この記事では、オイルヒーターの特徴を解説しながら、おすすめのオイルヒーターを紹介いたします。

オイルヒーターは電気料金が比較的安く、気密性と断熱性の高い家が多いヨーロッパを中心に愛されている暖房器具です。セラミックヒーター、石油ストーブなど暖房器具は多くの種類がありますが、この記事ではオイルヒーターに焦点をあてていきます。

オイルヒーターにはデメリットもありますが、オイルヒーターにしかない利点もたくさんあるのが特徴です。ぜひ、この機会にオイルヒーターの購入を検討してみてください。

そもそもオイルヒーターとはなにか

オイルヒーターは、電気ストーブの一種で、電気エネルギーを熱源としています。フィンという放熱板内に密閉したオイルを放熱させ、部屋全体をむらなく暖めることができる暖房器具です。

灯油を燃料とした暖房器具の石油ストーブや、発熱体にセラミックス(陶磁器、ガラス、などの窯業製品のこと)を用いる、暖房器具のセラミックヒーターとはまた一味違う良さがあります。

オイルヒーターの特徴

オイルヒーターの特徴は、電気のエネルギーを熱源にした暖房器具なため、空気を汚すことなく部屋を暖められることです。空気を汚さないため、頻繁な換気が必要ないのがオイルヒーターの良さと言えるでしょう。

それならば、他の暖房器具は必要ないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、当然オイルヒーターにもデメリットがあります。

オイルヒーターは他の暖房器具よりも温まる速度が遅いのが特徴です。同じ電気を使う暖房器具のハロゲンヒーターやセラミックファンヒーターと比較しても、即時性が期待できません。

その他に、オイルヒーターは扉を開けるときや窓の開閉にも他の暖房器具よりも気遣う必要があります。換気をできるだけ抑え、冷気を侵入させないようにしなくてはなりません。

このように、オイルヒーターには他の暖房器具にはない長所もありますが、気を遣うところも多いため特徴を理解しておきましょう。

オイルヒーターの電気代ってどれぐらいなの?

オイルヒーターは安全性が高く、空気を汚さないのが魅力です。暖房器具を選ぶ上で重要な要素となるのが電気代ですよね。

結論からいうと、オイルヒーターの電気代は他の暖房器具よりも高くなりやすいです。理由として、電力の変換効率が他の暖房器具と比較して悪いため、温まるまでの時間が長くなり、電気代が上がってしまうというわけです。

オイルヒーターの出力は1000W前後が主流で、1時間の連続運転をすると、27円の電気代が掛かる計算となっています。

オイルヒーターの選び方

オイルヒーターを選ぶときは、適用床面積、フィン、機能に注目するといいでしょう。

この項目では適用床面積、フィン、機能について詳しく説明いたします。

適用床面積を考えて選ぶ

オイルヒーターは部屋の広さに対してかなりシビアな暖房器具です。部屋に適したオイルヒーターを使用しないと、部屋自体があまり温まりません。

適用床面積について心配であれば、部屋より広めのオイルヒーターを選びましょう。

フィンの形状や枚数が多いものを選ぶと暖まりやすい

オイルヒーターはフィンの枚数が多いほど加熱スピードが速く、対応畳数も大きくなります。

オイルヒーターに暖まりやすさを求めるならフィンの形状と枚数が多いものを選びましょう。

どんな機能が付いているかを確認して選ぶ

オイルヒーターの機能には24時間電子タイマー(24時間で文字盤が右回りに1周する機能)や、サーモスタット(電源のオンとオフを自動的に繰り返して適正温度を一定に保つ機能)などがあります。

どういった機能がオイルヒーターについているのか確認してから購入しましょう。

おすすめのオイルヒーター

ここからは、おすすめのオイルヒーターを紹介いたします。

アイリスオーヤマ オイルヒーター ホワイト POH-1210KS-W

アイリスオーヤマ オイルヒーター ホワイト POH-1210KS-Wは、輻射熱で部屋全体をやさしく暖めてくれるオイルの補充が必要ないオイルヒーターです。

また、アイリスオーヤマ オイルヒーター ホワイト POH-1210KS-Wは日本のメーカーで安くオイルヒーターを購入したい人におすすめです。店にもよりますが、大体の場合は一万円以内でオイルヒーターを購入できます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥6,980(2019/06/26 22:10:50時点 Amazon調べ-詳細)

