この記事では、オフィスチェアについて解説します。

オフィスチェアは、オフィスの雰囲気やレイアウト、素材や機能、価格など、様々な事を考慮して決める必要があります。

オフィスチェアの購入を考えている方は、この記事を読むことで、自分に最適なオフィスチェアを探すことが来ます。

オフィスチェアの主なタイプ

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

オフィスチェアのおすすめ10選

エルゴノミクスタイプは人間工学に基づいている

エルゴノミクスタイプは、人間工学に基づいて作られたオフィスチェアです。

腰痛をサポートする機能を備えていたり、背面が背中のカーブにフィットするように作られています。

身体への負担が少なく、長時間座っていても疲れないのが特徴です。

デメリットは価格が少し高い点があげられます。

アウトドアチェアの種類と選び方 おすすめ商品10選を紹介
ゲーミングチェアってなに?特徴と選び方 おすすめの品を解説

エグゼクティブタイプは高級感がある

エグゼクティブタイプは、高級感が漂う、座り心のよいのオフィスチェアです。

ゆったりと腰かけられる広い座面や、サスペンションも搭載されているため、リラックスして座ることが出来ます。

本革を使用したものが多く、包み込まれるような座り心地を体験したい人におすすめです。

価格が高く、サイズも大きいことからお手入れが大変なのが難点でしょう。

回転椅子タイプはお手頃な値段で種類も多い

回転椅子タイプは、お手頃なお値段で種類も多いオフィスチェアです。

多くの種類のカラー、素材、サイズがあるため、自分に合ったものが選べます。

価格も3つのタイプの中で一番安いですが、アームレスト付きやクッション性の高いシートなど、機能性を十分に備えているものも少なくありません。

長時間使用する場合は、座り心地があまり良くないため、他のタイプよりも少々疲れやすい点がデメリットです。

オフィスチェアを選ぶ際のポイント

場所の雰囲気やレイアウトに合ったものを選ぶ

オフィスチェアは、座る事だけを重視するのではなく、場所の雰囲気やレイアウトに合ったものを選ぶとよいでしょう。

オフィスチェアが変わると、オフィスの雰囲気にも影響を与えます。

会社の雰囲気に合わせて、色、素材、形状を選ぶ事が大切です。

座りやすいオフィスチェアを選ぶことで、仕事のモチベーションアップや、生産性の向上につながることもあります。

大きさもレイアウトに合ったものを選択するとよいでしょう。

オフィスチェアが大きすぎると、スペースを狭くしてしまい、作業効率を下げてしまう事に注意が必要です。

背もたれの種類で選ぶ

椅子の背もたれは、座面からの高さによって、「ハイバック」「ミドルバック」「ローバック」の3種類に分かれます。

背もたれの高さは、オフィスチェア選びの際の重要な要素です。

以下では、背もたれの種類別で特徴を解説します。

ハイバック

ハイバックは、座面からの高さが高く、肩より上の後頭部まで支えてくれるものをさします。

ヘッドレストを搭載しているものもあり、疲れにくいのが特徴です。長時間の使用に向いている背もたれです。

しかし、価格が3種類の中では一番高い傾向にあります。

