この記事では薪ストーブについて解説し、薪ストーブの選び方や特徴のほか、おすすめできる薪ストーブについて解説します。

薪ストーブには様々なタイプが存在し、焼く、煮るなどの調理方法やダッチオーブンの役割もこなせる商品です。

ですが、一般的なストーブとの違いや暖炉との違いはなかなか分かりにくくもあります。

この記事を読むことで、薪ストーブとは一体何なのかを知り、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

薪ストーブと暖炉の違い

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめ薪ストーブ

薪ストーブとは、その名の通り電気や灯油などの燃料は一切使わずに、薪を燃料として暖を取る暖房器具のことです。

輻射(フクシャ)式と対流式という二つの暖房方式があり、現在お店で販売されている商品は輻射式、対流式両方の機能が備わっています。

薪ストーブでよくある疑問は、暖炉となにが違うのかという点です。

薪ストーブと暖炉の違いは大きく分けると3つ違いがあるため、それぞれの特徴を理解して気に入った方を購入するとよいでしょう。

暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか

薪ストーブには扉があり暖炉には扉がない

薪ストーブと暖炉の分かりやすい違いは、薪ストーブには扉があり暖炉には扉がないというところです。

薪ストーブ、暖炉共に薪や木材を燃料にして暖を取る暖房器具ではありますが、ガラス扉の中に薪や木材を入れ、火で燃やして使用するのが薪ストーブです。

一方の暖炉は薪ストーブのようなガラス扉がないため、暖炉内に薪や木材をいれて焚火のように直接火をつけて使用します。

暖炉は室内で焚火のような暖が取れる暖房器具、薪ストーブはガラス扉の内で薪や木材を燃やして暖を取る暖房器具といった違いがあります。

温かさに違いがある

薪ストーブと暖炉は、温かさの質も違ってきます。

焚火のように直接的に火の温かさを感じられる暖炉は確かに温かいですが、暖炉事態には部屋全体を暖めてくれる効果は期待できません。

薪ストーブはガラス扉内を暖めてそこから熱エネルギーを発生させるため、暖炉と比べると遥かに部屋全体の暖房効果が期待できます。(密閉構造から輻射熱や対流熱を発して部屋全体の空間を暖めてくれます)

焚火のように暖炉の近くを直接的な炎の力で暖めてくれるのが暖炉で、一般的なストーブのように薪や木材の力で部屋全体を暖めてくれるのが薪ストーブです。

関連記事
ヒーターのおすすめはなに?一人暮らし・赤ちゃんなどタイプ別のおすすめ
コスパのいい暖房の選び方と暖房比較 それぞれの場面のおすすめの品
タワーファンってなに?概要と冷暖房できるおすすめの紹介
暖房器具のおすすめ ストーブとヒーターの違いとはなにか
寒い部屋への帰宅時に便利!グラファイトヒーターの特徴とおすすめ品
オイルヒーターってなに?オイルヒーターの特徴と選び方 おすすめの品を解説
セラミックファンヒーターの解説とおすすめのご紹介!
石油ファンヒーターってなに?選び方のポイントとおすすめの品を解説
石油ファンヒーターのおすすめとおすすめなメーカーの特徴を解説
遠赤外線ヒーターのおすすめとはメーカーごとの製品解説

臭いや音の感じ方も違う

薪ストーブと暖炉は、臭いや音の感じ方も違ってきます。

暖炉の場合、薪ストーブのようにガラス扉がないため、薪や木材のパチパチと燃える音や香りを直接感じることができます。

薪ストーブはガラス扉を閉じてしまうと、暖炉ほど音や香りを直接感じることはできません。

関連記事
断熱シートの効果 種類ごとの特徴と選び方 おすすめの品9選を解説
トイレの暖房の必要性とおすすめの暖房器具の解説
冬に向けてヒーター選びの仕方と種類とそれぞれの特徴とおすすめ
電気こたつってどんな種類があるの?それぞれの解説とおすすめモデル

