この記事では、加湿器の代用方法について解説いたします。

部屋の乾燥を防いでくれる加湿器はとても便利なアイテムです。

様々なメーカーから販売されているため種類も多く、最近では機能性だけでなく、デザイン性も充実してきています。

そんな加湿器ですが、部屋に置くスペースが必要だったり、どんな効果が期待できるのかよく分からないなどで購入を見送る人も多いです。

加湿器は大きい機種もかなり多いため、特に設置するスペースの確保ができないのがネックとなります。

そんな場合でも安心なのが、加湿器の代用を考えることです。

高価な加湿器を購入しなくても、加湿器の効果が得られればそれに越したことはありません。

加湿器の代用を探している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

加湿器のメリット

加湿器が必要な理由として主に3つあげられます。

ここでは、加湿器が必要な理由やメリットについて解説いたします。

加湿器を使用することで健康を維持

湿度が40%を切ってくるとインフルエンザウイルスを含む、身体に害を与えるウイルスの活動が活発になってくるでしょう。

加湿がちゃんとされていない場所だと喉や鼻が乾燥してしまい、そこからウイルスが入り込んで風邪を引き起こすようになります。

加湿を行うことは、風邪対策の中で最も効果的な方法の一つです。

鼻と喉の粘膜を乾燥から保護してくれるため、インフルエンザウイルスなどの有害な病原菌をシャットアウトしてくれます。

特に冬場に健康を維持したい場合、加湿器を使用するのは非常におすすめです。

加湿器を使用することで健康的な肌を保つことが可能

人にとって50~60%の湿度が一番肌によいとされています。

加湿器を使用することで室内を最適な湿度に保つことができます。

加湿器で50~60%の湿度を保っていれば肌荒れ対策にもなるでしょう。

地球温暖化が進み、夏場にエアコンを使うのが当たり前の時代で、冬場でも暖房をつけることが多いでしょう。

エアコンや暖房の使用で下がった湿度を快適な状態に戻す場合、加湿器を使用するのが最も簡単で効果的です。

加湿器を使用することで暖房効果を高められる

湿度は体感温度の影響が非常に多く、湿度が高いと人は暑く感じるようになっています。

夏場だと困ってしまいますが、冬場でしたら湿度を上げると体感温度もあがるため、暖房機器の消費電力を抑えてくれるといった効果が期待できるのが特徴です。

加湿器のデメリット

インフルエンザウイルスなどの有害な病原菌対策や肌荒れも防いでくれる加湿器ですが、加湿器にはいくつかのデメリットも存在します。

ここでは、加湿器のデメリットについて紹介をいたします。

湿度が60%を越えると急激にダニやカビが繁殖してしまう

人は50~60%の湿度が一番快適に過ごせますが、湿度が60%以上になるとダニやカビの繁殖も急速に加速しだします。

また、湿度があまりに高すぎると快適さが損なわれストレスもたまりやすくなってくるでしょう。

湿度が40以下になるのを防ぐ必要がありますが、加湿をしすぎて60%を越えないよう注意することも大切です。

使わないと邪魔になってしまいお金もかかる

加湿器は実際に購入しても水の入れ替えなどが面倒になって使わない人も多くいるでしょう。

意外と場所も取るため、設置スペースに困ってしまう場合も多いです。

なにより全く使用しない場合は、購入した分のお金ももったいないです。

加湿器なしでも簡単に部屋の乾燥を防ぐ方法

濡れタオルを室内にかけておく

濡らしたタオルをハンガーなどにかけて、枕元や部屋に干すだけで加湿効果を得ることができるでしょう。

また、濡れタオルにエアコンを当てることでより効果を得られやすくなります。

洗濯物の部屋干しだと、匂いが気になることもありますが濡らしたタオルなら匂いの心配もありません。

バスタオルを使用する場合、一般的な寝室の広さで2枚あれば十分でしょう。

