアイライナーにも使える事が魅力です。

チーク&リップ

チークとリップは、大学生メイクに必須のアイテムです。唇と頬の統一感を持たせるためにも、各1つは持っておくとよいでしょう。

メイク初心者が使いやすいリップは、ツヤ感のある色付きグロスです。

唇に血色感と立体感を与える事が出来ます。チークはリップの色に合わせると、統一感が出ておすすめです。

エチュードハウス ウォーターティントはなめらかに伸びる品

エチュードハウス ウォーターティントは、ウオータータイプのリップティントです。

ウオータータイプであるため軽いテクスチャーで、なめらかに伸び広がります。

べたつく事なく、長時間つややかでみずみずしい唇をキープする品です。

大学生メイクのやり方

ベースメイクは厚く塗りすぎないのがポイント

ベースメイクのやり方のポイントは、ファンデーションも下地も厚く塗りすぎない事です。薄く広く、顔全体をカバーするように伸ばしていくのがコツです。

まずは下地ですが、おでこ・あご・両頬・鼻の5か所に下地をつけ、顔の中心から外側に向かって伸ばします。全体にまんべんなく、薄く塗るのがコツです。

まぶたはアイシャドウを塗る時の注意点は、ヨレを防ぐため塗りすぎないようにする事です。

鼻は汗や皮脂により崩れやすいため、鼻先に向かって少しずつ下地を伸ばすとよいでしょう。

下地を塗り終わったら、仕上げにスポンジでおさえて馴染ませます。

下地が肌に密着し、ムラや皮脂による浮きを防ぐ効果が得られます。

次はファンデーションです。リキッドタイプが均一に伸ばしやすく、乾燥もしにくいのでメイク初心者におすすめです。

いきなり顔につけるのではなく、手の甲などに取りブラシで伸ばして塗ると、均一に広がり厚塗り間が出るのを防ぎます。

小鼻は忘れないで塗るとよいでしょう。

縦グラデーションの簡単なやり方

アイメイクのやり方はのポイントは、慣れないうちはアイシャドウに派手な色を使わない事です。また眉は自眉を活かしてアイブロウをする事が大切です。

メイク初心者にも簡単な縦グラデーションの塗り方は以下の通りです。

ベースカラーとして、ホワイト系のカラーをアイホール全体に伸ばします。

次にミディアムカラーとして、少し薄めのブラウンを使ってアイホールの半分までの個所と目尻に下に塗ります。注意点は目尻は上から下に伸ばし、濃くなりすぎない事です。

最後に、目の際を縁取るように丁寧にダークカラーをのせます。

アイラインはまぶたの形にそって描く

次はアイラインです。目が大きく見え、濃いメイクになりすぎない引き方は以下の通りです。

まず、薄目の状態で、まぶたの形にそってラインを引いていきます。

この時の注意点は、目の幅よりも広めにラインを引く事です。オーバーライン(目の幅よりも広めに引く事)で目元が大きく見え、可愛らしい印象になります。

またラインの幅を太くすると、濃いメイクの印象になるので太くしすぎないことが重要です。

次に、アイライナーを縦に持ち、目頭の形に沿って控えめに線を加えて完成です。

さらにビューラーを使用し、まつげをしっかりカールさせると目がパッチリとした印象になります。

まつげを上げるだけで、手軽るに目が大きく見えるためおすすめです。

ナチュラルな眉はうすい線で形作る

ナチュラルな眉を描く場合は、自眉を整えペンシルでうすく線を描き、眉のおおまかな形を作ります。

眉山は目尻の真上に作るのがポイントです。

眉尻を目尻から45度の位置に作れば完成です。

仕上げに眉マスカラを使うのもよいでしょう。毛並みとは逆方向にのせる事で、ふんわりナチュラルに仕上がります。

リップ&チークは統一感のある色を使うのが良い

リップ&チークのやり方は、統一感のあるカラーを使用する事です。色がバラつくとメイクがアンバランスになり、不自然になってしまいます。

チークはチーク用のブラシに少量とり、笑った時に高くなる個所に乗せます。円を描くようにのせるのがポイントです。

塗る時は明るい場所で塗るとよいでしょう。暗い場所で塗ると、塗りすぎる可能性があります。

リップを塗る時のコツは、唇の中央を多めにのせる事です。唇がぷっくりとした印象になります。

大学生におすすめのコスメ

ミシャ Мクッションファンデーションは新感覚の品

ミシャ Мクッションファンデーションは、スポンジで出来たクッションにみずみずしいファンデーションをしみ込ませた、新感覚のスキンケアファンデーションです。

化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容成分が一つになっています。

ポール&ジョー モイスチュアライジングは美容成分が魅力

ポール&ジョー モイスチュアライジングは、トリートメント効果のある美容成分を配合し、みずみずしく透明感のあるなめらかな肌を演出する化粧下地です。

すみずみまでうるおいで満たし、肌色をふんわりカバーしながらナチュラルなツヤ肌に仕上がります。

WHOMEE マルチグロウスティックはマルチに使える品

WHOMEE マルチグロウスティックは、チーク・ベース・アイカラーとしてマルチに使える便利スティックです。

内側から自然に発色しているような仕上がりになります。

エクセル アイブロウEXはペンとパウダーが付いた品

エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEXは、隙間埋めや繊細なラインも描きやすい楕円芯のペンシルと、濃淡がつけやすくフィットしやすいパウダーの両方が付いたお得なコスメです。

柔らかタッチの立体スクリーンブラシもついています。

エクセル リアルクローズシャドウは色と質感の重ね具合を楽しめる

エクセル リアルクローズシャドウは、色と質感の重ね着を楽しむファッション感覚のアイシャドウパレットです。

保湿成分のスクワラン配合で、目元の乾燥を防ぐのも魅力でしょう。

イヴサンローラン ルージュ ヴォリュプテ シャインは付け心地が良い

イヴサンローランのこの品は、カラーバリエーションが豊富で、見た目も可愛らしいリップです。

グロスやリップクリームのような、かろやかでなめらかな付け心地が特徴です。

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナーはオフが簡単

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナーは、にじみにくく高い耐久性があるのに、メイクオフはぬるま湯で手軽に出来る品です。

目頭から目尻まで、美しいラインを長時間キープする事が可能です。

キャンメイク ウィンクグロウアイズは上品なツヤが出せる品

キャンメイク ウィンクグロウアイズは、しっとりと濡れたような上品なツヤを演出するグロスシャドウです。

リキッドなのにサラッとした付け心地で肌に密着します。

ナチュラルメイクについてのまとめ

  • 大学生のおすすめメイクはナチュラルメイクです。色々な人と出会う大学生には、万人受けするナチュラルメイクがおすすめです。
  • 大学生のメイクに必要な道具は、ファンデーション・化粧下地・アイシャドウ・アイブロウ・アイライン・チーク・リップになります。
    さらにマスカラやビューラー、コンシーラーも揃えて置くとメイクの仕上がりがワンランク上がるでしょう。
  • 大学生のメイクのやり方には、それぞれポイントがあります。ベースメイクのポイントは、薄く広く顔全体をカバーするように伸ばす事です。
  • アイメイクのポイントは、慣れないうちはアイシャドウは派手な色を使わない事です。眉は自眉を使うのが良いでしょう。
  • チークとリップのポイントは、色に統一感を持たせる事です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