除湿機といえば、梅雨時から夏場にかけての高温多湿な時期に活用されるイメージですが、最近は部屋干しの洗濯物を乾かすために利用する人も多く、季節を問わず人気があります。

夏場の除湿はエアコンでもじゅうぶんですが、単体の除湿機はエアコンが使えない冬場でも除湿できるので結露対策にも有効です。ここでは1台あれば何かと便利な除湿機について解説します。

除湿機のメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのデシカント方式の除湿機

除湿機は空気中の水分を取り除いて湿度を下げる機械です。

不快指数が高まる夏場の時期は、除湿機よりもエアコンを利用するほうが気温も下って快適ですが、エアコンの除湿機能は空気を冷やして水蒸気を結露させて分離しますので、気温が低い冬場は除湿機能が働きません。

一方、単体の除湿機は季節を問わず除湿することができますが、エアコンのように排熱を分離して戸外に放出する機能がないので、運転中は室温が上ります。

したがって蒸し暑い時期に除湿機で除湿しても、クーラーのように涼しくなることはありません。除湿機のメリットは好きな場所に移動できることと、冬でも使えることにあります。

以前は冬場に除湿機を買い求める人はほとんどいませんでしたが、最近はPM2.5や花粉を嫌って洗濯物を部屋干しする人が増えたこともあり、年間を通して除湿機の需要が高まってきています。

そこでメーカー各社は衣類が乾きやすいように送風機能を強化した「衣類乾燥除湿機」を販売し、新たなニーズに応えています。

除湿機の選び方

除湿機の除湿方式にはいくつかのタイプがありますが、家庭用除湿機はコンプレッサー式とデシカント式の2つに大別できます。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、除湿機を利用する目的や季節によって最適の機種は変わってきます。

除湿機の選び方①:除湿機のタイプ

空気中に含まれる水分を取り除いて除湿する方法はいくつかありますが、家庭用の除湿機はコンプレッサー式とデシカント式の2タイプが主流です。

まずコンプレッサー式ですが、基本的な原理は冷蔵庫やクーラーと同じで、冷媒となる物質をコンプレッサーで圧縮します。すると冷媒の分子運動が活発になり、温度が上がります。

その熱を外部に放出した後、圧力を下げて冷媒を元の体積に戻すと、圧縮時に熱を放出したぶんだけ温度が下がります。

すると空気中の水蒸気が冷えて結露して水タンクに流れ落ち、湿度が下がる仕組みです。

一方、デシカント式の除湿機は、ゼオライトなどの吸湿性の高い乾燥剤(デシカント)で除湿します。除湿機のゼオライトは円盤形で、ファンで取り入れた空気中の水分を吸着しながら回転します。

半回転ほど回った先にはヒーターがあり、吸着した水分を熱で気化させてデシカント素子を乾燥します。気化した水蒸気は、外気で冷やされた熱交換器の表面に結露して水タンクに流れ落ちます。

そうして乾いた円盤は回転を続けてふたたび外気中の水分を吸着するサイクルを繰り返しながら除湿しています。

デシカント式の除湿機は、ゼオライトが吸収した水分をヒーターの熱で気化させるため、寒い時期でも除湿性能が極端に低下することはありません。

また構造が簡単で小型化しやすく、動作音が静かなこともメリットです。

逆に言えばコンプレッサー式は冬場になると除湿能力が下がってしまうことと、本体が大きく重くなること、騒音や振動がデシカント式より大きいことなどが欠点です。

一方、コンプレッサー式のメリットとしては、デシカント式に比べて消費電力が低く、ヒーターがないので室温もそれほど高くならないことなどがあげられます。

そこで冬場に強いデシカント式と、夏場に強く消費電力が低いコンプレッサー式の両方を備えた、ハイブリッド式の除湿機もありますが、大きく重く高価になります。

除湿機の選び方②:適応面積

除湿機の性能を示す値のひとつに、定格除湿能力から算出した適用面積があります。

除湿機のカタログには「木造=11畳(約19平方メートル) 鉄筋=23畳(約38平方メートル)」などと適応面積が記載されていますので、購入する際の参考にしてください。