薪ストーブと暖房のメリット・デメリット

薪ストーブのメリット・デメリット

薪ストーブは熱効率が良く、部屋全体を暖めてくれる効果が強いです。

しかし、煙が部屋中に充満する心配がない分、薪や木材の力で温まっているという実感は暖炉より感じません。

暖炉のメリット・デメリット

暖炉は直接的に火の温かさを感じられることができ、暖炉付近で火の自然な暖かさを実感できます。

しかし、とても暖かい分、部屋全体を暖める力がなく、煙が外に排出されにくいです。

薪ストーブの選び方

薪ストーブを購入するときは、暖房機能、設置場所、大きさ、デザイン、燃料など色々と気にするところがでてきます。

この項目では薪ストーブの選び方について解説します。

暖房機能で選ぶ

薪ストーブは暖房機能もよく、考えて購入する必要があります。

何坪の部屋で使うかによって、どれくらいの性能が必要かよく理解しておくとよいでしょう。

設置場所と大きさで選ぶ

薪ストーブの設置場所、どれくらいの大きさにするかについても大事なところです。

薪ストーブに限ったことではありませんが、買ってみると思ったよりスペースを取ったりするため、特に大きさは慎重に考えると良いでしょう。

デザインで選ぶ

現代では、薪ストーブのデザインには様々なものが販売されています。

機能性はもちろん大事ですが、見た目で気に入ったものがあればデザイン重視で選ぶのもよいでしょう。

燃料で選ぶ

維持費は薪ストーブを使用するにあたり抑えておきたい大事な部分のため、気になった薪ストーブはどれくらいの燃料が必要なのかについても理解しておく必要があります。

薪、木材、広葉樹のナラやクヌギ、ファイヤースターター(着火剤)などがどれくらい必要かしっかり分かったうえで商品を購入を検討するとよいでしょう。

おすすめ薪ストーブ

ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ

黒の耐熱塗装がかっこいいのが、このホンマ製作所の黒耐熱窓付時計型薪ストーブです。

コストパフォーマンスが非常に高く、暖を取るほかに色々な調理にも対応できる優れものです。

ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ
created by Rinker
ホンマ製作所(Honma-seisakusyo)
¥14,757(2019/11/14 22:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

DOD MS1-612-SLはキャンプに持ってくのにおすすめ

DOD MS1-612-SLは、付属品にキャリーバッグと煙突がついています。

コンパクトサイズで持ち運びやすいハンドルも搭載されているため、キャンプに持ってくのにおすすめの薪ストーブです。

キャプテンスタッグ UG-51は簡単に組立てられる

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) のこちらのストーブは、ネジ不要で脚を広げるだけで簡単組立ができます。

煙突は3段階に高さ調節可能な点も魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ストーブ BBQ KAMADO かまど 煙突 角型ストーブ UG-51
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥16,890(2019/11/14 22:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

遊火人 こばこは煙も少なく良く燃える

遊火人から販売されているテーブル暖炉こばこは、内部の仕切りが生み出すサイクロン燃焼で煙も少なく良く燃えるのが特徴です。

G-Stove Heat Viewはストーブとしても料理用としても優秀

Heat Viewは、ノルウェー発のアウトドアブランド「Gストーブ」の薪ストーブです。

煙突&煙突蓋&スクレーパーは全て本体に収納可能で、ストーブとしても料理で使うにしても高性能な薪ストーブです。

山善 ホンマ製作所 クッキングストーブは初心者におすすめ

ホンマ製作所クッキングストーブは、キャンプでも活躍するクッキングストーブです。

山善(YAMAZEN)の商品は手ごろな値段で気軽に購入できるため、クッキングストーブ初心者はこちらがおすすめです。

家の中を暖めながらピザ、ローストチキン、本格的な蒸し料理などを作るのも面白いでしょう。

ホンマ製作所 クッキングストーブ
created by Rinker
山善(YAMAZEN)
¥10,300(2019/11/14 22:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

薪ストーブについてのまとめ

  • 薪ストーブとはその名の通り電気や灯油などの燃料は一切使わずに、薪を燃料として暖を取る暖房器具のことを言います。
  • 暖炉のメリットは直接的に火の温かさを感じられることができ、薪ストーブのメリットは熱効率が良く、部屋全体を暖めてくれる効果が強いです。
  • 薪ストーブを購入するときは暖房機能、設置場所、大きさ、デザイン、燃料などを意識して購入するとよいでしょう。
  • 薪ストーブは輻射熱や対流熱を発して部屋全体を暖めてくれる他にも、商品によっては薪ストーブで料理を行うことも可能です。