部屋の広さや湿度によって必要なタオルの枚数は異なるため、効果を感じられない場合はタオルの枚数を増やしてみるのがおすすめです。

ただし、手を拭いたタオルなどは雑菌が付着している可能性もあるため、使用は控えるようにしましょう。

霧吹きやルームミストでも加湿ができる

百均で売っている霧吹きに水を入れて吹きかけるだけでも加湿はできます。

霧吹きで部屋全体に水分を噴射する際は、毎回新しい水に取り換えるようにしましょう。

また、ファブリーズなどの消臭効果があるものや、水で薄めたアロマオイルなどを使用するのもおすすめです。

加湿と同時にリラックス効果を得ることもできるでしょう。

ポットややかんなどでお湯を沸かす

電気ポットややかんでお湯を沸かす方法もおすすめです。

電気ポットを使用する場合、お湯が沸騰した後、蓋を開けっ放しにしておくことで効果が得られるでしょう。

ただし、やけどの恐れや水滴で床が濡れてしまうこともあるため、注意が必要です。

マスクを濡らす

マスクを濡らすという簡易的な方法でも加湿は可能です。

非常に簡易的な方法ではありますが、マスクを着けて室内で過ごすことや、寝ることに多少慣れる必要があるでしょう。

濡れマスクなども販売されているため、そちらもおすすめです。

コップに水を入れて置いておく

加湿器にはスチーム式や気化式の商品があります。

それと同じ原理なのがこちらのコップに水を入れて置いておく方法です。

コップに水を入れて置いておくことで、水が少しずつ蒸発し始めるため部屋が加湿されます。

この方法で確かに部屋の加湿はされますが、部屋全体を加湿できるほどの効果はないため、ちょっとした作業をするときに使うのがおすすめです。

邪魔にならない低価格の加湿器もある

加湿器のデメリットは、上記のように場所を取る、お金がかかるなどがあります。

しかし、そんなデメリットを解消できる加湿器が実は存在します。

それがダイソーなどの百均で販売されている加湿器です。

さすがに100円とまではいきませんが、400円程度で購入が可能です。

また、加湿器はペットボトルで自作することもできます。

このようにそこまでお金をかけなくても工夫することで部屋の加湿は可能です。

加湿器の代用がおすすめな理由

加湿器の代用にはおすすめできる理由がたくさんあります。

ここでは、加湿器の代用でおすすめできる理由について解説いたします。

家にある物でできる

加湿器の代用のおすすめできる理由の1つ目はなんといっても家にある物でできるという点です。

コップや衣類などの日常で使っている物でできるため、新たになにかを購入する必要もありません。

手軽で簡単

コップに水を入れて置いておく、洗濯物やタオルを室内に干すなどはちょっと気を付けるだけで簡単に行うことができます。

この手軽で簡単なのに効果があるところが加湿器の代用の魅力の1つです。

湿度が60%以上になるのを防ぎやすい

加湿器をつけたまま寝てしまうと、湿度が60%以上になってしまうことがあり、ダニやカビが繁殖しやすい環境になってしまいます。

スイッチなどもなく日常用品で行う加湿器の代用方法は安全といえるでしょう。

効果が実証済み

コップや衣類などの日常で使っている物で行う加湿方法は、専門家も認めている効果的な手法です。

ただ加湿器の代用方法を行うだけで確実な効果が期待できるでしょう。

加湿器の代用方法についてのまとめ

  • 加湿器とは室内気の加湿のために使う空気調和の役割を果たしてくれる家電でお金をかけなくてもできる代用方法もある
  • 湿度が40%を切ってくるとインフルエンザウイルスを含む、身体に害をなすウイルスの活動が活発になり、湿度が60%を越えると急激にダニやカビが繁殖してしまう
  • 霧吹きに水を入れて吹きかけたり、洗濯物を室内に干したり、コップに水を入れて置いておくだけで加湿器なしでも誰でも簡単に部屋の乾燥を防ぐことが可能
  • 家にある物でできる手軽さと効果が実証されている安心感が加湿器の代用にはある