ただし衣類乾燥をメインに使用する場合は、予算の許すかぎり除湿能力が高いものを選ぶことをおすすめします。

除湿機の選び方③:排水タンク

除湿機を選ぶ際は、排水タンクの容量や形状も見逃せません。

排水タンクが小さいと、除湿能力がいくら高くても、すぐにタンクが満タンになって自動停止してしまいます。

もちろんタンクの水を捨てて空にすれば除湿を継続できますが、満タンを知らせるアラームに気づかないこともありますし、留守中に除湿することも考えると、タンク容量は大きいに超したことはありません。

ただしタンク容量が大きいということは、本体のサイズも大きい、ということでもあります。

機種によってはタンク容量を増やすためにタンクの形状が複雑になり、水を捨てにくいものや、本体からの出し入れがスムーズにできないものもあります。

除湿機を選ぶ際は、タンクの容量だけでなく、形や使い勝手も含めてチェックしましょう。

除湿機の選び方④:機能

除湿機もタイプによってさまざまな機能がついています。

たとえばコンプレッサー式の除湿機で排熱を分離して冷風機としても使える機能をはじめ、空気清浄機能、衣類乾燥用に送風幅を広くしたサーキュレーター機能、ナノイーやプラズマクラスターなどによる除菌消臭機能、湿度が低くなると自動停止する機能、排水ホースを接続すると除湿運転を無限に継続できる機能など、さまざまな機能を付加したモデルがあります。

みなさんのニーズに照らして選んでください。

空気清浄機加湿器の人気な品と選び方のコツ おすすめの品を解説
除湿機のおすすめは何がある?種類別おすすめの紹介
煙草に一番効果ある空気清浄機の条件 おすすめのメーカーと品を解説
パナソニックの空気清浄機の人気と口コミ おすすめの品を解説
タバコを吸う人におすすめの空気清浄機とは なにを基準に選ぶべき?
プラズマクラスターとナノイーの違いは?特徴や効果など比較・解説!

結露対策ならデシカント方式の除湿機

デシカント式の除湿機はヒーターで空気を暖めるため、夏場の除湿には不向きですが、気温が低いとコンプレッサー式よりも除湿効率が高くなるため、冬場の結露対策にはデシカント式の除湿機が向いています。

おすすめのデシカント方式の除湿機

日立コンシューマ・マーケティング株式会社 HJS-D562

日立のHJS-D562はデシカント式の衣類乾燥除湿機です。除湿能力は1日あたり5.6Lで、適応床面積は木造で7畳、鉄筋で14畳が目安です。

タンク容量は約1.8L。満タンで自動停止します。運転音は静音モードで31dbと非常に低く、夜間の使用も苦になりません。

重量は5.3kgと軽量コンパクトで場所を取らず、持ち運びも簡単で使いやすい除湿機です。

パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZRX80

パナソニックのF-YZRX80はデシカント式除湿機の上位モデルです。

定格除湿能力は1日あたり7.5Lと強力で送風幅が広く、衣類の乾燥はもちろんリビングルームやバスルーム、脱衣所などもしっかり除湿することができます。

不快指数の高い梅雨時や夏場の除湿はもちろん、冬の結露対策にも活躍します。

パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 ~14畳 ブルー F-YZS60-A
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥17,290(2019/12/08 14:51:00時点 Amazon調べ-詳細)

家庭用除湿機についてのまとめ

  • 家庭用除湿機はデシカント式とコンプレッサー式の2つに大別できます。
  • デシカント式の除湿機は小型軽量で静粛性が高く、冬場も除湿能力が低下しないといったメリットがあります。
  • コンプレッサー式は大型で動作音がやや大きく、冬場に除湿能力が低下するなどのデメリットがあります。
  • 消費電力はデシカント式の方が高く、特に夏場はヒーターで気温を上げてしまうというデメリットがあります。