ミドルバック

座面の高さがハイバックより低く、ローバックより高い中間のサイズがミドルバックです。

長時間の使用は不向きなタイプです。

ヘッドレストを搭載するのが主流で、疲労の軽減に効果的です。

ハイバックが大きすぎるという人にもおすすめです。

ローバック

座面の高さが最も低いのがローバックです。背もたれが低いため、視界を遮らないため、部屋を広く感じさせてくれます。

他の2種類より価格が低いのがメリットです。

しかし、背もたれが低いため、長時間の使用には不向きな事がデメリットです。

素材で選ぶ

オフィスチェアは、素材によって座り心地が変わります。主な種類は布、メッシュ、レザーの3種類です。

以下では、それぞれの素材ごとの特徴について解説します。

布は最も一般的な素材です。

適度な硬さがあり、疲れにくいのが特徴です。カラーバリエーションが豊富で、リーズナブルな価格が特徴です。

しかし、一度汚れると、なかなか汚れが落ちないというデメリットがあります。

汚れが気になるという方は、色の濃いものを選択するとよいでしょう。

メッシュ

メッシュの素材は通気性がよいため、背中に汗をかきやすい人におすすめです。

快適にオフィスチェアを使用する事ができるでしょう。

しかし、価格の安いものは、メッシュの耐久性が低いものもあります。

背もたれにサスペンションがない場合は、寄りかかるとフィットしないという事もあります。

購入時に、お店で確認しておくとよいでしょう。

レザー

レザーは光沢感や重厚感があり、高級感を演出させる素材です。

見た目だけではなく、耐久性にも優れています。PUレザーやPVCレザーは、汚れや摩擦に強いのが特徴です。

本革は経年劣化により、独特な風合いが出ますが、状態を保つために定期的なお手入れが必要です。

気温により革の硬さが変化します。

レザーは他の素材よりも価格が高い素材であるため、購入時には時間をかけて選ぶ必要があります。

作業に合ったものを選ぶ

オフィスチェアは、作業する時の姿勢に合わせたものを選ぶ事が重要です。

前傾姿勢タイプと後継姿勢の2タイプから、作業中の姿勢に合わせて選択するのが良いでしょう。

前傾姿勢タイプ

ノートパソコンの作業や勉強など、視線を落として作業する時は前傾姿勢タイプの品がおすすめです。

座面と背もたれが前のめりに動くため、視線を落として行う作業を快適にしてくれます。

アームレストが可変するものや、後方へリクライニングする機能が備わったものもあります。

後継姿勢タイプ

後継姿勢タイプは、背もたれに寄りかかって座れるため、リラックスして作業を行うことができます。

クッション性が高く、腰への負担も軽減されるため、長時間の作業におすすめです。

デスクトップPCで作業する際、後傾姿勢で行うと疲れにくくなる効果もあります。

付加機能をチェックして選ぶ

オフィスチェアを選ぶ時の要素として、付加機能をチェックすることも大切です。

肘掛けやリクライニングにも、色々な機能が存在します。

肘掛けには可動式のものや跳ね上げ式のものがあり、リクライニングは背もたれのみが動く「背ロッキング」や、背もたれと座面が別々に動く「シンクロロッキング」があります。

