この記事では、ミシンの種類と、購入する際の選び方を解説し、最後におすすめのミシンを解説します。

自身でハンドメイドの物を作りたいという人や、子供が幼稚園に入るため手提げや巾着袋を自作したいという方も少なくありません。

ミシンと一口に言っても様々な種類があり、電機屋に行けば、多くのミシンが並んでいます。

この記事を読むことで、どんな種類があるのかが分かり、自分に適したミシンを選べるようになります。

ミシンの種類

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのミシン

ミシンは、電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシンの3種類に分類することが可能です。

以下では、それぞれがどんな特徴を持ったミシンなのかを解説します。

電動ミシンはリーズナブルな品が多い

電動ミシンは、電動で動くだけであるため、縫い方等の設定は少ないですが、その分価格も安い事が魅力です。

ミシンの内部に電子回路などの複雑な制御機構を組み込んでいないため、安く購入することができます。

しかし、縫うスピードを上げないと生地を縫うためのパワーが出ないため、初心者では厚手の生地を縫う際に苦労しやすいです。

電子ミシンは縫い方等の設定が多い

電子ミシンは電動ミシンよりも縫い方等の設定を多くできるため、少し価格が高い事が多いです。

ミシンの動きを電子回路で制御する機能を持っているため、電動ミシンよりも値段設定は少し高めになります。

電子回路を組み込んだおかげで、スピードをあまり出していない状態でも厚手の生地を縫い合わせることができたり、縫い方のバリエーションが多かったりします。

コンピューターミシンは最も縫い方の設定が多い

最も多種類の縫い方の設定ができる、最も高価なミシンがコンピューターミシンです。

名前の通りコンピューターがミシンに組み込まれています。

パワフルで厚手の生地も縫えることに加え、縫い目、糸の調子(上糸と下糸の引っ張り強さ)などを、全自動で調整できる機能を持ったミシンが多いです。

また、大量の刺繍を記憶しており、全自動で刺繍を行ってくれるミシンもあります。

ミシンの選び方

自分にあったミシンを選ぶために、おすすめの選び方を3つ解説します。

種類から選ぶのも1つの方法ですが、他にも下記のような視点から選べば自分に合ったミシンを選ぶことが出来ます。

サイズで選ぶ

ミシン自体の大きさや、ソーイングスペースから選ぶのも一つの方法です。

ミシンはコンパクトな家電製品ではないため、作業する時に置く場所、収納場所が限られます。

あらかじめ置き場所のスペースを確認して、それに合った大きさのミシンを買うのがよいでしょう。

ソーイングスペースとは、ミシンの縫い針の下にある平たい部分のことを指します。

広いほど作業がしやすいため、できる限りソーイングスペースが広いミシンを選びましょう。

操作の難易度で選ぶ

ミシンで作業をする際に、どの程度手順を踏むかという観点から選ぶのも方法です。

コンピューターミシンや一部の電子ミシンは、糸の調子や縫い目等まで細かく設定することが可能になっています。

しかし、液晶画面が搭載され簡略化されているとはいえ、操作すべき内容が多くなることに注意が必要です。

操作難易度でのミシンの選び方は以下の通りです

操作難易度でのミシンの選び方
・自分で糸の調子を考えたりできるため、操作は簡単に、とりあえず縫いたい場合は電動ミシンを選ぶ。
・自分で糸の調子を調整したりはできないため、操作が複雑でも良い場合は、コンピューターミシンまたは電子ミシンを選ぶ。

