新婚さんのご家庭の白物家電選びは 将来の家族構成も見据えることが大切です。
一般的に冷蔵庫の耐久年数はエアコンと並んでとても長く、約10年だと言われています。
その間にお子さんが生まれたりと、家族の人数が増えることも大いに考えられます。
白物家電の中でも特に大型である冷蔵庫は、設置場所もとり目立つ存在です。

この記事では新婚夫婦におすすめしたい冷蔵庫をご紹介いたします。

新婚さんの冷蔵庫の選び方

そんな存在感のある冷蔵庫は、インテリアに馴染む製品を選ぶこともポイントとなります。

今回は新婚さん向け冷蔵庫の選び方にフォーカスし、おすすめ製品と共にご紹介致します。
機能性はもちろん、ご家庭の将来を見据えたライフスタイルにぴったりの一台を選びましょう。

必要容量で冷蔵庫を選ぶ

人数別に冷蔵庫の必要容量をご案内します。
新婚さんなどお二人家庭なら200リットル、3人で300リットル、4人で400リットルというように一人当たり100リットルと考えるとわかりやすいです。

これを目安にすると 新婚家庭だと200リットル容量の冷蔵庫がぴったりなのですが、将来お子さんが生まれて家族が増えることが考えられるので、初めからファミリーサイズを購入することをおすすめします。
冷蔵庫は「大は小を兼ねる」の考え方に当てはまる家電です。

容量によって消費電力も大きいと思いがちですが、実際は意外と変わらないものなので 大きめの冷蔵庫を選ぶ方が何かと便利です。
お二人のご家庭で共働きであれば 週に一度まとめて買い出しに行くことも多いと思います。

そんな時 下ごしらえしたものや作り置きしたもの、多めの野菜などをたくさんストックできる400リットル以上の冷蔵庫が何かと重宝します。
消費電力は容量よりも、むしろ型式やメーカーによって変わってくるためパンフレットや販売員さんに確認することをオススメします。

サイズと置き場所で冷蔵庫を選ぶ

冷蔵庫のサイズは先に述べた通り、ファミリータイプの大きめサイズを購入されることをおすすめします。

けれど大き過ぎて 設置した場所でドアを開ける事ができない!などとならないように、ドアのオープンスペースも考慮したサイズ選びが重要です。
また、冷蔵庫の冷やす仕組みは 中に入っているものから熱を奪って放熱板から熱を放出することで食材を冷やしています。
そのため 放熱板が壁や天井に近すぎると 熱を逃しきれず電力消費も余計にかかってしまう事になるのです。

放熱板の設置箇所は製品によっても違うため 冷蔵庫を購入する際は サイズと共に冷蔵庫のどこに放熱板があるのかも併せて確認して下さい。

扉の開き方で冷蔵庫を選ぶ

冷蔵庫の扉の開き方は大きく分けて3タイプです。

片開き:(右ドア)右利きの人や左側に壁があるキッチンで使いやすいタイプです。ドアは右側に開きます。
(左ドア)左利きの人や右側に壁があるキッチンで使いやすいタイプです。ドアは左側に開きます。

観音開き:中央部分から両開きで開けるタイプのドアです。
このタイプを選べば間取りを気にせず設置できるため、家具の配置換えや引っ越し先でも便利です。

両開き:ドアは一枚なので観音開きとはまた違った仕様です。
左右どちら側からでも開く事ができるため、設置場所を選ばずドアの開閉場所にも困りません。
スペースに余裕がないキッチンにおすすめのドアタイプです。

冷蔵庫の搬入経路の確保も考えよう

冷蔵庫を搬入する際には、経路の確保が絶対条件となります。
経路とは、エレベーター・ドア・廊下・階段・玄関ドアなどの事で、冷蔵庫本体(幅・高さ共)の寸法プラス10㎝は必要です。
また、経路の寸法を計測するポイントは、玄関はドアノブ部分の出っ張りは差し引きます。
階段も手すり部分は差し引くなどの出っ張った部分があればその分経路幅は狭くなることを意識して計測して下さい。
けれど螺旋階段などは搬入が難しくなるので、不安があればやはり事前に経路の見積もり依頼をする方が安心です。

どんな機能がついているか

寿命は約10年の冷蔵庫ですが、ここ10年間で省エネ化が著しく改良されている家電の一つでもあります。
なので新婚のご家庭で、お二人のいずれかが元々お使いだった冷蔵庫のご利用を考えているなら、思い切って新しく買い換える方が節電を考えるとコスパがいいです。

その消費電力は、10年前の3分の1になっています。
また 冷蔵庫の大容量化とサイズダウンに成功しており、冷蔵・冷凍機能も大きく進化しています。
主要メーカーの最上位モデルでは、鮮度を保つのが難しい野菜の鮮度保持を可能にした製品が出ているので、共働きなどで買い置きする事が多いご家庭などには大変便利で優秀な機能です。

容量400Lで新婚さんにおすすめの冷蔵庫

日立 R−S40J

日立は 現在の冷蔵庫のトレンドを牽引したと言っても過言ではないブランドです。

その日立のR−S40Jは見た目に高級感があるガラス扉で、しかも凹みやキズがつきにくいというインテリアとしても優秀な冷蔵庫です。
自動製氷機付きで、年間の電気代は7千円と少しの コスパに於いても優れています。

容量500Lで新婚さんにおすすめの冷蔵庫

パナソニック NR-F503HPX

大容量なのはもちろん、引き出しがなんと100%オープン可能で一度にストック食材を見る事ができます。
鮮度を保つのが難しい野菜も、モイスチャーコントロールフィルター機能により野菜の潤いを保つ事ができます。
また、野菜ケースの前にはペットボトルや米びつなども収納できるスペースもあり、大容量ならではです。
微凍結パーシャル機能搭載で、肉や野菜の美味しさも保てます。

また、パナソニック独自のトップユニット方式も搭載されており、コンプレッサーが冷蔵庫のトップに配置されていることによって、野菜室や冷凍室のスペースを広くとる事ができる仕組みになっています。

【送料無料】PANASONIC NR-F503HPX-X オニキスミラー [冷蔵庫(500L・フレンチドア)]
【送料無料】PANASONIC NR-F503HPX-T マチュアブラウン [冷蔵庫(500L・フレンチドア)]

新婚夫婦の冷蔵庫のまとめ

  • 冷蔵庫は400ℓ以上がおすすめ
  • 容量によって消費電力が大きく変わらない冷蔵庫は、将来の家族設計も見据えたファミリータイプを選ぶ
  • 熱を放出するための放熱板の設置箇所を確認し、放熱スペースの確保を考えて購入する
  • 狭いスペースに設置するなら 両開きタイプドアがおすすめ
  • 観音開きタイプの扉は、間取りを気にせずどんなタイプのキッチンにも合う
  • 搬入経路をきちんと測定し、冷蔵庫を運べるスペースがあるか購入前の事前確認が必須
  • 高級感を求めるならガラス扉の冷蔵庫を選ぶ