この記事では、加湿器の種類やおすすめのメーカーについて解説いたします。

また、おすすめの安い加湿器3つとリビング用加湿器2つについても紹介いたします。

加湿器の購入を検討している方は、この記事を読むことで製品購入の検討が出来るでしょう。

加湿器の種類

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの安い加湿器

加湿器は空気中に水分を放出することによって室内の乾いた空気を加湿してくれる機械です。

空気中の湿度が低くなり、乾燥してしまうと風邪やインフルエンザにかかりやすくなるため、特に冬場に重宝されるアイテムです。

加湿器には様々な加湿の方式があり、方式によって消費電力やメンテナンス方法に違いがあります。

ここでは加湿器の種類について解説いたします。

スチーム式

スチーム式の加湿器は、機械に搭載されたヒーターで水を加熱しお湯を沸かすことで蒸気を空気中に放出して室内を加湿する仕組みです。

この方式の加湿器は、水を沸騰させることで煮沸消毒されるため雑菌が繁殖しずらいことにメリットがあります。

お湯を沸かすというシンプルな構造なため、メンテナンスも簡単にできるでしょう。

しかし、ヒーターを使用するため、消費電力が高いことや、排出される蒸気の吹き出し口が高温になるためやけどなどに注意が必要です。

気化式

気化式の加湿器は、水を染み込ませたフィルターに機械から風を送り室内を加湿する仕組みです。

機械が風を送り出すだけの仕組みなため、消費電力が少ない点がメリットです。

また、熱いお湯を扱う必要がないため、やけどなどの心配もありません。

しかし、水を染み込ませたフィルターなどは定期的に交換する必要があるため、管理がやや面倒でしょう。

製品によっては空気を送り出すためのファンの音がうるさく感じてしまうこともあるため、音に敏感な方の使用には向いていません。

超音波式

超音波式の加湿器は、機械に貯めた水を超音波で振動させ、ミスト状にした水を噴出させることで室内を加湿する仕組みです。

超音波で水を振動させることでミストを発生させるため、消費電力が少なく済み、起動後すぐに加湿がはじまることがこの方式のメリットです。

デメリットとしては、機械に補充する水を交換しないと雑菌が繁殖することがあり、他の方式よりもこまめなメンテナンスが必要でしょう。

ハイブリット式

ハイブリット式には、いくつかの方式があります。

気化式とヒーターを合わせた温風気化式という水に染み込ませたフィルターで、温めた風を送り出す仕組みのものや、加熱超音波式という温めた水を超音波でミスト状にして噴出するものなどがあります。

どちらの方式もヒーターを組み合わせることで通常の加湿器よりも室内の加湿が効率的にできることが大きなメリットです。

一方、仕組みが若干複雑になるため、メンテナンスに手がかかることや消費電力が高くなってしまうデメリットもあります。

加湿器の加湿量と適用畳数

加湿器には利用する環境に適した加湿能力があります。

加湿能力は加湿量と適用畳数で表され、環境に合わせた加湿器を選ぶ必要があるでしょう。

加湿器を購入する際には、加湿量と適用畳数の表記を参考にして選ぶようにしましょう。

加湿量は「ml/h」といった単位で表され、例えば「300ml/h」と表記のある加湿器は1時間に300mlの水蒸気を発する能力があります。

加湿畳数は、部屋が木造かプレハブ洋室なのかによっても加湿能力が変わります。

ほとんどの製品では「木造5畳」や「プレハブ洋室8畳」といった表記がされているため、加湿器を利用したい部屋に合わせて選ぶようにしましょう。

加湿器のおすすめメーカー

加湿器は多くの家電メーカーから販売されており、メーカーによって特徴やメリットも異なります。

ここでは加湿器のおすすめのメーカーについて解説いたします。

シャープ

シャープ株式会社は、大阪府に本社を置く総合家電メーカーです。

シャープの製品の特徴は、プラズマクラスターという独自の空気清浄技術が使用されている点です。

シャープの販売する加湿器にもこの技術が付加されています。

加湿器だけのシェアは業界内ではそれほど大きくありませんが、空気清浄機に関しては業界内でシェアNo.1を誇っており、プラズマクラスターの搭載された加湿器は人気商品です。

