暑くて外に出たくない方へのデリバリーサービス
 

この記事では、一人暮らしのベッドの選び方やおすすめ商品を紹介いたします。

一人暮らしでベッドを選ぶ際に悩む人は少なくないでしょう。

この記事を読んで、ベッドの特徴や選び方を理解すれば、一人暮らしに最適なベッドを選べるようになるでしょう。

ベッドの種類

一人暮らしに重宝するベッドは、スペースを有効に使えるものや使い勝手のよいもの、シンプルで空間をすっきり見せるものです。

ここでは、普通のベッドとは違う、一人暮らしに最適なベッドの特徴を紹介いたします。

ロフトベッド

ロフトベッドは空間を有効に使うのに優れているベッドです。

普通のベッドとは違い床面が高い位置にあるため、ベッドの下のスペースを立体的に使えます。

ロフトベッドの床面の高さには種類があります。

デスクやソファなどを置き、ベッドの下を活動スペースにしたい時はハイタイプ、タンスや収納ケースを置きベッドの下を収納スペースにしたい時はミドル又はロータイプがおすすめです。

スペースを有効利用できるため、ひとり暮らしの強い味方になります。

しかし、マットレスが簡易なものが多いため、寝心地面では他のベッドより劣ってしまいます。

また、天井に近くなるため、人によっては圧迫感を感じることもあるでしょう。

収納付きベッド

収納付きベッドはマットを置く床面の下に引き出しが付いているベッドです。

ベッド下のスペースを無駄なく有効に使えるので、狭い部屋などで活躍します。

家庭用ベッドとして最も普及している定番の形なので、デザインやカラーが豊富で価格帯も広くなります。

予算や好みに合わせて選べるのが特徴です。

収納付きベッドには収納スペースがある分、ベッドの高さが高くなります。

また、引き出しが付くため、普通のベッドよりもお値段が上がってしまいます。

折り畳みベッド

使う時に出し、使わなくなったら折りたたんで、しまえるのが折り畳みベッドです。

部屋のスペースを有効に使えて便利です。

マットレスの部分は他のベッドに比べて簡単な作りのため、安い価格になります。

来客時に使用したり、オフィスでの簡易ベッドとしても使用可能です。

一人暮らしの場合は、就寝時以外のスペースを確保するのに最適です。

マットレスが簡単な作りのため、普通のベッドより寝心地はやや劣ります。

ソファーベッド

ソファーとしてもベッドとしても使えるソファーベッドは、使い勝手がよいので一人暮らしに最適です。

また、来客の多いファミリーにも人気があります。

ソファーベッドは背もたれを倒すタイプと、座面を引き出すタイプの2パターンに分類できます。

それぞれ変形時に必要なスペースが違うので注意が必要です。

また、座面下に収納スペースが付いたソファーベッドは、収納とソファーとベットの3役をこなせる優れものです。

デメリットは寝心地が普通のベッドに比べると落ちることや、ベットからソファーに変形させる時は布団の上げ下げが必要になります。

脚付きマットレスベッド

見た目がすっきりしている脚付きマットレスベットは、マットレスとフレームが一体化しているのでシンプルなデザインです。

ベッドの存在感が少なく、開放的に利用できます。

マットレスとフレームが一体化している分、ベッドトータルのコストは寝心地が同じレベルのものと比べると他のタイプより低価格で購入可能です。

選ぶ時はマットレスの仕様が寝心地に影響するので、よく確認して自分の欲しいレベルのものを探しましょう。

シンプルなデザインのため、収納は付いていません。

また、マットレスがヘタってしまうと、一式買い替えになるのがデメリットです。

一人暮らしのベッドのサイズ選び

一人暮らしのベッドのサイズを選ぶ際、ポイントが2つあります。

部屋のスペースと自分の体格です。

この2点を考慮すると、最適なサイズのベッドが見つかります。

一人暮らしに妥当なベッドのサイズは基本的にセミシングル、シングル、セミダブルの3種類になります。

  • セミシングル 幅80cm×丈195cm
  • シングル   幅97cm×丈195cm
  • セミダブル  幅120cm×丈195cm