目的に合った機能が付いているか、チェックしておくとよいでしょう。

コスパも重視して選ぶ

価格が安いものでも、優れた機能を備えるオフィスチェアは存在します。

コスパを重視するには、自分に必要な機能や素材、背もたれなどをしっかりと理解しておくとよいでしょう。

余計な機能を省いて、必要最低限のものを選ぶ事によりコストをおさえられます。

同条件のオフィスチェアの価格を比較して、コスパの高いものを選ぶ事が重要です。

オフィスチェアのおすすめ10選

DXRACER DXR-BKNは長時間の使用におすすめ

DXRACER DXR-BKNは、世界中のゲーマーたちに愛されるゲーミングチェアです。

頭部から座部まで覆うように立体的に設計されているため、長時間の使用でも身体に負担がかかりにくくなっています。

デザインも個性的で、ゲームをする空間にフィットします。

長時間ゲームをする人におすすめですが、オフィスチェアとしても使用できるでしょう。

岡村製作所 コンテッサは日本人に合わせて作られている

日本人の身体に合わせて作られた岡村製作所のコンテッサです。

座面が広く、ゆったりと座ることができます。

機能の豊富さも魅力でしょう。

コクヨ CR-GA2513は長時間の使用におすすめ

コクヨ CR-GA2513は、座面の前傾により、太もも裏の圧迫など、足への負担を軽減する特徴があるオフィスチェアです。

耐圧分散に優れており、長時間の使用でも疲れづらいのが特徴です。

パソコン作業などにおすすめです。

プラス KC-K56SLは色が豊富

プラス KC-K56SLは、シンプルなデザインですが、カラーバリエーションがたくさんあるオフィスチェアです。

多く買う場合は、色を変えて配置することで、オフィスのの雰囲気を明るくしてくれるでしょう。

腰と背中をほどよく包んでくれる設計です。

サンワダイレクト 100-SNC027Wは低価格でおしゃれ

この品は、リーズナブルで高品質な商品を目指すサンワダイレクトのオフィスチェアです。

サンワプライズがインターネットで展開するサンワダイレクトが、今まで蓄積したデータ・レビューを元に開発したおしゃれなオフィスチェアは、座り心地に特徴があります。

低価格なのにおしゃれなデザインは、コスパ重視の人におすすめです。

アイリスプラザ H-8800Fはリクライニング機能が特徴

アイリスプラザオフィスチェアは、リクライニングの最大傾斜角度が170度になるオフィスチェアです。

フットレストもついているため、ベットのように横になることもできます。

リクライニング状態でフットレストを伸ばすと最長171cmになるため、大人の男性も快適に寝れるのが魅力です。

休憩中は横になりたいと言う人におすすめです。

DUOREST DR-7501SPは耐久性が高く機能性に特徴がある

DUOREST DR-7501SPは、2つに分かれた背もたれが独立して動き、腰の両脇を包み込み、腰への負担を軽減してくれる品です。

ヘッドレストと座面の調整まで可能で、自分に合った座り心地を模索する事が出来ます。

耐久性も高く安心です。安心と機能性を揃えた品です。

ウィルクハーン 175-7HAWS2は座ったまま自由に動ける

ウィルクハーン 175-7HAWS2は、身体の自由な動きに対応して、どんな姿勢で座っても疲れないように作られたウィルクハーンのハイバックチェアです。

革新的なシンクロメカニズムにより、座面が動く身体にしっかりと対応するように作られています。

身体を動かしながら座ることが出来るため、健康的に働くことが出来ます。

ハーマンミラー アーロンチェアは機能性の高さが特徴

ハーマンミラー アーロンチェアは、世界でも有名なハーマンミラーのアローンチェアです。

細かい調整機能で、自分専用のオフィスチェアを演出することが可能です。

通気性や、耐圧の分散を考えたメッシュ張りの構造が特徴で、腰にかかる負担を軽減してくれます。

エルゴヒューマン プロは作業効率を高めてくれる機能が特徴

エルゴヒューマン プロは、エルゴヒューマンの中で最も高機能なタイプのオフィスチェアです。

疲労や腰痛の予防の為に、「独立式ランバーサポート」がついており、「前傾チルト機能」は、自然な前傾姿勢の維持をサポートしてくれます。

パソコン作業の際に作業効率を高めてくれるでしょう。

座面の下に足置きが内蔵されており、リクライニング時に足置きを使用するとゆっくり横になることが出来ます。

オフィスチェアについてのまとめ

  • オフィスチェアを選ぶには、正しい知識と自分なりの条件を明確にする必要があります。人によって欠かせない条件は違うため、条件を明確にしておく必要があります。
  • オフィスチェアには3種類のタイプがあります。エルゴノミクスタイプ、エグゼクティブタイプ、回転椅子タイプなどです。自分の条件に合うタイプを選ぶとよいでしょう。
  • 設置場所の雰囲気や、レイアウトに合う物を選ぶ事は大切です。
  • 設置するオフィスチェアによって雰囲気が変わったり、仕事のモチベーションを上げることもあります。レイアウトに合わせて、生産性や作業効率の上がるものを選ぶとよいでしょう。
  • 背もたれは高いものほど疲れにくく高値で、低いものほど疲れやすく安値になります。コスパも検討して、適切な物を選ぶ事が大切です。
  • 前傾姿勢タイプか後継姿勢タイプか、作業内容に合ったタイプを選ぶとよいでしょう。肘掛けや、リクライニング機能の有無も検討する必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