価格帯も、非常に高いというわけではなく、性能に見合った価格で比較的安く手に入れることができます。

パナソニック

パナソニック株式会社は、大阪に本社を置く大手総合家電メーカーです。

2008年に社名変更をするまで、松下電器産業株式会社として多くの人に親しまれてきました。

長年培ってきた家電製品の開発技術は、確かなもので性能も高くデザイン性にも優れた製品が多いです。

パナソニッの加湿器は気化式を主軸としており、長年の経験と確立してきた技術で新たな性能を追求した製品を多く販売しているでしょう。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ株式会社は、宮城県に本社を置く家庭用プラスチック製品の製造販売をしている企業です。

主軸は、プラスチック製のインテリア用品やペット用品、日曜芯などですが、生活家電なども販売しています。

加湿器の販売にも積極的に取り組んでおり、目立った機能はないながらも一般的な機能はすべてカバーし、低価格に抑えた製品が多いです。

安い加湿器を求めている方に人気のブランドとなっています。

おすすめの安い加湿器

アイリスオーヤマ 加熱式加湿器 タンク容量1.9ℓ クリア アロマトレー付き SHM-260D-C

スチーム式でどんな場所にもおけるスリムなデザインが魅力の加湿器です。

デスクにも置けるほどコンパクトサイズですが、プレハブ洋室7畳の広範囲をしっかり加湿することができます。

加湿時間も連続7時間に対応しており、就寝中も安心して部屋の加湿をすることができます。

アロマトレーも付属しており、好みのアロマを垂らして加湿しながら香りを楽しむこともできる商品です。

APIX スチーム式アロマ加湿器

スチーム式の加湿器です。

コンパクトなサイズなため持ち運びも簡単で、スペースを取らず使用することができます。

スチーム式のため、タンク内の雑菌も加熱殺菌されるため衛生的です。

アロマを垂らすことも出来るので香りを楽しみながら部屋を加湿することができます。

空焚きを防止するためのサーモスタットも搭載されており、水がなくなったら自動的に加湿器が停止するため安全に利用できるでしょう。

三菱重工 roomist スチームファン蒸発式加湿器

コンパクトで多機能なスチーム式の加湿器です。

受け皿の水を直接加熱せず、吸い上げた水だけを加熱・蒸発するため、消費電力が低く省エネで使用できます。

搭載するイオンフィルターは水道水中に含まれるミネラル分などの発生を一定期間抑制する働きがあるため、交換は1シーズンに一度だけでお手入れも簡単です。

室内の温度と湿度をチェックするWセンサーが搭載されており、自動で快適な湿度に調節してくれる価格以上に優れた商品です。

おすすめのリビング用加湿器

パナソニック 加湿機 気化式 ナノイー搭載

ナノイーを搭載した気化式の加湿器です。

ナノイーは、パナソニック独自の技術で空気の正常や脱臭・除菌、美容にも効果を発揮します。

加湿とナノイー効果で広範囲の加湿+空気清浄が可能です。

お急ぎモードを使用すれば、待ち時間なく素早く室内の加湿を始めることができる高性能な加湿器です。

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター

プラズマクラスター搭載の空気清浄機能も持つ加湿器です。

クラウドのAIが運転状況や屋外の空気清浄を蓄積・分析することで効率的に室内を加湿してくれます。

進化したプラズマクラスターの技術は室内の気になる部分を狙って消臭や除菌をしてくれます。

スリムなボディのため、置き場所にも困らず花粉の除去にも対応できる多機能な商品です。

加湿器についてのまとめ

  • 加湿器にはいろいろな方式のものがあり、方式によってメリット・デメリットがある
  • スチーム式は機械に貯めた水を温めて室内を加湿する仕組み
  • 気化式は水が染み込んだフィルターに風を送り出すことで室内を加湿する仕組み
  • 超音波式は水を振動させミスト状にすることで室内を加湿する仕組み
  • ハイブリット式は2つの方式を併せ持った仕組みを持つ
  • 加湿能力を測るためには加湿量と加湿畳数を参考にする