体格が普通な人はシングルで大丈夫ですが、寝相が悪かったりするとセミダブルの方が安心できます。

体格の大きな人はセミダブルが最適です。

反対に体格が小さく、寝相もいい人はセミシングルで部屋のスペースを広く取ることが可能です。

1kや1ルームならスペースを考えて、必要最低限のサイズを選ぶのが妥当です。

多数部屋のある間取りならダブルベッドでも置けますし、スペース的なことを考えずに体格で選べます。

また、ショート丈のベッドも存在し、身長の低い人はスペースが取れるのでおすすめです。

マットレスの選び方

ベッドのマットレス選びは、内部構造により寝心地が変わるので重要になります。

眠りの時間は人生の3分の1になるといわれているため、自分の身体に合った理想のマットレスを見つけることが大切です。

マットレスの基本性能となるのは内部構造です。

内部構造とはスプリングなどの中心部分をさします。

ここでは代表的な3つの構造をそれぞれ簡単に解説いたします。

ボンネルコイル

内部でコイルが連結しており、体を面で支える構造です。

しっかりとした弾力面で体を支えるので寝たときに適度なクッションがあり、快適な寝心地になります。

通気性に優れ長寿命なのがメリットです。

ポケットコイル

コイルスプリングが1つ1つポケット(袋)に包まれていて、それぞれが独立に動くことで体の重さや凹凸に合わせて沈み込む構造です。

耐圧分散に優れているため、腰痛や肩こりの人におすすめの構造になります。

ボンネルコイルより少し柔らかい寝心地です。

ノンコイル

金属スプリングを使用していない構造です。

低反発ウレタンや高反発ウレタンなど素材の種類は多数あります。

スプリングが入っていないため、畳んで収納することが可能です。

素材にもよりますが、耐久性に不安のあるものもあります。

マットレスを選ぶ時は構造の他に、寝姿勢に合わせた硬さを選ぶことも重要です。

仰向けに寝る人は普通の硬さ、うつぶせに寝る人には硬め、横向きに寝る人にはやわらかめが合います。

一人暮らしにおすすめのベッド

2人掛け コンパクト カウチソファ ソファーベッド

オットマンの位置を変えることで、自由自在のスタイルを可能にしたコンパクトなのにゆったりしたソファーベッドです。

お部屋の間取りやシーンに合わせて変形するので便利に使えます。

クッションの中にポケットコイルを採用しているので、体重や体の凹凸に合わせた適度な弾力を提供してくれます。

ベッドとしても寝心地抜群です。

低めの座面で床に近く、身も心もリラックスしたほっと落ち着く空間を実現します。

脚付きマットレスベッド ベッド 一体型 cocoa ポケットコイル

徹底的にこだわり抜いたハイクオリティなポケットコイルを使用した脚付きマットレスベッドです。

組み立ても力のいらない作業だけで大丈夫なので、女性も安心して使用できます。

スペースの有効利用のために脚の高さを通常よりも15cm高くしています。

収納スペースとして使えたり、ホコリの溜まりやすいベッド下の掃除もしやすくなって便利です。

高さ調節可能ロフトベッド キシミ低減マット使用

ソファーベッド特有のキシむ音の原因を徹底的に追求し、キシみにくい素材と構造を採用しています。

脚部には極太パイプを使用しているので、ガタつきなくどっしりと本体を支え安定感が抜群です。

ベッド下は一般的な3人掛けソファーがすっぽり収まるほどの収納力があります。

広々使えるスチールネットもついて、一人暮らしの部屋のスペースを広げてくれます。

一人暮らしのベッドについてのまとめ

  • 一人暮らしにはスペースを有効に使えたり、使い勝手よいベッドが重宝します。狭い部屋にはシンプルで圧迫感のないベッドが開放的です。
  • 一人暮らしのベッドのサイズを選ぶ時は、部屋のスペースと自分の体格を考慮する事が大切です。また寝相が悪い人は体格より大きめのサイズを選んだ方が寝心地はよくなります。
  • ベッドのマットレスの構造は寝心地作用する重要なポイントです。自分の身体に合ったものを選ぶと、快適な睡眠を手に入れれます。マットレスの硬さ選びは、寝姿勢によって選ぶと自分に合うものがわかります。