山善 オイルヒーター ホワイト DO-TL124(W)

山善 オイルヒーター ホワイト DO-TL124(W)はパワーの3段階の切替(1200/700/500W)や5段階温度調節がついたオイルヒーターです。

チャイルドロック、転倒OFFスイッチなどの機能が完備されており、小さなお子様にも優しい設計のオイルヒーターです。一通り便利な機能を求めている人におすすめの商品となっています。

Hidamari マイコン式 オイルヒーター(リモコン付) レッド OHT-1556RD

Hidamari マイコン式 オイルヒーター(リモコン付) レッド OHT-1556RDはマイコン式の多機能オイルヒーターです。

付属品はリモコンの他、タオルハンガーもついてきますので濡れたタオルを掛けておけば、同時に加湿もできます。また、手軽な値段で音が静かなオイルヒーターを探している方にぴったりの商品です。

デロンギのおすすめオイルヒーター(いくつか紹介)

デロンギというのはイタリアのトレヴィーゾを本拠地とする有名な電気機器製造会社です。

ここからは、そんなデロンギのオイルヒーターをいくつか紹介いたします。

デロンギ オイルヒーター 小型L字型フィン5枚 1~3畳用 ホワイト + ブラック NJ0505E

デロンギ オイルヒーター 小型L字型フィン5枚 1~3畳用 ホワイト + ブラック NJ0505Eは、小型サイズで小さめの個室に最適なオイルヒーターです。

デロンギの安全プラグは特許を取得しており、電源プラグ周辺が異常過熱(約80℃以上)したときには自動で、電源をオフにしてくれるので安心ですね。ECO運転モードやサーモスタット(温度調節機能)の他に、チャイルドロックなどもついているので機能性も抜群です。

小さい個室で使える高性能なオイルヒーターを探している人におすすめですよ。

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル スマート X字型フィン7枚 3~8畳用 QSD0712-MB

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル スマート X字型フィン7枚 3~8畳用 QSD0712-MBは、ECO運転機能を搭載のした高機能モデルのオイルヒーターです。イタリア風のお洒落なデザインが魅力的といえるでしょう。

やや値段は高めですが、機能、デザイン共に満足いくオイルヒーターです。高性能でお洒落なオイルヒーターを探している方におすすめの商品となっています。

デロンギ オイルヒーター(10~13畳)De’Longhi UniCald(ユニカルド) RHJ65L0915

デロンギ オイルヒーター(10~13畳) De’Longhi UniCald(ユニカルド) RHJ65L0915は単純操作で複数の主要設定ができるクリックノブを搭載した、10~13畳対応のオイルヒーターです。

折りたたみ式キャスター付きですので、移動も簡単です。

音も静かで操作も難しくないので、とても使いやすい高性能なオイルヒーターといえるでしょう。10畳以上の部屋で移動が楽なオイルヒーターを探している人におすすめですよ。

まとめ この記事のおさらい

  • オイルヒーターは電気ストーブの一種で、電気エネルギーを熱源とした暖房器具。空気を汚すことなく部屋を暖められるが、ほかの暖房器具よりも温まる速度が遅いという欠点もある。
  • オイルヒーターは安全性が高い分、電気代は他の暖房器具よりも高くなってしまう可能性が高い。
  • 適用床面積は部屋より広めが良く、フィンは暖まりやすさを求めるならフィンの形状と枚数が多いものを選び、機能は24時間電子タイマーや、サーモスタットなどがある。
  • デロンギはイタリアのトレヴィーゾを本拠地とする電気機器製造会社で、特許を取得している安全プラグを搭載した高性能なオイルヒーターを多く販売している。