この記事では、マスクに役割や選び方などを解説します。

冬場などで風邪の予防として人気のあるマスクですが、正しいマスクの選び方や、具体的なマスクの役割について気にする方は多くありません。

この記事を読むことで、自分に合ったマスク購入の検討が出来ます。

マスクの役割とは

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのマスク

風邪予防や口元の保湿ができる

風邪予防や口元の保湿ができる事が、マスクのもっとも重要な役割です。

人間の周りには常に細菌が存在しており、特に屋外は風邪などのウイルスが大量に蔓延しています。

マスクを付けることで、風邪などを引き起こすウイルスから守ってくれる効果が期待できます。

秋や冬などの空気が乾燥する時期にマスクをつけることで、口元の保湿効果が得られるのも嬉しい点です。

また、咳やくしゃみなどから周囲へ飛び散る飛沫には、大量の風邪ウイルスが存在しているため、自分が風邪を引いたときの周りに対する気遣いとして、マスクをするのはエチケットとして大事なことです。

しかし、ウイルスは、直径0.0001mmほどと言われており、一般的なマスクの網目よりも遥かに小さいため、風邪ウイルスをマスクだけで完全に防ぐことはできない事に注意が必要です。

空気清浄機のメリットと 種類ごとの特徴と選び方 おすすめ品を解説
空気清浄機加湿器の人気な品と選び方のコツ おすすめの品を解説
パナソニックの空気清浄機の人気と口コミ おすすめの品を解説

マスクの目的別の種類

マスクの種類は、主に産業用、医療用、家庭用の3つに分けられています。

一般的な家庭用マスクは、綿織物を重ね合わせたガーゼタイプか、織っていない布のことを指す不織布(ふしょくふ)タイプの2種類に分けられます。

以下では、それぞれのマスクの特徴を解説します。

産業用マスクは細かいチリから身を守れる

産業用マスクは防塵(ぼうじん)マスクと呼ばれることも多く、粉塵に対して適した素材で作られているのが特徴です。

主に工場などで作業の時に飛び散るような、粉状の細かいチリから身を守るために使用されることが多いです。

医療用マスクは感染防止に特化している

医療用マスクは名前の通り、医療現場や医療用として使用される感染防止に特化したマスクです。

外科の手術などに使用されており、外科用のマスクという意味からサージカルマスクとも呼ばれています。

家庭用マスクは一般的によく使われているタイプ

一般的によく使われているのが不織布(ふしょくふ)タイプのマスクです。

不織布の名前の通り、繊維を織らずに接着させたり、からみ合わせてシート状に加工されたものを重ね合わせて作られています。

価格は安く主に使い捨てで使用するため、衛生的なのが家庭用マスクの特徴です。

マスクの形の種類

立体タイプは呼吸がしやすく化粧崩れしづらい

立体タイプのマスクは、立体構造で顔にぴったりフィットするタイプのマスクです。

マスクと口の間に空間ができるため、呼吸がしやすいのが立体タイプの特徴となっています。

女性にとっては化粧が崩れない、化粧が落ちにくいようにできているため、愛用者も多いタイプです。

プリーツタイプは圧迫感がなく話がしやすい

プリーツ型マスクは、顔の前の部分にフィットするタイプのマスクです。

圧迫感がなく、口の動きにも対応してくれるため、話がしやすいのがプリーツタイプの特徴でしょう。

また、マスクがずれにくいというのもプリーツタイプのメリットです。

マスクの選び方

つけ心地で選ぶ

マスクは長時間使用することを考慮して選ぶ必要があります。

フィット感はもちろんのこと、長時間使用して耳が痛くならないかなどを気にして購入するとよいでしょう。

肌触りやメイク落ちで選ぶ

女性の場合でしたら、肌触りやメイク落ちも気になる点でしょう。

立体タイプは化粧が崩れない、化粧が落ちにくいようにできているため、メイク落ちのリスクを大きく減らすことが可能です。

マスクの大きさで選ぶ

商品によってマスクの大きさは違ってくるため、小さいマスクがよいか、大きいマスクがよいかもよく考えて購入するとよいでしょう。

現代では、小顔効果用のマスクも販売されています。女性の場合、マスクは顎までしたほうが、小顔効果が期待できます。

カット力で選ぶ

マスクを選ぶ際には、カット力にも注目するのがおすすめです。

マスクの箱には99%カットという表記がされているものがあります。超微粒子99%カット、花粉や細菌、ウイルスの飛沫を99%カットなどという商品です。

商品によってカット力は変わってくるため、どう表記されているのかを確認してから購入するのがおすすめです。

正しいマスクの付け方

マスクを使用する時は、正しいマスクの付け方をすることが大切です。

マスクの上下を確認し、マスクで鼻から顎までをしっかりと覆って使います。

マスクを外す際は、フィルターを手で触らないようにして、なるべく蓋付きのゴミ箱へ捨てるようにするのもポイントです。

おすすめのマスク

白元アース 快適ガードさわやかマスクは耳が痛くなりづらい

白元アース 快適ガードさわやかマスクは、耳が痛くならないようになっている、幅広の耳ひもが特徴的なマスクです。

微粒子、花粉、ウイルス飛沫を防いでくれます。

ピップヘルス プリーツガードplusはコスパが良い

ピップヘルス プリーツガードplusは、不織布、プリーツタイプの使いきりマスクです。

低価格ですが、かぜ、花粉、ウイルス飛沫、PM2.5を防いでくれる商品です。

ピップ プリーツガードplus ふつうサイズ 60枚入
created by Rinker
ピップヘルス
¥346(2019/10/16 01:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

Presto!  マスクはつけ心地と機能性が高い

Presto!  マスクは、つけ心地と機能を両立させたマスクです。

ダブルワイヤー構造を搭載しているのが特徴です。

Airinum Urban Air Mask 2.0は高性能な品

Airinum(エリナム)のマスクは、高性能なマスクが欲しい人におすすめです。

お好みの長さに調整が可能で、つけ心地の良いマスクです。

スリーエム 8805 DS2は呼吸しやすさとフィット感が魅力

スリーエム 8805 DS2は、防塵マスクを探している人におすすめできる商品となっています。

呼吸がしやすくて、フィット感抜群なマスクです。

3M 使い捨て防じんマスク排気弁付き10枚 国家検定合格 8805 DS2
created by Rinker
スリーエム(3M)
¥1,937(2019/10/16 01:26:03時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマ NVK-50RMは花粉・黄砂対策におすすめ

アイリスオーヤマ NVK-50RMは、PM2.5 花粉 黄砂に対応しているマスクです。

耳が痛くなりにくいのも魅力です。

マスクについてのまとめ

  • マスクは、風邪予防や口元の保湿に効果的です。
  • マスクの種類は、主に産業用、医療用、家庭用の3つに分けられています。
  • マスクには様々な形の商品が存在しており、立体タイプやプリーツタイプなどがあります。
  • マスクを使用するときは、正しいマスクの付け方をする必要があります。