新型コロナウイルスの影響もあり、マスクの種類も日毎に増えています。
特にメインとなっている不織布マスクと布マスクについて、一体どんな違いがあるのかを知りたいと考える人も多いでしょう。

こちらの記事では、不織布マスクと布マスクの違いをまとめています。
マスク選びの参考にぜひご活用ください。

目次

不織布マスクとは?

その名の通り、織っていない布である「不織布」で作られたマスクのことを指します。
不織布とは、繊維を熱処理や科学的処理を活用して絡ませることで作られたシートです。

不織布マスクの特徴

不織布シートを何層か重ねて作られたマスクのことを不織布マスクと言います。
基本的には使い捨てを想定して作られているため、衛生的に使えるというメリットもあります。


布マスクとは?

最近は、各家庭でオリジナルの布マスクを作っている人も増えています。
市販されている布マスクとして代表的なガーゼマスクは、綿のガーゼを何枚も重ねて作られています。

布マスクの特徴

布マスクは何度も洗って使えるため、使い捨てをすることなく活用できるといった特徴があり、エコで経済的です。
また、手作りする場合は好きな布を使ってお気に入りの一枚を作れるのも魅力です。


不織布マスクと布マスクの違い

これだけマスクが流通していると、どれを選んだらいいか迷うのも否めません。
不織布マスクと布マスクにはどのような違いがあるかがわかると、選ぶ際の基準になります。
素材や効果を踏まえてご紹介しましょう。

 

素材の違い

  • 不織布マスク
    繊維を絡ませた目の細かい不織布シートが使われています。
    また、特殊なフィルターを使用しているケースが多いのも特徴です。
    ●布マスク
    綿のガーゼやリネン100%、コットン100%など多種多様な生地が活用されています。

効果の違い

  • 不織布マスク
    目の細かさからウイルスを通しにくいといった効果が期待できます。
    また、外部からの粒子を取り集めるといった特徴もあります。
  • 布マスク
    不織布マスクより目が荒いため、ウイルスをシャットアウトすることはできません。
    しかし、咳やくしゃみなどによる飛沫を防ぐといった効果は望めます。

まとめ

ウイルスの侵入を防ぐといった意味では、不織布マスクの方が効果的です。
飛沫防止を考えると布マスクももちろん活用するべき存在です。
エコの観点から見ても布マスクに軍配が上がり、経済的でもあります。
どちらのマスクにもメリットとデメリットがあるため、シーンに合わせて活用することをおすすめします。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