共働き世帯は、家事に時間をかけられない、料理や掃除がままならないというケースも多いでしょう。
しかし、時短家電を活用すれば、家電が家事をサポートしてくれるため時間や手間を省くことが可能です。
そこで、共働き世帯に最適な時短家電とは何か、おすすめの時短家電も合わせて紹介します。

話題の時短家電とは

共働き世帯から注目を集めている時短家電とは何か、どのようなメリットがあるのかを紹介します。

時短家電とは

時短家電は、掃除や調理といった様々な家事を短時間で行える家電を指します。
例えば、電機ケトルやロボット掃除機、高性能なスチーマーやドラム式洗濯乾燥機などです。
これまで発売されていた家電とは異なり、時間と手間を短縮できるような機能が備わった家電を指します。
時短家電を使用した場合、それぞれの家事において短縮できる時間は数分ですが、すべての家事を総合してみると時短効果は高いといえるでしょう。

時短家電例①電気ケトル

調理をする際や飲み物を入れる際、水を火にかけてお湯沸かす時間がかかりますが、時間がかかるうえに保温できないため、すぐに使用しなければなりません。
少量のお湯を使用したい時に時間をかけてお湯を沸かさなければならなかったり、火を使用する場合、キッチンから離れられなかったり、意外と面倒です。
しかし、電気ケトルがあれば水を入れてスイッチをオンにするだけでお湯を沸かすことが可能であり、保温機能が付いているものであれば、一定時間お湯の温度をキープできます。

時短家電例②ロボット掃除機

一般的な掃除機は、コードが物に引っかかったりコンセントを挿したりといった手間がかかります。
しかし、ロボット掃除機はコードが付いておらず、部屋ごとにコンセントを差し替えたりといった手間がかかりません。

共働き世帯に喜ばれるおすすめ時短家電5選

共働き世帯にあると嬉しい時短家電を5つ紹介します。

シャープ ヘルシオ ホットクック

シャープヘルシオホットクックは、料理の手間を減らし、時短できることが魅力です。
時間をかけて煮詰めなければならない料理の場合、台所に立ったまま火加減を調整しなければなりません。
煮物は調理に時間がかかるため、共働き夫婦の場合は時間を取れず、煮込み料理といった手の込んだ料理は避けてしまうこともあるでしょう。

しかし、ホットクックを使用すれば火加減を常にチェックするといった手間が省けるため、常に火加減を見ていなければならないといったことはありません。
ホットクックでメインの煮物を作っている間に、味噌汁を作ったり炒め物をしたりと他の料理を作ることも可能です。
また、在宅ワークの場合は、ホットクックを使って料理をしている間に仕事もできます。

ティファール 電気ケトル

ティファールの電気ケトルにはいくつかの種類がありますが、共働き世帯におすすめなのは軽量タイプです。軽量タイプの商品は、0.8L、1.2Lの2種類があり、0.8Lは1~3人、1.2Lは3人以上に最適です。
軽量シンプルタイプはお湯を注ぐ量を調整しやすい注ぎ口になっており、少量のお湯を使って飲み物を作りたい時に最適です。

コップ1杯分のお湯は、およそ50秒で沸かすことが可能であり、忙しい朝に活用できるでしょう。
また、お湯が沸くと自動でスイッチをOffにする機能が付いており、スイッチを入れて放置しておくだけで良いため、身支度を整えたりといった他の作業をしながらお湯を沸かせます。
電気代はコップ1杯分でおよそ0.5円と、節約志向の方にもおすすめです。

created by Rinker
ティファール(T-fal)
¥12,800 (2022/12/09 00:45:43時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック 衣類スチーマー

パナソニック 衣類スチーマーNI-FS560型は、スムーズに起動し、スピーディーかつ綺麗に仕上がる衣類スチーマーです。
水を入れるタンクは中央に設置されているため重心が安定しており、グリップは握りやすいため使用感が良く、忙しい時でもスムーズに衣類のシワ取りができるでしょう。

また、スチーマー部分は丸い加工が施されている為、生地に引っかかりにくく360度スムーズに動かせます。
アイロンがけをする時間がないときや、アイロンがけの時間を短縮したい時に最適な時短家電です。

アイロボット ルンバs9+

アイロボット ルンバs9+は、ルンバの最新モデルです。
掃除機をかけていてもゴミが残りやすい壁や角にもしっかりと寄り添う形状になっており、センサーが複数内蔵されている高機能なモデルです。
センサーによってカーペットやフローリングといった素材の異なる床もしっかり感知し、吸引力をコントロールするため、通常の掃除機では取れなかったゴミもしっかりと掃除できます。
また、およそ60日分のゴミを溜めておけるダストステーションが付いており、ゴミ捨ての手間も省けて時短につながるでしょう。


シャープ ドラム式洗濯機

シャープのドラム式洗濯機ES-H10D-WL型は機能がシンプルであり、容量は10kgありますが他の商品と比較してリーズナブルなことが魅力です。
共働き世帯で、1日分や2日分の衣類をまとめて洗濯する日が多い場合には、10kg以上の容量がある洗濯機が良いでしょう。
ドラム式洗濯機は規定の容量分の洗濯は可能ですが、乾燥する場合6~7kgの衣類しか乾燥できません。
10kgの衣類を入れて乾燥させてもしっかりと乾燥しきらず、湿った状態になることが多いです。
そのため、衣類をまとめて洗濯するケースが多い場合には、10kg以上のドラム式洗濯機を選んだ方が良いでしょう。

まとめ

仕事や育児に忙しい共働き世帯は、時短家電を導入して家事の負担を軽減させる方法が有効です。
家事による精神的ストレスも減ることで、仕事や育児に集中できたり、日常生活がより豊かになったりします。
そのため、人気の製品をチェックし、積極的に時短家電を取り入れましょう。