こちらの記事は2018年11月16日の記事を2020年10月14日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・オーブン機能を使うメリットを追記いたしました。
・おすすめのオーブンレンジを更新いたしました。
・おすすめのオーブンレンジを更新いたしました。

この記事では、電子レンジのオーブン機能を上手に利用する方法と、おすすめのオーブンレンジを解説します。

使い方を知ることにより、電子レンジを有効的に活用することができるでしょう。

この記事を読むことで、利用のコツを学び、自分に合ったオーブンレンジ購入の検討が出来ます。

電子レンジのオーブン機能とは

電子レンジの多くには、電子レンジ機能・オーブン機能・グリル機能があります。

電子レンジ機能の加熱方法は電磁波を利用するのに対し、オーブン機能などはヒーターを利用します。

ヒーターの使い方もオーブン機能とグリル機能では異なります。

オーブン機能だと庫内を設定した温度に維持し、同時に加熱するのが一般的です。

一方で、グリル機能は温度を設定しない状態で加熱し、スチームオーブンレンジの場合、スチームを用いた加熱をすることが可能です。

オーブン機能を使うメリット

じっくり火が入れられる

オーブン機能を使うメリットは、レンジ機能とは違い、庫内全体を一定温度に保ちながら、食品をじっくり焼いて調理できることです。

食材にじっくりと火を入れる事で、うまみを閉じ込めたまま調理を行えるため、調味料を節約して料理を作る事も可能です。

また、オーブン内では蒸し焼きの状態で火を入れるため、火の通りを心配する必要がないのも魅力でしょう。

大きな魚を焼いたり、厚めの肉をソテーする際も、焼きすぎの心配をせずに調理できるため、オーブン以外の別の食材の調理に専念することが出来ます。

料理の幅が広がる

オーブンレンジは、電子レンジと比べて「焼く」調理が行えるため、料理のバリエーションが豊富な事がメリットです。

オーブンレンジの多くは、低温(140~160℃)、中温(170~190℃)、高温(200~250℃)から温度調節できるため、ローストチキンやクッキーづくり、パン生地の発酵など、幅広い食材の調理に対応することが出来ます。

電子レンジのオーブン機能の正しい使い方

レンジ庫内を掃除する

オーブンレンジを使う前に忘れがちになるのが、レンジ庫内を掃除することです。

オーブン機能は他のレンジに比べて、においが大きく影響します。

掃除しない状態で放置していると、魚などの臭いが他の料理に移ってしまう可能性が高いでしょう。

臭いで台無しになってしまう前に、レンジ庫内は掃除してから使うのが無難です。

油や焦げ付きも多いため、お手入れは欠かさないようにするのが大切です。

余熱をすると仕上がりがよくなる

オーブンレンジは、電子レンジと違い、調理温度になるまでに時間を要してしまいます。

しっかり余熱をしておかないと、調理時間通りタイマーを設定しても火が通らないことも起こり得ます。

失敗を防ぐためにも、クッキーなどの余熱が重要な焼き菓子を作る際は、特に注意する必要があるでしょう。

ドアの開閉に注意する

余熱を逃がさないようにするには、ドアの開閉に気をつけることが大切です。

ドアを長く開けた状態にしてしまうと、オーブン内の温度も一気に冷めてしまいます。

余熱は、火の通りを良くするうえで大切です。

温度を下げないように、ドアの開閉は必ず注意しておく必要があります。

関連記事
電子レンジのオーブン機能を上手に利用する方法をご紹介
電子レンジのおすすめの品と一人暮らしの際の選び方のコツを解説
オーブンレンジでパンを焼くのに適した特徴とおすすめのレンジを解説

おすすめのオーブンレンジ

パナソニック エレック NE-MS267

パナソニック エレック NE-MS267は、トマトクッキー、スイートパンプキン、ほうれん草ロールケーキと野菜を使用した3種類のスイーツを簡単に作ることができる「野菜スイーツ」が搭載されています。

他にも、耐熱ガラス製のボウルに食材と調味料を入れ、わずか10分加熱するだけで煮物やパスタを調理できる「煮物10分」、「パスタ10分」など調理を短時間で行えるメニューが搭載されているため、毎日の料理が楽になるでしょう。

また、時間がある時に日持ちするレシピをまとめて調理できる「つくりおき」や、肉や魚などの食材をムラを抑えながら解凍する「全解凍」など忙しい日々を過ごしていて、なかなか調理をする時間が取れない方におすすめのメニューも豊富に採用されています。

スタイリッシュでコンパクトなデザインをしており、カップボードへ綺麗な見た目で設置できるよう配慮されています。

子供が誤ってボタンやダイヤルに触れても操作ができないよう、ロックできるチャイルドロック機能が搭載されているため、小さい子供がいる家庭でも安心して使用可能です。

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Y

日立 ヘルシーシェフ MRO-S7Yは、冷凍の鶏の唐揚げや、チャーハンなどをオーブンとレンジを組み合わせた加熱方法でパリッと美味しく調理できるメニューを搭載しているため、市販の冷凍食品をより美味しく食べることができます。

温度を100℃以上に高めた過熱水蒸気とレンジやオーブンなどの加熱方法を組み合わせることで、油を使用しない揚げ物や炒め物などの「ヘルシーメニュー」をオートで簡単に調理可能です。

重量センサーと蒸気・温度センサーを搭載しており、重さなどから加熱量を算出することで分量を設定することなく、食材に合った加熱を行えます。

また、スチームで汚れを落としてくれる清掃や、油汚れを焼き切ることで臭いを抑えてくれる脱臭などを自動で行ってくれる「お手入れコース」が用意されており、お手入れも簡単です。

付属のテーブルプレートは取り外すことができ、汚れた場合でも水洗いできるため、常に清潔な状態で使用できます。

取扱説明書などに記載されている2次元コードにアクセスすれば、スマホで様々な料理のレシピを確認できるため、毎日の献立作りにも役立つでしょう。

SHARP PLAINLY RE-WF261

SHARP PLAINLY RE-WF261は、庫内が2段となっているため、2段調理を行うことができ、アルミホイルなどで仕切りを作れば同時に3種類のおかずを調理することも可能です。

分量や温度を感知できる「らくチン!センサー」を搭載しており、仕上がりを見極めることができるため、自動で1~4人分のおかず1品を作ることができます。

また、過熱水蒸気とヒーター加熱を組み合わせることで、油を使用せずに揚げ物や焼き物を作ることができる「ノンフライ調理」を行えます。

他にも、ワット数や時間を設定することなく、市販の冷凍食品を美味しく温められる「冷凍食品あたため」や、スチームカップに水を入れ、レンジ過熱を行うことでスチーム調理ができる「スチーム料理」など、調理の幅を広げてくれる便利な機能が豊富です。

右から左へ流れていくようにボタンやダイヤルが配置されているため、操作がしやすいでしょう。

オーブンレンジのまとめ

  • オーブン機能は、庫内を設定された温度に維持した状態で加熱します。
  • オーブンレンジは通常の電子レンジと違い、余熱をしないと、設定よりもオーブン時間が短くなりやすいため注意が必要です。
  • おすすめのメーカーは、「バルミューダ」「パナソニック」「日立」です。