食材の解凍から、料理をチンして温める・グリル料理にも対応できる等、私たちの食卓シーンをサポートしてくれる、とても便利な白物家電が「オーブンレンジ」です。

忙しい現代人は せっかくオーブン機能つきのレンジを持っていても、温める機能しか使っていない人が多いのではないでしょうか。

しかし昨今のオーブンレンジは「焼く」「蒸す」「煮る」「揚げる」等これ一台で様々な調理ができるよう改良が重ねられています。

焼きたてパンが作れるベーカリー機能や 油を使用せずに素材が持つ脂だけで揚げ物ができる機能もあります。

今までは食材を温めるだけだった人も、オートメニュー機能を使えば幅広い料理が作れる「オーブンレンジ」を もっと活用してみてはいかがでしょうか。

ここでは そんな便利な食卓の救世主「オーブンレンジ」にスポットを当ててご紹介致します。

「温め機能」だけが付いているのが 単機能タイプの電子レンジです。「とにかく料理をチンして温められればOK」と言う人向けです。

それに対し、温め機能に加え ヒーターなどの熱源を使ったグリル・オーブン調理も可能な高機能製品が「オーブンレンジ」と呼ばれているものです。最近ではスチームや過熱水蒸気を使って調理をする ヘルシーさを売りにした製品もリリースされています。

オーブンレンジにはパンをトーストする機能がある

オーブンレンジの中には パンを焼く機能が付いているものやトースター機能搭載の製品もあります。そのオーブンレンジでも 「ガスオーブン」はガスの燃焼により熱した空気で食品を蒸し焼き状態にして調理します。

電気オーブンと比較して 火力が大幅に強いため、こんがりと焼きたいピザやパン、ケーキを調理するのに向いています。

コンベクションオーブン(コンベクションは対流を意味し、内部のヒーターから発せられた熱をファンにより対流させるオーブン)の特徴は、庫内オーブンに対流を起こすことにより 内部を均一な温度に保つことが可能です。

仕上がりの焼き具合にムラが生じやすいという弱点を解消したオーブンで、庫内の容量が大きい大型のものほど 均一に焼きやすいと言われています。

パンを焼くために必要なオーブンレンジ

ハードパンを焼くときは容量の大きいオーブンがよい

ハードパン(フランスパンなど)を焼くときは 容量の大きなオーブンをオススメします。

小さめのパンを一度にたくさん焼きたい時や、食パンなどある程度高さのあるパンにも ハードパンと同じく容量が大きなオーブンが適しています。

パンを焼くならできるだけ高温になるものがよい

オーブンレンジでパンを焼くのなら、できるだけ高温になるモデルをオススメします。高温だと 一気に焼き上げるパワーのあるため、パンが膨らみやすいからです。

最近では350℃にまで上がるハイパワーモデルも出ています。最低でも250℃にまでは温度の上がるものがいいでしょう。

「オーブン機能」は冬場に活躍する機能

何かと人が集まる事の多いウィンターシーズンのお料理に便利なのが「オーブン機能」です。

例えばクリスマスなら、塩・胡椒で下味をつけた鶏肉2枚を お好みの野菜と一緒に天板にぎゅうぎゅうに敷き詰めます。

上からたっぷりのオリーブオイルをかけて粗塩をふり、ハーブをのせて200℃のオーブンで約30分。たったこれだけでフォトジェニックなお料理が、オーブンレンジひとつで1品出来上がります。

また 発酵機能があれば メインディッシュに添えるパンも自分でタネから作って焼けます。

おすすめのパンもトーストも焼けるオーブンレンジ(石窯ドームを含みいくつか紹介)

東芝 ER-SD5000

東芝 ER-SD5000
過熱水蒸気オーブンレンジ
総庫内容量:30L(ワイド&フラット庫内)
・オーブン温度5:100~350℃ 石窯ドームオーブンラウンド石窯ドーム構造
・過熱水蒸気調理:100~300℃※2
・ハイブリッド調理:100~250℃・300℃
・ノンフライ調理 ○
・グリル調理:高温火力の大火力石窯ドームグリル
・カラッとあたため○

東芝 ER-SD5000

デロンギ EO12562J

デロンギ EO12562J 
・ファミリーサイズのコンベクションオーブン
・12.5Lサイズで1400Wの高火力。朝のトーストからケーキやパン、ローストビーフなどのかたまり肉といった本格的なオーブン料理まで幅広く活躍します。予熱時間が短く、すぐに調理に入れるのも魅力です。
・温度と時間、機能を決めればあとはオーブンにおまかせ。複雑な設定いらずの、誰でも使えるダイヤル式です。
便利な5つの調理機能
・コンベクション(上下ヒーター+ファン)、オーブン(上下ヒーター)、グリル(上ヒーター、220℃)、自然解凍(ファン)、保温など料理の幅・が広がる5つの機能を搭載しています。
・ワイヤーラックは、手前に引き出してもしっかり安定する構造のため、食材の出し入れがしやすく便利です。
・30cmの丸型ピザストーンが付属。食材から出る水分や油分を程よく吸収し、パリッと焼き上げます。

デロンギ EO12562J

パンを焼くオーブンレンジについてのまとめ

  • いかがでしたでしょうか。今まで”チン”する温め機能しか使っていなかった人も オーブンレンジをフル活用してみてください。
  • 調理の楽しさはもちろんの事、毎日の食生活をヘルシーにシフトチェンジが可能です。
  • パンやお菓子を焼くには、250℃以上の高火力のもの、庫内が2段仕様のものがオススメです。
  • 高さのあるパン、ハードパン を焼くなら 容量の大きな製品を選びましょう。
  • 発酵機能の付いたものなら パンのタネから作れて便利です。