用途で選ぶ

どんなものを作りたいかによって、ミシンを選ぶのも一つの方法です。

簡単な手提げ袋や巾着など、あまり複雑でない物をメインで作る場合は電動ミシンを選ぶとよいでしょう。

複雑な刺繍を入れたい場合や、縫い方、縫い目にこだわりたい場合は、コンピューターミシンを選ぶのがおすすめです。

電子ミシンは刺繍にも対応している機種があるため、電動ミシンとコンピューターミシンの中間といえるでしょう。

簡単な物を主に作るけれども、刺繍も少ししたいという場合には、電子ミシンが一番おすすめです。

ミシンのおすすめメーカー

ベビーロックはロックミシンが魅力

ベビーロックは、メーカー名にロックと入っているように、ロックミシンに強みを持つ企業です。

ロックミシンとは、生地の縁がほつれることを防止する、かがり縫いや巻きロックをすることができるミシンです。

通常のミシンとは異なり、直線縫いはできません。ロックミシンは2台目のミシンとして、通常のミシンと併用で使用することが基本です。

かがり縫いで布端を処理しないとほつれやすいTシャツや、伸縮性のあるニット生地を用いた服等、少し複雑な物の製作に挑戦したい、という方にはおすすめします。

ベビーロックでおすすめのミシンは、BL22EXSです。

自動糸調子調節機能(ジャストフィットシステム)を搭載していることと、上記自動糸調子調節機能を持った糸取物語シリーズのミシンの中では比較的手頃なエントリータイプであることが魅力です。

自動糸調子調節機能とは、糸の引っ張り強さを自動で調節してくれる機能になります。

まだ自分で調節できない場合、この機能がついたロックミシンを選ぶことがおすすめです。

JUKIは世界トップシェアを誇るメーカー

JUKIは、工業用ミシンの分野で世界トップシェアを誇るメーカーです。

工業用ミシンの技術を活かし、家庭用ミシンも販売しています。

JUKIの技術の中でも、特に便利な機能はボックス送りです。ボックス送り(水平釜)はJUKIが特許を取得しているため、他メーカーのミシンには搭載されていません。

通常の布送り機能は楕円形に稼働するため、どうしても布押さえが斜めになる瞬間があり、安定して布送りができない事がデメリットです。

しかし、ボックス送り機能とは、布を動かしていく布送りの部分が四角形に稼働するため問題なく布送りできます。

JUKIでおすすめのミシンはHZL-G100Bです。

おすすめの理由は、先程おすすめしたボックス送り機能を搭載していることと、上級者向高価格モデルが多いJUKIミシンの中で比較的手頃な値段のエントリータイプであることです。

おすすめのミシン

ブラザー PS202/PS203は軽くリーズナブルな品

PS202とPS203はブラザーが販売しているコンピューターミシンです。

小型ながらコンピューターミシンのため、初心者でも薄手から厚手の生地まで、様々な物を縫いやすい事が魅力です。

重さが4.5kgとコンピューターミシンの中では軽量級のため、家の中で持ち運びしやすいことと、価格設定が2万円前後と安いことも魅力でしょう。

PS202は淡いピンク色を基調に、花のデザインが特徴的なため、特に女性におすすめできる品です。

ジャノメ JN508DX-2Bは操作が簡単で初めての人におすすめ

JN508DX-2Bは、ジャノメが販売している電動ミシンです。

電動ミシンの中でもエントリーモデルのため、操作が簡単で、価格設定が1万3千円程度と安い事も魅力でしょう。

ジグザグ縫い、ボタン付けなど最低限の機能は揃っている事が魅力です。

初めてミシンを購入する、簡単な物を作りたい、といった方に最もおすすめできるミシンです。

ジャノメ JN-51は自動糸調子調節機能が魅力

JN-51はジャノメが販売しているコンピューターミシンです。

おすすめの理由は、自動糸調子調節機能が付いているため、糸の調子を気にする必要が無い事です。

価格設定が2万円前後で、上記の自動糸調節機能付きのためコストパフォーマンスが高い事も魅力でしょう。

ミシンについてのまとめ

  • ミシンには、電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシンの3種類があります。順番に縫い方などの設定を細かくできますが、値段も高くなります。
  • ミシンの選び方は、サイズ、難易度、用途から選ぶ3種類です。自分のやりたい事に合わせてミシンを選ぶとよいでしょう。
  • ミシンの購入が初めての方には、PS202、JN508DX-2B、JN-51などがおすすめです。やりたい事が増えてきた際は、ベビーロックやJUKIのミシン購入も検討するとよいでしょう。