新型ウイルスコロナや花粉症などの影響で、マスクを必要とする機会が多くなっています。
しかしその結果は肌荒れした方いらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では肌荒れマスクで肌荒れする原因や、肌にやさしい不織布マスクを紹介していきます。

目次

不織布マスクとは?

一般的に家庭で使っているマスクは、ガーゼタイプと不織布マスクがあります。
ガーゼタイプと比べて不織布マスクはどのような特徴があるのでしょうか。
詳しく紹介していきます。

不織布マスクの特徴

もともと家庭用マスクといえばガーゼタイプで、布を織らない不織布マスクタイプは医療用マスクでした。
しかし花粉症が流行しはじめた近年では不織布マスクタイプが家庭用マスクの主流となりました。
不織布マスクは使いきりタイプで、値段が安いことが特徴です。

マスクで肌荒れする人が急増?

マスクで肌荒れする原因と、肌荒れを防ぐ不織布マスクをご紹介してきます。 

肌荒れの主な原因

マスクを長時間していると、蒸れが生じます。
特にコロナの影響で夏もマスクをすることが多いため、汗や皮脂が過剰な分泌をおこしてしまい肌荒れにつながっています。
またマスクを外すとき、肌とマスクがこすれることにより肌を痛めてしまっています。

肌荒れしない不織布マスクはある?

それでは肌荒れしない不織布マスクはあるのでしょうか。
肌にやさしい不織布マスクは各メーカーからでているので、ご紹介します。

肌に優しい不織布マスクについて

肌にやさしい素材であるシルクタッチ生地を使った不織布マスクがさまざまなメーカーからでています。

 参考:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/646754

 

シルクタッチ生地を使い肌にやさしい性能でありながら、飛沫拡散を防ぐ性能は他の不織布マスクと変わりありません。
また他にもニット生地を使ったマスクや、ソフトストレッチ生地で作ったマスクなどさまざまな肌にやさしいマスクが誕生しています。


まとめ

新型ウイルスコロナの影響で、マスクをつける機会が増えています。
その結果肌荒れにつながるケースも多くなっているので、マスクも肌にやさしいタイプを選ぶ必要があります。

不織布マスクも肌にやさしいタイプが揃っているのが嬉しいですね。
新型ウイルスコロナはまだ収束するといったニュースはなく、花粉症対策などに今後マスクは必要です。
そこで肌にやさしいマスクは今後も必須となるのです。

関連記事:不織布マスクってどんな成分でできてるの?

 

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